« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

山は秋色

ついこのあいだまでの暑さがうそのよう。朝晩は冷え込みます。今朝は6℃。我が家ではストーブに火が入りました。

Cimg1974 今日も出勤でした。帰りの山道で、木の葉が色づいているのを見つけて写真を撮ってきました。

Cimg1972 まだ残っている緑とのコントラストが良いですね。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "山は秋色"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクリルを使ったモード変換

アクリルを使って標準試験片STB-A1の透明モデルを昨日紹介しました。

Cimg1945 その数年後、そのときのアクリルの残りを使って、左のようなものを作った学生がいます。

現在某所で、自律飛行をする無人ヘリコプターの開発を行っているM君です。

さて、これは何でしょう。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "アクリルを使ったモード変換"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透明な標準試験片

超音波探傷に使う標準試験片にSTB-A1というのがあります。装置の較正、探触子の入射点や屈折角の測定に使います。基準となるもので、探傷技術者にとっては、いわば武士の刀とでも言うべきものです。

超音波は聞こえませんし、もちろん見えません。五感では確認できないものを使って見えないきずを見つけるわけです。これを勉強したり教えたりしていると、試験片や素材の鋼が透明で中が見えたらなぁ、などという妄想は何度も浮かびました。(鋼が透明で中が見えたら、超音波探傷も放射線透過試験も必要なくなる訳で、そのそも自己矛盾ですが・・・)見えないものをみえるようにするのは「可視化」技術でしょうが、そこまでの話ではありません。 そんなことを、学生と雑談していると、透明なSTB-A1を作ってみましょう、などという変わり者の学生がたまに現れます。

Stba1もう8~9年前に卒業したK君(現在K重工航空宇宙に勤務)が作った、アクリル製の「STB-A1」です。後方にあるのが本物のSTB-A1です。

R100(左側 半径100mmの1/4円)の部分などは、ケガキ線の外側にドリル穴を開けて後はペーパーで手仕上げです。

出来上がって、正直その精度仕上げの綺麗さに驚きました。

Stb_a1_s こちらは、私が作った「超音波探傷入門」ソフトウエアの中で、STB-A1を透明化した画面です。

単位や試験とは関係のないところで、ほとんど何の役にも立たないだろうやり取りを若者としながら笑いあえる・・・教員という職業の特権だと思っています。

ところで、STB-A1を実際に製作しているのは、

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "透明な標準試験片"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

パルス波と周波数帯域

「超音波」に関する本を執筆中です。その本の中で書いていることを補足するために、いくつかのパソコンで動作する小さなソフトウエアを作っています。こちらもそのひとつ。

最新作を、公開します。改良点や問題点を指摘していただけるとありがたいのです。もっとも、プログラミングの能力は素人のお遊びの域を出ませんので、私の能力の範囲でお願いします。えっ?能力がわからん?ま、お手柔らかにというところで・・・。

Pulsewave 「短いパルス波は広帯域になる」ということをイメージとして理解するためのソフトウエアです。

フーリエ級数展開とかFFTに入る前に、まずは波の合成というところで「広帯域」と「狭帯域」を、帯の広さ狭さのイメージで考えようということです。

周波数成分のそれぞれの振幅を変えて、合成波の様子を見るだけでも、結構楽しいと思うのですが。ちょっとマニアックかな?

「水晶振動子で短いパルスを得ようとすると、相対感度が極端に落ちて使い物にならないから、狭帯域で使うことになり帯域幅の狭い同調増幅器でよかったのです。しかし遠距離分解能は犠牲にならざるを得ません」なんて表現が、本を読みながら(早くも宣伝を入れています 笑い)このソフトで遊んでもらえると、違和感なく頭に入ってくるという仕掛けです。

ソフトのダウンロードは続きで・・・その前に

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "パルス波と周波数帯域"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

業界トップ企業に入れる専門学校

トヨタ、三菱重工業、JTB、帝国ホテル……に就職できる専門学校のことだそうです。月刊プレジデントの特集「得をする学歴、ムダな学歴」の中の記事です。

本文は読んでいませんのではっきりはしませんが、多分私のところの記事ではないでしょう。そこで、ちょいと悪乗りで、私が担当している学科の就職状況について・・・。

航空機・ジェットエンジン等のメーカー系の会社への就職を目指している1学年1クラスのこじんまりとした学科です。今年の3年生は28名、進学希望の1名をのぞいて27名の就職は、7月初旬にすべて決まりました。

