« 「超音波診断法事始」(その2) | トップページ | 飛行機ファン必携のアイテム? »

コンピュータが思いがけず描く絵

超音波ビームがわかるソフト「Ultrasonic Beam」の改定を行っています。

Ub その過程で、プログラムに書き込む式を書き間違って実行したときにできた絵です。なんだか面白かったので定数の値を少し変えてもうひとつ絵を作りました。

時々こんなことがあるのですが、たいていはコードを書き換えて消えてしまいます。

山並みのようにも見えますし、染めた反物を川に流しているようにも見えます。

Ti2 この絵は、小学生の娘がコンピュータで遊んでいて見つけた方法ではいたもの。どのようにして描くかは、続きで・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ 1日1回のクリックで応援よろしく。

Windowsに標準でついてくるペイントを使います。

Ti3 右クリックと左クリックで裏表の2色を選択します。

次にツールボックスの多角選択(左一番上の星型)を選択します。

マウスのボタンを押しながら、画面上をぐりぐりドラッグをします。

いったんマウスのボタンを上げて、もう一度ボタンを押して、画面の外にマウスポインタを動かします。

すると、皮がむけるように面白い絵が出てきます。

|

« 「超音波診断法事始」(その2) | トップページ | 飛行機ファン必携のアイテム? »

プログラミング」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
超音波を浴びせることで物体は破壊できるのか?
と思い、「超音波」で検索してここに辿り着きました。
「超音波で物体を破壊する」――世のアニメ・マンガ・特撮モノに多く存在する現象であり、その原理は「物質の固有振動数と同じ周波数の超音波を浴びせることにより対象を破壊する」と説明されます。
が、そんなことは可能なのでしょうか?
そんなことが起こるなら、現実世界でも既に(兵器として)実用化されていそうなものです…。
ド素人の私の手には負えなくなってきたので詳しい方のご意見を頂きたいと思い、書き込みました。SUBALさんはどう思われますか?

投稿: 彪霧 | 2007年3月30日 (金) 14時05分

彪霧さん ようこそ
ちょっと面白い話なので、独立した記事として明日書かせていただきます。楽しみにしていてください。

投稿: SUBAL | 2007年3月30日 (金) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16452749

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータが思いがけず描く絵:

« 「超音波診断法事始」(その2) | トップページ | 飛行機ファン必携のアイテム? »