教え子との再会とBoeing747のエンジン

 昨日(8月15日)、24年前に18歳だった航空専門学校の教え子たちがお盆帰省組も含めて集まるので、来てほしいとのお誘いを受けて、千歳にある全日空ホテルで昼食をとりました。どの料理もおいしかったのと話に花が咲いて、料理の写真を撮り忘れてしまいました(笑)。

 皆42歳になったのだけれど、つい最近結婚した新婚のW君は仲睦じく奥さん連れ、I君はすでに高校三年の息子がいて進路について悩んでいたりと、人生それぞれです。

 私の24年前といえば、41歳で航空専門学校に転職をして4年目、超音波探傷教育の導入を企ててようやく教育が始まったころです。最もエネルギッシュな頃かな?私の目にはアラフォーのおっさんたちの顔が、20歳前後の少年のころにオーバーラップしてきます。

 食事を終えて、学校へ行ってみるかということになりました。私も定年退職をして7年になりますから、「どちら様でしょうか?」といわれる可能性も大です。向陽寮の寮監室へ行ってみたら幸いよく知っているH先生が当番でした。お願いして格納庫をあけてもらいました。 

Img_6151

当時800mあった滑走路は売却されて、今は太陽光パネルや別の会社の建物が建っています。

Img_6152

格納庫の中には、セスナ172を中心にして小型機が所狭しと格納されているのは当時と変わりありません。やはり当時はなかったものに目が行きます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

週刊日本刀の迷走と刃文をめぐるネット上の議論

 猛暑の中の東京大阪への出張から7日(水)に帰ってきました。そのダメージからなかなか抜け出せないでいましたが、どうやら良いようです。やはり歳のせいですか、回復が遅くなっています。

 この間に出ていた週刊日本刀の9号と10号を購入していました。

Img_6150

 100号まで刊行されるそうですが、この10号までの迷走は目を覆うばかりです。創刊号が発売されるときにプロモーションビデオまで作って宣伝されていた『化粧研ぎによって隠されていた刃文をはっきりと浮かび上がらせる』とされた『特殊撮影』は4号で終わってしまいました。4号までの撮影をした池田長正氏は「もうやらない」といっています。公益財団法人 日本刀文化振興協会の特別研究員という肩書の女性が説明するプロモーションビデオは、私の目から見てもでたらめでした。徳川美術館所蔵の村正の刃文を「化粧研ぎのイメージ」と紹介し、特殊撮影によるハイコントラストの刃文像を「作られた当時の」「本来の刃文」と紹介し「これを見るとタイムスリップできる」とまで言っていました。プロモーションビデオはすでに削除されています。

Nihontou_20190813155501

 出版社の側からの説明は、10号までの時点で全くありません。これで定期購読を勧誘していたわけですから、説明責任はあるでしょう。不誠実です。他の記事もどこまで責任もって書いているのか疑わしいです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

A Doctor's Sword この日本刀はぜひとも日本に里帰りさせたい

1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分、アメリカ軍が長崎市対して原子爆弾を投下しました。8月6日の広島に続く2発目でした。

1024pxnagasakibomb

 非戦闘員の無差別大量殺人であり、これを戦争犯罪といわないのなら何を言うんだというぐらいのものでしょう。

 今日の記事は、長崎の原爆に被爆した一人のアイルランドの軍医に贈られた一振りの日本刀(軍刀)の話です。

Np-docsw

 この原爆で被爆したのは日本人だけではなく外国人もいたことは常識的に想像できるとして、その中には連合国側の捕虜もいたようです。その捕虜の一人に、英国空軍の軍医であったDr.Aidan MacCarthyという人がいました。彼は連合国軍指令ダグラス・マッカーサーに名前が似ているということから、捕虜として収容中に日本側の看守から虐待を受けたようです。日本や日本人に恨みを持っていてもおかしくありません。長崎に原爆が落とされたのち、医者として日本人も含めて分け隔てなく懸命の手当てに当たったということです。8月15日の終戦後、捕虜が解放されたとき、捕虜が集団で日本人看守を襲うという事件が起きたときには、知恵を働かせて看守たちを助けたとの話もあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

日本刀の研ぎの過程で硝酸を使うことは公然の秘密として広く行われている

 お笑いの専門集団である吉本興業に、世間常識では考えられないような慣習がまかり通ってきたことが最近明らかになってきています。

 刀剣界の専門集団である日刀保や刀文協にも何それといった慣習がまかり通っているようです。刀の研ぎの過程で硝酸を使ってエッチングをするということが広く行われているようです。しかしそのことは公然の秘密として外部には言わない。それが当然であるという空気があるようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

