東北(仙台)で浸透探傷実技試験対策講習

 1月31日~3日、仙台(の近くの多賀城市東北学院大学工学部キャンパス)で、日本非破壊検査協会東北支部が浸透探傷の実技試験対策講習会を開催します。1組1日半の日程で2組行います。私が指導員として指導します。

 資格認証のJIS Z 2305が改訂されて、再認証試験が実技になりました。浸透探傷試験は、フィールドではほとんどが赤色の浸透液を使う通称カラーチェック、溶剤除去性浸透探傷試験速乾式現像法です。蛍光浸透探傷試験は、実際に適用されているのはまれで、私が知っているのは航空機エンジンの製造とメンテナンスの現場ぐらいです。でも実技試験では蛍光浸透探傷試験の技量も課題になっています。

 さらに、きずとして応力腐食割れ(SCC)が入った試験体の後乳化性浸透探傷試験乾式現像法が追加になりました。

Img_0570

 適切な情報を持っているところで講習を受けない限り、合格するのは極めて難しいでしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HONDAが開発した倒れないバイクと自転車の遅乗り競争

 HONDAが倒れないバイクを開発したとのことで、ニュースになっています(ITmediaニュース)。

 『ライダーが走行中にバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保ち、低速走行時や停止時のふらつき、取り回し時の転倒を防ぐ技術。二足歩行型ロボット「ASIMO」などの研究で培ったバランス制御技術を二輪車に応用した。』とのこと。

YOUTUBEで動画が配信になっていました。

 やってくれますね、HONDA。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転倒、後頭部強打

 本日は私のことではなかったのですが、病院へ行ってきました。 

Img_0854

 その駐車場。

Img_0862

 ツンツルテン!!とても危ない状況です。

 待合室にも転倒して腰と頭を打ってMRIを撮っていた患者がいました。このところの寒波で苫小牧の道路事情はひどい状態です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『下町ロケット』のミスキャスト

 昨年の後半は年末ぎりぎりまで文字通り飛び回るがふさわしい忙しさでした。年が明けてからは、本当に久しぶりにのんびりと自宅で過ごしています。

 仕事上のデータ整理や報告書、これまで時間がなくてできなかった探求のまとめや腰を落ち着けないとできない仕事に取り掛かっています。

 お正月、あまり見たいTV番組がありませんでしたが、再放送の『下町ロケット』を見ました。以前にも見ていましたが、やはり面白かったですね。

 技術開発をめぐるドラマで、丁寧な事前取材がうかがわせるシーン設定がいくつもありました。

 私も、研究開発案件に複数の企業でかかわっています。ややドラマチック、というところはあるにせよ、こんなこと「アルアル」という感じがしました。

 このドラマが良いのは、キャスティングです。主役の阿部寛(佃航平役)はともかくとして、帝国重工航空部部長戝前道生役の吉川晃司は渋かったですね。ほかにも銀行から来た経理部長殿村直弘役の立川談春、サヤマ製作所社長椎名直之役の小泉孝太郎、帝国重工主任富山敬治役の新井浩文など、それぞれのそれらしい雰囲気を醸し出しキャラが立っていました。

 対立しすれ違うキャラが上手く生み出せれば、ドラマは自然と生まれ脚本は出来ていく・・・昔読んだ劇作の本の中にあったような気がします。

 そんな『下町ロケット』に、ひとつだけミスキャストがあると私は感じました。

 それは・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『政府、中小企業の航空機参入を支援 非破壊検査技師の育成や試験設備を整備へ』

 タイトルは日刊工業新聞社1月2日付の記事のものです。(電子版はこちら

Ni

 水面下で準備されてきたことがようやくプレスリリースされたということです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEGOとYODAとAlbert Einstein

 10月末から11月初めにかけてシカゴへ出張で行った際、買い物に出かけた先でレゴショップがあったので入ってみました。

Img_0136

 入り口にはLEGOで作った大きなキリン像。大丈夫かい、風で倒れないのかな?

