« NHKで | トップページ | アンモナイトをCGで »

「水は答えを知っている」科学?神秘?

わが居住地域も、昨晩今年初めての積雪になりました。やっと冬将軍の到来です。11月に入っても生ぬるい日が続いて、正直気色が悪かったのです。(先週の科学の祭典は好天でよかったのですが・・・)

もう少し寒くなると、風のない夜にしんしんと雪が降り積もるときがあります。夜遅く帰宅すると、我が家の小さな庭が家からもれ出るわずかな光に反射する雪の結晶で、きらきらと輝いているときがあります。おもわず30分近く見とれることがあります。積もってすぐにかたちを崩し始める儚さとその美しさに、その場をはなれ難い気持ちになるのです。私は、雪の結晶のファンです。

江本勝氏の「水からの伝言」が、ニセ科学ひとつの代表例としていくつかのサイトで取り上げられています。

Mizu 私は、江本氏の著作「水は答えを知っている」を持っています。本屋で手に取ったときに綺麗な結晶の写真が豊富に掲載されていましたので、迷わず購入しました。家に帰って読んでみると、これはトンデモ本だと分かりました。

「ありがとう」とかの言葉では美しい結晶になり「ばかややろう」とかの汚い言葉では醜い結晶になる、という主張が多くの写真と対にされて延々と繰り返されています。

少しでも実験をしたことのある人ならすぐに気がつくことですが、いっぺんにこれほどの成功事例あるはずがないということです。これを事実というのならば、事例とともに再現性についての記述があるべきです。仮説どうりになるときの条件と、仮説どうりにならない場合の条件が示されなければなりません。江本さんの本では、それなしに、「世界が注目・・・」と「××博士」が登場してきます。これは、根拠のないことを信じさせるときの常套手段。私は、例証と「外国でも・・・」と「権威ある博士によると・・」の組み合わせが出てくると、いったんその主張は私の頭の中の「インチキ」フォルダーに格納することにしています。

江本さんの説には、色々な反論がありますが、私は小田隆さんのこの反論が核心をついていると思います。

「美しい音楽を聞かせると、美しい結晶ができるという主張もあるようですが、日常的に極めて汚い言葉を使っていたモーツアルトの音楽での効果は、いかほどのものなのでしょうか」

シェークスピアの戯曲の上に載せると、どんな結晶ができるのかも知りたいところです。

「水からの伝言」に対する科学者としての反論としては、田崎さんという方のこちらのページが正当なものだと思います。

ただ私は、世の中で科学的事実が認識過程を捨象して、体系として結論だけが教えられていることにも科学者は眼を向けてほしいと思います。極端になると例示だけで説明を済ませていることもあるでしょう。

例えば水の電気分解。「マイナス側にたまった気体に火をつけると“ポッ”という音がする。水素であることが分かりました」という説明に、「どうして“ポッ”という音がすると水素だといえるのですか」という疑問に教師は答えてくれない。場合によっては、授業妨害者として排除されるのです。本当に水の電気分解ができるのかと自分でやってみると、できない。調べてみると学校でやった実験は、水酸化ナトリウム水溶液の電気分解であったことを知り、やる気をなくす少年もいるのです(誰のことでしょう?)。「水は電気分解される」という科学的事実を、しかしあの程度の実験で信じた人には、江本さんの「実験」も説得力を持つだろうと私は考えますが、いかがでしょう。

人はどこかで「神秘」を信じたい。そこに「美」と絡めて「科学」の装いをして色々なものが登場しています。「自然の中の黄金比=神秘」説もそのひとつでしょう。

科学的な装いを凝らした神秘を語らなければならないような「数学」も「道徳」も「美術」も、もうそれ自身が腐っていると私は思います。

にほんブログ村 科学ブログへ ←1日1回のクリックで応援していただけると嬉しいです。2位を維持しています。

|

« NHKで | トップページ | アンモナイトをCGで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。とんでも科学、とんでも本の話題はいろいろとよく聞きます。中でも水関係は以外とネタがあるようですね。

そちら積雪ですか。東京もここ数日で冷え込んできて、昨日はじめて教室に暖房を少しだけ入れました。

だいぶ前に北海道大学へ行ったときに、せっかくなので北海道らしい本を買おうと思い、生協で「氷の科学」という本を見つけました。そして、氷の科学的な性質の奥の深さに感心しました。

