« Wiiリモコン3D加速度の換算 | トップページ | ジェットエンジン 機能美 »

コインの旅路

昨日夜遅く東京に入りました。羽田でモノレールに乗るために、券売機にコインを入れていたところ、最後の10円玉が何回もはじかれました。どうしたのだろうと、コインを手にとって見ると昭和27年の10円玉でした。

Coin 別の10円玉を入れて券を買い、モノレールに乗り込んでから改めて見ました。ふちにぎざぎざがありますねぇ。他の10円玉を取り出してみるとすべてぎざぎざがありません。昭和46年の100円玉にはぎざぎざの痕跡が残っていました。

フーッと一息つきながら、この10円玉がたどった55年の歳月・流転の旅に思いをはせていたら、浜松町に着きました。

にほんブログ村 科学ブログへ ポチッと応援よろしく。

今日は亀有のNDI教育センターで、超音波探傷の講義でした。先ほど担当箇所を無事終えました。

Edcent 朝エレベーターでは卒業生に声をかけられました。T科第1期生U君でした。講義が終わったらお世話になっている航空会社の方が受講生の中にいて、ご挨拶と名刺交換をしました。受講生の中から、「超音波探傷入門のプログラムを作ったかたですよね」という声をかけていただいたり、普段の仕事とは離れて、気持ちをリフレッシュさせてくれます。

かのコイン君もまだ旅を続けるのだろうから、私もがんばろうっと。

|

« Wiiリモコン3D加速度の換算 | トップページ | ジェットエンジン 機能美 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

10円玉のぎざぎざはいつまであったのでしょう。手持ちの10円玉では昭和46年はぎざぎざは無く滑らかです。

投稿: SUBAL | 2007年1月21日 (日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16452694

この記事へのトラックバック一覧です: コインの旅路:

« Wiiリモコン3D加速度の換算 | トップページ | ジェットエンジン 機能美 »