Img_0137

 家族の御土産に、STAR WARSのキャラクターのキーホルダでも買おうとしていた時でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『100年時代の人生戦略』

 年末東京で電車に乗っていたら、こんな広告を見つけました。

Img_0813

 『ライフシフト 100年時代の人生戦略』

 「お金や会社に支配されない」

 これからの時代の人生プラン・ガイド本なのでしょう。こういう本は、昔からありました。私は、推奨される効率の良い「人生プラン」などというものとは無縁に生きて、寄り道ばかりをしてきました。でも・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The Answer is Blowing in the Wind

 同年代の友人からの年賀のあいさつには,「完全リタイヤをしました」というのがそれなりの数ありました。定年延長をしても65歳でおしまいです。そんな歳なんですね。

 私はと言えば、年金だけではとてもじゃありませんが生活ができませんからささやかな個人事業を立ち上げて働き続けています。「もうそろそろ仕事を辞めて趣味に生きなさい」と親切ではあるけれど実情を知らない方からのアドバイスも届きます。

 私の人生、人より10年か20年遅刻気味ですから致し方ありません。「元気で全国を飛び回っています」と返しています。

 「やらなければならないのであれば、そこに楽しみを見つけよう」私が長年続けてきたことを今も継続しています。

 おかげさまで、今のお仕事はどれも楽しいです。良き仲間と巡り合い、困難な課題に挑戦して、ひとつひとつ乗り越えていく・・・・。人間関係のストレスはほぼゼロ。40年以上働き続けてようやくここまで来たという感じです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年 2017 変化の予感

 あけましておめでとうございます。

 還暦・定年を機に年賀状を出す長年の習慣を辞めました。かわりにブログでご挨拶させていただきます。

2017nenga

 写真は、苫小牧市北側に聳える樽前山(標高1022m)の頂上付近にある溶岩ドームです。近くに行くと放射熱を肌で感じることが出来ます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年のかたちのココロ その2 『空飛ぶエンジニアの旅』

 今年も全国各地を飛び回りました。すべて仕事がらみの旅でしたが、隙を見て楽しみました。

 1月には東京スカイツリーに行ってきました。東京の夜景の彼方にシルエットが浮かび上がる富士山、迫力がありました。

 今年は宇都宮での仕事もありました。宇都宮餃子を食べて市街地にある宇都宮城跡を見学。なかなか面白い保存の仕方でした。

 5月には龍ヶ崎へ。水鏡になった水田が美しかった。

 5月には奈良薬師寺を訪問。境内に女学生の美しい歌声が響いていました。平山郁夫の『大唐西域壁画』はその迫力に圧倒されました。

 7月にはゆりかもめに乗って日本未来館へ行き、『9次元から来た男』を見てきました。素粒子物理学の最先端を覗き見してきました。

 8月には京都の南端京田辺市に行き、そのあと大阪へ。今年は大阪での仕事が多かったです。地下鉄の駅にもだいぶ慣れてきました。法善寺界隈に連れて行ってもらい、ホアグラのお寿司を食べました。流石に食道楽、えもいわれぬ美味しさでした。

 10月末から11月にかけて、米国シカゴに出張でした。前回は帰国してからしばらく牛肉が食べられなくなるほどの失敗でしたが、今回はリベンジ、美味しいステーキを堪能しました。

Img_0501

 9月と11月には、東海道品川宿あたりを散策しましたが、まだブログ記事にはしていません。

 11月には東京23区にある唯一の渓谷「等々力渓谷」に行ってきました。都内にこんなところがあるんだというぐらい、山奥感がありました。これもブログ記事にできていません。

 12月には多賀城でお仕事。多賀城跡を見学しました。行ってみてわかる大きさと空気感。大和朝廷に敗れた側(蝦夷)から見た歴史を知りたくなりました。また多賀城には斬新なアイデアの図書館がありました。

 今年の旅では、12月11日と23日の大雪による新千歳空港の機能停止による混乱を書いておくべきでしょうね。その前の12月6日仙台から帰る時も大幅に遅れて、帰宅は深夜へ、駐車場で雪かきをしている時に命の危機をうっすらと感じたのでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年のかたちのココロ その1 『航空機とモグラ』