会報は週明けに手配しますので、しばらくお待ちください。

投稿: KADOTA | 2006年11月25日 (土) 19時49分

私ももう7年前になりますが、北大低温科学研究所の本堂教授の講演を聴き、氷点下40度の世界を体験させてもらいました。
水という最も身近な液体が、数々の不思議な性質を持ちまだ分からないことがたくさんあることを知り、面白かったですね。

「氷の科学」以外では、やはり北大図書刊行会が出している「雪の結晶―冬のエフェメラル 」がお勧めです。

投稿: SUBAL | 2006年11月25日 (土) 20時44分

>江本さんの本では、それなしに、「世界が注目・・・」と「××博士」が登場してきます。これは、根拠のないことを信じさせるときの常套手段。

鋭い指摘です。逆の事例ですが、かつてヒロポン(覚せい剤)の大衆膾炙事例を調べた資料として、薬のレセプトに「本薬は本邦長井博士の発明にして・・・・陸海軍御用立」というのがあっておどろきました。長井氏は世界で始めて喘息薬を人工生成した、日本薬学の祖といわれる人でしたが、この問題は見出していたゆえに、薬事申請をしなかったと見受けられます。
ご参考:http://dehabo1000.cocolog-nifty.com/holder/2006/07/post_bdab.html

投稿: デハボ1000 | 2006年11月25日 (土) 21時34分

「世界が・・・」と「××博士」というものを持ち出すのは、実はニセモノだけではないのです。きちんとした科学的な根拠があるものでも「効率よく多くの人に分からせる」ために良く使われる手法でしょう。怪しいTVショッピングだけではなく、昨今のTVの「教養的ワイドショー」なんてもうこの手法のオンパレードです。
ニセ科学が付け込むスキがそこにあると思っています。
一般人である私たちが「ニセ」と「本物」を見分けるのは本当には難しいことでしょう。

だから税金で研究生活をしている人が「黄金比=神秘説」を平気で唱えているのには、オイオイといわざるを得ないのです。私には、トイレ掃除を職業とする人が仕事中にトイレを汚して出てくるように思えます。

投稿: SUBAL | 2006年11月25日 (土) 22時20分

こんばんは。拙blogにコメントありがとうございます。

>科学的な装いを凝らした神秘を語らなければならないような「数学」も「道徳」も「美術」も、もうそれ自身が腐っていると私は思います。

これはその通りだと思います。科学者からの反論は多くなされていて、納得のいくものが多いです。しかし、表現者からは反論は愚か、このトンデモを補強するような、または支持するようなコメントが多く見受けられます。
僕自身は、非常にまずいことだと思います。
これからは科学の側面からだけではなく、表現の側面からも、反論していかなくてはと思っています。

投稿: corvo | 2006年11月26日 (日) 01時28分

corvo さん こんばんは
時々ブログにお邪魔をしています。

江本さんの本は、200万円近くする怪しげな健康器具風の「波動測定器」なるものの販売と直結したものだったのですね。なかなか手の込んだ「うまい」商売をしていますね。道徳の先生もこのあたりまで調べて判断してほしいものです。

>しかし、表現者からは反論は愚か、このトンデモを補強するような、または支持するようなコメントが多く見受けられます。

>これからは科学の側面からだけではなく、表現の側面からも、反論していかなくてはと思っています。

ぜひに。科学の側からの反論よりは難しいと思いますが、私も勉強をさせていただきます。

中学等の授業で、黄金比に関するトンデモ説がこれも科学的な装いを凝らして流布されています。こちらは、直接的に美術に関係することですので、表現者の側から反論していただければと思います。

投稿: SUBAL | 2006年11月26日 (日) 03時02分

「水からの伝言」というのは読んでいませんが、要するに「言霊」が実生活に影響すると言いたいのでは? 真実は判らないと言うのが本当の態度でしょうね。
 私たちは多神教、神道に囲まれて生活し、政教分離したのも明治になってから。数学も難しい問題が解けると絵馬にして神社へ奉納したとか。偽科学を信じてしまう人が居てもしかたないでしょう。
 八木・宇田アンテナの発明も、科学と神秘の区別が付かない受け手が居たので、日本での普及が遅れたと思います。
 私たちはまだ、科学的考え方の訓練と態度が足りないのでしょう。

