« 廊下の隅で | トップページ | VAIOご臨終 »

検査資格証明証の偽造

非破壊検査技術者が足りないようです。

日本非破壊検査協会のホームページに、非破壊検査技術者資格証明証の偽造についての注意が掲載されていました。協会関係者によりますと、複数件あるようです。

Ndi2たいていは検査報告書の最後に資格証明証のコピーを添付するのが慣わしですが、今のパソコンの画像処理技術を持ってすれば朝飯前です。

J IS Z 2305の資格証明証はパウチです。簡単ないたずらをしてみました。(丁寧にやれば見分けが付かないようにすることも出来ます。まして白黒のコピーならパソコンを使わなくても糊とはさみで出来てしまいます。)

日本非破壊検査協会が発行しているライセンス数(JIS Z 2305 及び移行前のNDIS 0601を含む。注:現在はJIS Z 2305に移行する過渡期間にある)は、6部門×3レベルすべてあわせて、総数で64720(2005年12月30日現在:日本非破壊検査協会「非破壊検査」Vol.55による)。そのうち試験検査方法を検討して決めることの出来るレベル3は、6部門すべて合計して6171。6万といっても、複数のライセンスを保持している人も多いですから、資格者数としては3万人程度です。ちなみに私は、全6部門のレベル3と総合管理技術者を持っています。かつては、保険として全6部門のレベル2も保持していたことがありますから、日本の非破壊検査資格だけで13資格のホルダーでした。さすがに維持費が馬鹿にならないので下位資格は流しました。

景気が少し良くなってくると、こうした悪さをする人が出てきます。発注者側も「検査報告書だけ出してくれ」などと言うことを公然と言うやからも出てきます。

私のところにも非破壊検査技術者が逼迫しているという電話が、このところかかってきます。当面足りないということだけでなく、4~5年先を見越して足りないという話です。新卒だけでなく、中途採用をしたいという話です。航空関係も鉄も山ほど仕事を抱えているそうです。

そうなってくると、検査技術者を冷遇していたところ(検査の重要性を意識していないところ)からは人は逃げていきます。そういうところの管理者は、次に何を考えるでしょう。ミートホープの田中社長バリの「知恵」を働かせる、となるのは容易に想像できます。

日本非破壊検査協会では、資格者情報の問い合わせには応じているようですから、不審に思われる方はぜひ確認をしてください。(TEL 03-5821-5101)

米国(The American Society for Nondestructive Testing (ASNT))では・・・・、

にほんブログ村 科学ブログへ←1日1回クリックしていただけると応援1票になります。

Ndi_1 ASNTの資格証はクレジットカードのようなプラスチック製で偽造しにくいものになっています。

有資格者の氏名・保持している資格の種類・登録番号・有効期限などがインターネットのホームページで検索できるように公開されています。私の本名を知っている人は、こちらのページで検索してみてください。

もちろん悪いことをしようとする輩はどんなことをしてもやってきますが、ハードルを高くしておいて素人が簡単に偽造できないようにすることも大切だと思います。

いずれ詳しく公表されていくことになるでしょうが、遊園地の検査なども絡んでいるのかなぁ?

ミートホープ事件が1週間全国トップニュースになるのだったら、非破壊検査資格証の偽造事件も一回ぐらい全国ニュースになってもおかしくないと思うのですが・・・。

|

« 廊下の隅で | トップページ | VAIOご臨終 »

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
非破壊検査工事を請けた側のモラルは当然のことながら,発注する側の意識変革も必要ですよね。
非破壊検査がいつまでも製品の裏方でなく,もっとメジャーにならないといけません。たとえばJISマークみたいにNDIマーク(&適用した試験方法など)を入れたら面白そうじゃありませんか?。

投稿: niwatadumi | 2007年7月 8日 (日) 21時34分

niwatadumi さん こんばんは
発注側にはもっと勉強をしてもらいたいと思うことがしばしばでした。重要さがわからない人にモラルもなにもないだろう、といいたくなる実情もありました。
NDIマークというのはひとつの有効なアイデアだと思いますよ。それがなければ安心できない、といった社会的な雰囲気が醸成されていかないといけませんし、それに見合うように非破壊検査技術者の質も向上していく必要があるでしょう。
どちらが先ということではなく、地道に努力していきたいです。

投稿: SUBAL | 2007年7月 8日 (日) 22時48分

ご無沙汰しています。
机上の空論といえばそれまでですし、反って問題が起きるかもしれませんが、免許保持者特有のNo入りポンチで現物に刻印を付けるというのはいかがでしょう。(高圧容器の認定方法ににてますが)

投稿: デハボ1000 | 2007年7月 9日 (月) 01時31分

デハボ1000 さん おはようございます。
お加減いかがですか?
ジェットエンジンの部品には、不滅スタンプが押してあって誰が最終検査をしたのかが、部品レベルでわかるようになっています。検査員にプライドと責任を持たせるシステムと同時に、検査員そのものを大切にすることが必要だと思います。

投稿: SUBAL | 2007年7月 9日 (月) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16452844

この記事へのトラックバック一覧です: 検査資格証明証の偽造:

« 廊下の隅で | トップページ | VAIOご臨終 »