Disneyの『アラジン』をみてきました

 北海道にも夏がやってきました。気温も湿度の高く、やってられません。年に10日前後ある真夏日のためにクーラーを設置している家は少ないはずです。

 今日は午前中は月に一度の病院へ行って、午後はイオンへ避暑に出かけました。そのまま昼食をとってあとは映画鑑賞。Disneyの実写版『アラジン』を観てきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

プログラマーとしてのお仕事

 少し自宅でのまとまった時間が取れたので、ライフワークとなった超音波探傷に関するソフトウエア作りの仕事に取り組みました。20数年前航空専門学校の教員時代に作った『超音波探傷入門』と題したシミュレーションソフトウエアの改定作業です。超音波探傷を身につける過程では、理論を理解する必要はもちろんありますが、実際に装置を使って探傷してみながら体験で身につけることも大切です。しかし超音波探傷の装置や探触子・試験体などをそろえると最低でも200~300万円程度かかります。そこでパソコンの中でバーチャルに体験できるソフトウエアを作ったのです。このソフトウエアは、2000年に日本非破壊検査協会(JSNDI)から、発売されました

Ut1

 このソフトウエアつくりは、苦労もしましたが、プログラミングの楽しさも知りました。そして見知らぬ人に使ってもらえるクオリティーに仕上げる過程で、私のプログラミングスキルを向上させてもくれました。2013年に超音波探傷器にデジタル化に合わせて、ソフトウエアの改定をしました

Gtype3

そして今回2回目の改定作業に入っています。

 このソフトウエアに愛着も出てきて、自分が生涯に作り上げた作品のひとつとして胸を張っても良いだろうという気になってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

アニメ映画『天気の子』を観てきました

 昨日つれあい殿とアニメ映画『天気の子』を観てきました。

Img_6125

新海誠監督の最新アニメ映画です。新海作品は『君の名は』を以前に観ています。それから『秒速5センチメートル』のDVDを購入しました。ともかく光と風景の描写がすごいとしか言いようがありません。今回も堪能させてもらいました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

週刊日本刀 刃文の特殊撮影は4号で打ち切り⁉

 定期購読を申し込まなくてよかったのかな?大々的に宣伝していた刃文の特殊撮影は、どうやら4号で打ち切りのようです。

Tokusyusatuei

 こちらのFace Bookで撮影者自らが表明しています。

Ikeda3

 あの『特殊撮影』は池田氏の特許とのことですから、ここまで書いている以上再登場は無いのでしょう。同じFaseBookのコメント欄に池田氏と同じ公益財団法人日本刀文化振興協会役員であり友人という泉 公士朗氏が 池田氏の言として「4号まででやめる」を紹介しています。

Izumi

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

週刊日本刀 7号友成も化粧研ぎなのに特殊撮影無!

 週刊日本刀第7号を購入してきました。等身大の刀身写真は友成です。

Tomonari_

ただこの写真、「刃文もはっきりと浮かび上がらせる!」をうたいにした『特殊撮影』ではありません。特殊撮影は創刊号から4号までで、5~7号までは普通の写真です。4号で打ち切りですか?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

週刊日本刀第1号の村正は化粧研ぎではなかった

 週刊日本刀の最大のウリである刃文の『特殊撮影』について疑問点をいくつかの記事にしてきました。そのひとつがほぼ解決しました。それは週刊日本刀創刊号に掲載された徳川美術館所蔵の村正の研ぎは化粧研ぎではないだろうという疑問です。

 私と一緒に共同研究している欧州在住の日本刀研究者の方がFace Bookに以下の書き込みをしました。

 「この週間日本刀の目玉は『特殊撮影された五つ折の原寸大刀身画像』ですが、初回の村正を『化粧研ぎ』とし、研ぎによって見え難かった刃文を特殊撮影で捉えた画期的な画像、と紹介されている事に大きな違和感を感じます。この村正は徳川博物館の所蔵品ということですが、この博物館は、所蔵刀の新規研魔はしない方針で、江戸時代の名人によって研がれた名刀が数多く現存する事でも有名です。この村正も古い時代に研がれた差込み研ぎではないでしょうか?」

 これに対して、週刊日本刀で『特殊撮影』を担当している池田長正氏が書き込みをしました。池田氏は、著名な研ぎ師であり、公益財団法人日本刀文化振興協会評議員でありNHK文化センター講師でもある方とのことです。この方のコメントです。

Ikeda

 同じFace Bookの別なコーナーにはこんな書き込みをしています。

Ikeda2

 ええっ!ほんとですかという感じです。私は心配になりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

» 続きを読む

| | コメント (0)

«超音波探傷の試験片を作る昭和製作所と透明なSTB A1