投稿: クマ | 2006年11月30日 (木) 12時42分

>私たちはまだ、科学的考え方の訓練と態度が足りないのでしょう。

ここは同感です。

>真実は判らないと言うのが本当の態度でしょうね。

「水伝」に関しては、朝青龍と私が本気で相撲を取ったらどちらが勝つかで、私が勝つという確率より小さい確率で「ほんと」でしょうね。

投稿: SUBAL | 2006年11月30日 (木) 18時17分

うまとかいうバカがニセ科学批判論者を陰で卑劣に批判しています

http://ameblo.jp/shitsugen-dainagon/entry-10022159947.html#cbox

投稿: 通報 | 2007年1月20日 (土) 22時37分

簡単なまとめを(老婆心ながら)書いておきます。私の主旨は
 
例えば、具体的には 
 
オノ・ヨーコからのクリスマス・メッセージ
http://www.dreampower-jp.com/peace/xmas_messege.html
 
については「科学にはなりようもないものを科学として紹介している」という点では明らかに批判されて然るべきでしょう。
しかし、必ずしも『考えることを放棄するように勧めている』と読める文章でなく、そのような批判は当たらないと私は強く思います。ですから、そこまで踏み込んで批判しているかのような印象を与える書き方は避けた方がいい、という主旨です。
 
つまり、『水伝について肯定的に書いていれば(…略…)である』と断定的に主張したり、考えたりすべきではないのではなかろうか、と私は思う訳です。豊富なご経験に基づいて「水伝について肯定的に書いていれば、(…略…)である場合が多い」という確率的な推察を否定するのものではありませんが…。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1171275645#CID1172140829

投稿: こぴこぴ | 2007年2月23日 (金) 14時57分

こぴこぴ さん
コメントはありがたいのですが、このエントリーのどこにコメントしているかがわかりません。「まとめ」って何をまとめているのでしょう。次回からは、会話として成り立つようにお願いします。
オノ・ヨーコさんのメッセージには、特に言うこともないでしょう。科学者でもないのだし、彼女自身ジョンレノンの細君という以外に何らかの表現者なのでしょうか。普通のおばさんがだまされているということでしょう。科学的な根拠はありませんよ。怪しい機械を売る「水商売」だということをお気づきですか、といってあげればそれですむことではありませんか?

投稿: SUBAL | 2007年2月23日 (金) 22時23分

SUBALさん、こんばんは。
「通報」「こぴこぴ」はともに「うま」氏ですね。
同様のコメントを、いろいろなところに貼付けています。僕のblogでも書きましたが、対話と議論は不可能だと思います。

投稿: corvo | 2007年2月25日 (日) 20時43分

corvo さん
情報ありがとうございます。「通報」「こぴこぴ」さんは、人を混乱させたりすることを楽しみにしているのでしょう。寂しい人ですね。まぁ、同じようなことを繰り返せば、出入り禁止にするしかありません。考え直して、まともな会話を楽しめるようになることを期待します。
私のところでは、記事やコメントに関係のない書き込みやTBは公開せずに削除します。最近多いですね。そのために、コメントもTBもすぐには公開しない設定にしています。公開するかしないかの判断は、私がします。迷いながらでしたが、だんだんわかってきました。

投稿: SUBAL | 2007年2月25日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16452647

この記事へのトラックバック一覧です: 「水は答えを知っている」科学?神秘?:

» 「水からの伝言」まとめ [鴉工房]
前回の『「水からの伝言」って何だ』には、たくさんのコメントをいただきありがとうご... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 13時09分

» 「水からの伝言」って何だ [鴉工房]
先日、小説家川端裕人さんのblogで「トンデモ科学ネタ、ふたつ」というエントリー... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 00時41分

» 「水からの伝言」まとめ2 [鴉工房]
前回、『「水からの伝言」まとめ』としたのだけど、まだ消化不良の部分もあり、まとめ... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 00時42分

« NHKで | トップページ | アンモナイトをCGで »