桃太郎の里から桃で北の砦多賀城へ

 仕事で飛び回っています。そのスケジュールはクライアントの都合のみで決まります。そんな旅にも、たまに企画ツアーのような趣があることがあります。今回の旅は、岡山から始まりました。

 岡山といえば、桃太郎の里。駅前には捕らわれた桃太郎がありました。

Img_0450

 あれ、桃太郎は鬼退治をしたヒーローだろう。捕縛された桃太郎は、鬼ヶ島優位の歴史観?

 ではありませんでしたね。

Img_0453

 夜になるとわかりました。ライトアップの仕掛けでした(笑)。桃太郎は大和朝廷側の朝敵を成敗したヒーロー。桃太郎のモデルとなった「大吉備津彦(おおきびつひこ)命」を祀る吉備津神社には滅ぼされた側の鬼(鉄器を持った一族の長である温羅(うら))をまつる社もあります(こちらの記事)。

 瀬戸内海側には、浦さん浦山さんとか「うら」という名字が多くあります。大和朝廷にくみしない一族の影響の名残だろうと私は想像しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんて美しい虫なのだろう!

 岡山から大阪に来ています。この後仙台に向かいます。まるで旅芸人のような生活です。

 大阪のお宿で、部屋の中に何かの気配がしました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

American Airlines flight 383 タービンディスク破壊の起点は内部介在物

 American Airlines flight 383のエンジン(CF680c2)の高圧タービンディスクが、シカゴオヘア国際空港を離陸滑走中に破壊する事故が起きてから、1か月が経過しました。私がシカゴへ出張へ行く前日のことでした。

 事故から1週間後の11月4日、米国国家運輸安全委員会(NTSB:National Transportation Safety Board)は事故の概要をプレスリリースというかたちで発表しています(こちら)。

 そこには破壊したディスクの破面も公開されていて、金属疲労であり、疲労破壊の起点はボア部内部の介在物であるとされています。

  One of the fractures exhibited features consistent with fatigue cracking initiating at an internal inclusion near the forward side of the hub’s inner bore. 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Dca17fa021photo2s

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴッホとゴーギャンの麦畑スープ

 一昨日京都から大阪の宿に帰る途中、大阪駅の地下道で人が並んでいるレストラン(?)があったのでのぞいてみました。

 『Soup Stock Tokyo MUSEUM』というところで、「ゴッホの麦畑スープ」と「ゴーギャンの麦畑スープ」というネーミングが面白くて、入ってみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LabVIEWのセミナー@京都

 昨日(11月23日)京都で開催された「はじめてのLabVIEW体験セミナー」出席してきました。 

Img_0397

 LabVIEWは計測制御系に強いプログラミングソフトです。必要があってLabVIEWのスキルを身に付けるための勉強を開始することにしました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第29回高専ロボコンとPower of Dreams

 倅が高専ロボコン全国大会にOBとして応援に行ってきました。苫小牧高専が3年連続全国大会出場を果たして、応援団席に入れるお誘いが来たそうです。苫小牧高専は残念ながら一回戦で敗退したものの、特別賞(田中貴金属提供)を受賞したとのことです。 

Img_0382

 私への御土産がこれ。ROBOKONファイルケースと、唯一の特別協賛企業であるHONDAが会場で配った大きな布バッグです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

American Airlines flight 383 ディスクの破面

 今年10月28日シカゴオヘア国際空港で起きたジェットエンジン(CF6-80C2)タービンディスク破壊事故では、11月4日の時点でNTSB(National Transportation Safety Board)から破壊した高圧タービンディスクの破面が公開されています。 

American_airlines_flight_383

 こちらで公開されている写真に注釈を入れてみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CF6-80c2 ジェットエンジンの非破壊検査

 2016年10月28日にシカゴオヘア国際空港で起きたアメリカン航空383便の事故は、航空機エンジンの歴史的事故になるだろうと先日の記事で書きました。

 高圧タービン第2段ディスクが破壊したエンジンはGE社製のCF6-80c2 でした。

 このエンジンについては、航空専門学校の教員時代に教材として取り上げました。

Modulardesign

 断面CGを作りました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶ非破壊検査エンジニア

 14日22時近くに自宅に戻りました。家人と若干話をして、着替えたらドット疲れが押し寄せてきて、そのままベットにバタン。気が付いたら朝の6時でした。

 朝風呂と朝食をいただいて、留守中に届いていた郵便物を確認して、必要なメールをして、blog記事を1本書いて、あわただしく空港に向かいました。

Img_0335

 雨の新千歳空港を飛び立って、雲の上。

Img_0337

 飛行中、昨日記事にしたAmerican Airlines flight 383の事故のことが気になり、航空機エンジンの事故関係の資料を見ていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シカゴオヘア空港で重大事故(American Airlines flight 383)

 私がシカゴに出張しシカゴオヘア国際空港に到着したのが10月30日でした。その2日前の10月28日に、オヘア国際空港で重大事故が起きていたことを、帰国後知りました。11月4日付でNTSB(National Transportation Safety Board)のプレスリリースがありました。

 10月28日に、アメリカン航空383便( Boeing 767-300)がオヘア空港を離陸しようとしたときに、右エンジン(GE CF6-80c2 )高圧タービン第2段ディスクが破壊して空港内に飛び散るという事故でした。

Dca17fa021airportoverview

 (写真はNTSBのHPより)

Dca17fa021photo1s

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«トランプゲームと52ドル、そして亀戸餃子