MRJが米国に向け飛び立つ日 『航空機部品市場新規参入セミナー』参加

 MRJがようやくFAAの『耐空証明』『型式認定』を受けるために米国に向け県営名古屋空港を飛び立ち、国内中継地新千歳空港に向けて飛行しているとき(9月26日午後)、私は札幌の全日空ホテルで『航空機部品市場新規参入セミナー』を受けていました。

Img_9821

 講演者は、三菱航空機(株)前社長の川井昭暢氏と、山形大学准教授の山本匡毅氏でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を見上げて想うこと

 『限りなく透明に近いブルー』・・・1行詩のような題名の小説。ここから微分の定義式を想起するという話を前に書きました。

 芥川賞選考会で、作家江藤淳・柴田錬三郎は「題名が日本語になっていない、限りなく透明に近ければ色など着いていないはず」と反対したとWikiに書かれていますが、これが事実だとしたらこの2人の文豪は、少なくても微分は理解していないと考えられます。

 今朝、当地は「雲一つない」とは言えないものの爽やかな青空が広がっています。

Img_9802

 この空に、数々の失敗や困難を乗り越えて、未来に向けて飛び立つ飛翔体が飛んでくるという情報が入ってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微分の定義と『限りなく透明に近いブルー』

 およそ50年前私は高校生でした。教師がちょっとでも隙を見せると、すかさず授業をさぼり抜け出すことを考えていたろくでもない生徒でした。その私が高校生の時、授業で感動して身につけたたった2つのことが、柔道の受け身と微積分です。

 微分の定義を示す式として高校2年生の時に習うのが,まぁこんな感じですかね。

Differential

 関数F(x)上のある点(x ,F(x))図上の赤点と、xをちょっとだけ増加させた⊿x点(x +⊿x ,F(x+⊿x))図上の緑点を結ぶと、傾きのある直線(図上の青線)が引けます。

 この⊿xをどんどん小さくしていく、どんどん小さくして行ってゼロに近づける・・・。これがlim(⊿x→0)の意味、限りなくゼロに近づけるということです。そうすると、斜めの直線は点(x ,F(x))図上の赤点における接線(赤線)になります。

 元の関数y=F(x)の各点における接線の傾き(増加率)の関数を求めるのが、微分(Differential)。

 ここまではたいていの教科書に書いてあるのですが、「限りなくゼロに近づけるけどゼロにはしない」ここがミソなんだと高校時代の佐藤忠行先生(通称丸忠)は教えてくれました。

 限りなくゼロに近いけれどゼロではない点・・・これは図示することが不可能です。頭の中に論理として想像するしかありません。おもしろいなぁ・・と思いましたね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Honda 新型NSXと曲線の美

 9月21日羽田空港で人だかりができているので近くによってみる(ミーハーです)と、HONDA 新型NSXが展示してありました。 

Img_9795

  価格は2000万円だとか。貧乏人の私にはもちろん手が届かない価格ですが、生産台数が全世界で数百台とかで、たとえ億万長者でも買えないのだそうです。

 すでに中古市場で億を超える価格がついているとか。新車より中古車が高いsign02

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『つまようじブリッジコンテスト』のHome Pageが消える

 Niftyから通知があって、@homepage サービスが終了するそうです。

 『つまようじブリッジコンテスト』のページが9月29日(木)をもって消えてしまうということです。

Toothpick

 デジタルコンテンツが消えてなくなるのはあっという間です。

 つまようじブリッジコンテストは、技能コンテストとして11年間実施しました。学生たちとワイワイやりながら、外部の構造力学の専門家と交流をしながら、テレビ局の方たちも巻き込んで、年に1回の楽しいお祭りでした。

 私がこのイベントで学んだものはとても多かったです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日比谷公園と霞が関

 14日宇都宮からの帰り道、霞が関に行く用件がありました。約束の時間より早めに東京駅に着いたので、時間調整を兼ねて有楽町駅から日比谷公園を抜けて歩いていくことにしました。

Img_9753

 日比谷公園には40年位前に日比谷公会堂へ行ったことがありますが、昼間に公園を散策した記憶がありません。 

Img_9755

 大都会のど真ん中でありながら、静かな佇まいの公園でした。1~2時間程度ならのんびり時間をつぶせそうです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェットエンジンのモデルを作る

 朝日新聞デジタルに、『段ボールで実物大航空機エンジン ミリ単位で中学生作成』という記事が掲載されていました。迫力ありますね。何より女子中学生3名の満面の笑顔、とても良いです。苦労したはずですが、その苦労がこの笑顔につながり、この後の生きる力になるであろうことを確信します。

 このモデルと笑顔を見ていると、航空専門学校時代の学生たちのたくさんの笑顔が脳裏に浮かんできます。

 今から15年前ですかね、『航空技術工学科』という3年制の学科の責任者になった時、担当スタッフと協議して学科の軸を決めました。『ものづくり』『ジェットエンジン』『非破壊検査』という3本の軸です。いろいろ試行錯誤をしました。その一つである卒業制作では、ジェットエンジンのモデルつくりをテーマにする学生が例年出てきて、後輩たちに受け継がれてきました、

 それぞれに苦労をしていたけれど、出来上がった時の自信に満ちた笑顔はみな共通でした。 

Cimg2815

 これはV2500の紙製のモデルです。高圧軸と低圧軸の2つの軸が独立して回ります。回らない静翼との微妙なクリアランス調整に苦労をしていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

衝動買い パソコンなんて筆記用具だけれど・・・

 考え始めたら、内側からの衝動が湧きはじめて買いに走ってしまう、これを衝動買いというならば、一昨日はまさにそれでした。

 仕事上の必要があって、9日に苫小牧市テクノセンターへ行ってX線CTであるデータを採ってきました。そのデータ容量が41GB。

 解析を行おうとすると、パソコンが動かない。倅が「そんな時代物の低スペックパソコンで動かせる代物ではないんでないの」と・・・。試しに倅のパソコンで動かしてみたら、サクサクとまではいかないものの、イライラすることなく動きました。

 よし、なら買うぞsign03

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazonで浸透探傷剤を買う

 浸透探傷剤を手に入れる必要が発生しました。DIY店にはありません。

 航空専門学校の教員時代に探傷剤を購入していた代理店を探しました。苫小牧市内にも営業所がありましたので、調べてみたら既にありません。会社自体が吸収合併されていたようです。

 メーカーの研究者や工場長クラスに知り合いはいますが、少量の探傷剤を購入するのに連絡を取るのは気が引けます。

 そこでAmazonを検索してみたら、ありましたね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風リスク回避と伊豆半島沖からの富士山

 8月22日、台風9号が首都圏を直撃した日、私は東京へ行かねばならない日でした。私が搭乗予定だった14時羽田着の便は早々に欠航になったものの、幸い16時15分新千歳発17時50分羽田着のSkyMark便がとれました。

 それに乗って行きました。搭乗前に「羽田に降りられない場合は中部国際空港に降りることもある」とのアナウンス。まぁ、しょうがないね。新幹線で東京へ行けばいいや。搭乗後「到着予定時刻は離陸後2時間を予定しています」とのアナウンスがありました。普通1時間30分です。風が強いからかなぁ・・・。

 出発が若干遅れたものの順調に離陸しました。 

Img_9588

 厚い雲の上の飛行でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«仙台高専広瀬キャンパス