« ブリッジコンテスト報道とミネアポリス橋崩落 | トップページ | 水晶振動子の超音波探触子 »

高専見学会

地元の高専で開かれた見学会に行ってきました。

自分のところでやった直後でしたので、裏側の様子もなんとなく見えて面白かったです。学生さんたちがそれぞれの部署で説明してくれたのが良かったですね。

Kousen 模型のブリッジがありました。どこかで見たような形。有限要素法で計算をして、ひずみゲージで変形量を計測し、荷重をかけて壊すのだそうです。「この条件ではこの3つほとんど合わないでしょう」という突っ込みは自粛(笑い)。合わないところからが本当の勉強だと思いますから・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ←1日1回クリックで応援1票になります。

Kousen2 こちらはロボット。人間の腕の動きを解析して、制御を研究しているとのことです。なるほど、ロボットの研究はいろいろなところで行われているのですね。

「Wiiリモコンにジャイロセンサーが搭載されて赤外線で通信している」という説明に、息子は後で「あれはないよね。加速度センサー搭載でBlue tooth による無線通信だよね。赤外線は位置と傾きを知るために受信しているだけ。」と・・・。

まぁ、そうなんだけれどね。余計な知識を与えるのはいいのか悪いのか。でも、息子にはもうすぐ届くはずの、この本を1冊プレゼントするつもりです。懲りない親父かもしれません。

どのような進路を選択するのかは知りませんが、若いとき少々難しくとも骨のあるものにチャレンジする経験は貴重だと思っていますから。

絵とき「ロボット工学」基礎のきそ (Mechatronics Series) Book 絵とき「ロボット工学」基礎のきそ (Mechatronics Series)

著者:門田 和雄
販売元:日刊工業新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ブリッジコンテスト報道とミネアポリス橋崩落 | トップページ | 水晶振動子の超音波探触子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SUBALさん おはよう

私も長男がお世話になっている長岡技科大のオープンキャンパスに行きました。まず長男が所属している流体工学研究室で流れの可視化を見て、有機材料のゴムの研究を見学しました。

投稿: 271828 | 2007年8月 5日 (日) 05時16分

こんにちは。いろいろな学校を訪問するのはおもしろいですよね。工場見学と同じで、よいところだけでなく、裏側をのぞき見るのがまたおもしろいです。ところで、ロボット本のご紹介ありがとうございます。やはりねじ本の方が売れ行きの立ち上がりがよいので、ロボットの本を読む人は、まだ現場のレベルでは少ないのだと思います。まずは、ロボット工学を志す学生をターゲットにできればと考えています。

久しぶりに科学ブログで4位まで上がりました。今晩から技術教育研究会の準備で泊まり込みなので、あまり記事がかけないと思うので、せっかく上がったのに急降下するとは思いますが。今年は会計係等を任されているので、いろいろ大変です。

投稿: KADOTA | 2007年8月 5日 (日) 08時36分

271828 さん
こういう見学は、楽しいですね。自分の専門に近いところでは、どうしてもアラが見えていかんのですが、たとえば電子の流れで風速計のような羽根がクルクル回る実験は(市販品の実験器具のようですが)なるほどと面白かったです。
時間切れで環境都市工学科(旧土木科)を見れなかったのが残念でした。

投稿: SUBAL | 2007年8月 5日 (日) 11時16分

KADOTA さん 研究会ご苦労様です。
あれからもう1年が経つのですね。
>よいところだけでなく、裏側をのぞき見るのがまたおもしろいです。
ここに書くのは自粛していますが、いろいろと面白かったですよ。国立高専で、見学者に冷えたジュースが振舞われたのには、へーと思いました。私学では当たり前ですけどね。
ただ「ものつくり」が後景に追いやられて、国立大学への進学の近道が強調されていたのは、巷の評判ではありますが、自分たちの存在意味にまでしているんだ、とこれも少々驚きでした。
I氏から「激励」のメールが届きまして、私も「馬力を入れて頑張ります」と返事をしたところです。本当に馬力を入れなければ・・・。
niftyさん、ココログの管理プログラムのバージョンアップをしたらしいけれど、どうやらバグがあるらしく、KADOTA さんのコメントがあったというメールが未だに届いていません。システム管理は大変なのかな?

投稿: SUBAL | 2007年8月 5日 (日) 19時42分

さすが、先生の息子さんですね!
ジャイロセンサーも最近ではMEMSのおかげで小型化されて組み込みやすくなってきました。
ですが、やはり加速度はジャイロスコープじゃなくて加速度計で検出すべきですね。
高専生、もう一歩でしたね。

私もブログで下手なことをかけないですね……。

投稿: たけひろ | 2007年8月 5日 (日) 20時20分

たけひろ くん
まぁ、ジャイロは高専ではなく航専の得意分野というところですね。
PS3のコントローラーにジャイロが搭載されているという話もあるのだけれど、確かめていません。
高専の学生くん、Wiiリモコンについて詳細を知らないのは良いのだけれど、中学生や市民相手だからといって、確かめもしない情報を思いつきで断定調で言っているという点が、安易というか技術屋として「いまいち」だと思ったわけです。
自分にも絶対にないかといわれると怪しくなりますから、自戒をこめてということで・・・。

投稿: SUBAL | 2007年8月 5日 (日) 21時10分

PS3ではジャイロを搭載するのが妥当でしょう。
おそらく振動式のジャイロかと思われますが。

確かに「いまいち」ですね。
わからないことはわからなくてもいいですから「知ったかぶり」はまずいのでは…と思います。

と、いうことで、気をつけるようにします。

投稿: たけひろ | 2007年8月 6日 (月) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16452860

この記事へのトラックバック一覧です: 高専見学会:

« ブリッジコンテスト報道とミネアポリス橋崩落 | トップページ | 水晶振動子の超音波探触子 »