« 書籍が市場から消えていくとき | トップページ | 50年の歴史に幕 IHI田無工場 »

計算尺(Slide rule)

このブログによくコメントを寄せてくれる271828さんのブログで、教師用の計算尺の話題が取り上げられていました。

私が現場に出始めたころは、電卓が普及し始めて、計算尺を持っている人もいましたが、どんどん少なくなっていました。胸か腕のポケットに計算尺をさしているのがなんともかっこ良くて、持ちたいと思いながら、当時極貧でもてませんでした。

Slide_rule_1 ヘンミでももう特殊用途のものしか作っておらず、一般エンジニア向けは手に入らないようです。でも円形の計算尺なら売っていることを教えてもらいました。

早速購入しました。これ面白い。でも、使い方を勉強をして、手と頭をなじませる必要がありそうです。中学か高校でちょっと習ったきりです。

以前にバーチャルノギスを作ったときに、バーチャル計算尺を作ってみようと、試みたことがありますが、現物が無くてあきらめました。

Slide_rule2 今回探してみたら、フリーソフトですごいのがありました。解説も丁寧です。これで遊んでみようと思います。

                                         

にほんブログ村 科学ブログへ ありがとうございます。おかげさまで投票数が伸び2位を猛追しました。が、1歩及ばず3位のままです。引き続き、1日1回のクリックで応援よろしく。

|

« 書籍が市場から消えていくとき | トップページ | 50年の歴史に幕 IHI田無工場 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

えー、丸いのは東急ハンズでとりよせてもらうように頼みました(横浜)が、正式にどうなるか返事待ち・・・

使い慣れてると結構手になじむものですよね。(と小学生時代を思い出すのです)

投稿: デハボ1000 | 2007年4月 9日 (月) 23時58分

SUBALさん デハボ1000さん おはよう

> 使い慣れてると結構手になじむものですよね。(と小学生時代を思い出すのです)

えーっ!デハボ1000さんは小学生から計算尺を使っていたのですか?団塊世代の普通人は中学で使い方を習い、数Ⅰで対数を習うも受験後忘却。PCが普及してからは数値計算はエクセルに頼りきりのはずです。

投稿: 271828 | 2007年4月10日 (火) 08時17分

>デハボ1000さんは小学生から計算尺を使っていたのですか?

毎夜、親が自宅で図面の計算していたという「仕事人間」でしたから、見よう見まねで乗算・割り算だけはやってました。当時検定試験というのも有りましたし。
ところで、最近はエクセルばっかしなのはご同類なのですが、彼らの専門家の中には数値の見方を有効数字概念無しで使う人が居て、意味もなく収束判定幅が細かいとかいうのがいますね。計算尺の有効性は、この意味でも指導にいいと思います。
ちなみに、東急ハンズには丸い計算尺の在庫がありました。

投稿: デハボ1000 | 2007年4月10日 (火) 15時14分

(PS)そのかわり、算盤はまったくダメです。

投稿: デハボ1000 | 2007年4月10日 (火) 15時15分

デハボ1000さん 271828さん こんばんは
コンサイスさん、円形の計算尺についてこの1週間で少なくとも3式の売り上げがあったようです。

運針式の時計が復活してきているように、エクセルや電卓と共存するかたちで、計算尺の復活が望まれます。
有効数字の件だけでも復活の意義があるような気がします。

投稿: SUBAL | 2007年4月11日 (水) 00時42分

計算尺GETだぜ。なんですが、実は横浜東急ハンズには10個ぐらいストックが店頭に並んでいます。おまけにその横にT定規が並んでたりいて・・・

ああたのしい(変かなあ)

投稿: デハボ1000 | 2007年4月12日 (木) 20時14分

技術屋さんってこういうグッズが好きですよね。

投稿: niwatadumi | 2007年4月12日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16452758

この記事へのトラックバック一覧です: 計算尺(Slide rule):

« 書籍が市場から消えていくとき | トップページ | 50年の歴史に幕 IHI田無工場 »