三菱重工業(株)名古屋航空宇宙システム製作所  5名
三菱重工業(株)名古屋誘導推進システム製作所  5名
三菱重工業(株)高砂製作所              1名
(株)IHI航空宇宙事業本部                5名
石川島ジェットサービス(株)               1名
川崎重工業(株)航空宇宙カンパニー                 1名
川崎重工業(株)明石工場                                 1名
川重冷熱工業(株)                                         1名
日本タービンテクノロジー(株)                          3名
ヤマハ発動機(株)                   1名
多治見無線(株)                     1名
ニッテツ北海道制御システム(株)           1名
日鋼検査サービス(株)                 1名

三菱重工の合格者のうち3名は技術職です。

(株)IHIは石川島播磨重工が7月に社名変更した新社名です。

こういうデータを出すと、決まって・・・・

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "業界トップ企業に入れる専門学校"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビタミンB群と目薬

昼間は、期末テストの採点、夜は執筆です。

締め切りが迫っています。余裕綽々で書き上げるつもりだったのですがね。この夏の暑さにやられた・・・ということにしましょう。編集者の方から、問い合わせのメールが入りました。ごめんなさい、こちらから連絡すべきところでしたが・・・。

Cimg1916 ブログなんて書いている場合じゃぁありません。もう、ドーピングに頼っています(笑い)。なぜか、ビタミンB群を補給すると、活力が出てくるのですね。皮膚に出ていたいくつかの不快な兆候も消えるし、「チョコラBB」箱で買ってきています。

引越しして、更新が開いているからかな、ブログランキング急降下です。自分のポイント+1という日が続いています。更新もしていないのにありがとうございます。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ネ-20 のCG

日本初のジェットエンジン「ネ-20」のCGです。

201d3p 以前に作ったものをアレンジしたものです。CGはShade6を使っています。CGの技量としては初心者の域を出ませんが、作っていると楽しいですね。

お絵かきと、モデルエンジンつくりを同時にやっている気分です。

以前のブログでもジェットエンジンのカテゴリーは訪問者が多かったですから、こちらでも時々書いてゆこうと思います。

  

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

超音波によるキャビテーション・エロージョン

流体にかかわる機械類を扱っていると、その損傷の中にエロージョンというのが出てきます。浸食ですね。

エロージョンを起こす原因にもいくつかありますが、キャビテーションもそのひとつです。キャビテーションは液体の中で減圧下で発生します。

強力な超音波を液体中に伝搬させるとキャビテーションがおきます。超音波洗浄に使われる原理です。

Ultrasonic_cavitation_2超音波洗浄機に、アルミホイルを入れてみました。

Ultrasonic_cavitation2_2  数分後、表面が粗れてきたところから穴が開いてきています。

10分後には・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "超音波によるキャビテーション・エロージョン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お引越し

ココログ・フリーの「かたちのココロ」から、引越ししました。

最初わけわからずココログフリーにしましたが、nifty会員なら無料でこちらに来れるのですね。

というわけで、よろしく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

IHIジェットエンジン講座

明日(正確には今日ですが)、「IHIジェットエンジン講座」を開きます。

今年で5回目です。今回は、(株)IHI(今年7月に石川島播磨重工業から社名変更)航空宇宙事業本部から品質保証部のN部長を招いて講義を行っていただきます。

ジェットエンジンにかかわる事故事例とヒューマンファクターについて、具体的な事例を通して考えていく、という内容になるようです。学生に対して行われますが、もちろん私も勉強させてもらいます。

昨日最終の打ち合わせを行いましたが、とても気さくな方で、こちらの意図要望を汲み取っていただいて、とても興味深い資料になっていました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "IHIジェットエンジン講座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル最中

群馬県で遊具メーカーを経営しているブログ仲間の271828さんから、私のハンドルネームにちなんで「スバル最中」送っていただきました。いやいや、ほんとうにいつもありがとうございます。

Subal スバルの富士重工の近くで営業をしているお菓子屋さんのようです。以前、石川島播磨重工(社名変更で現在はIHI)の航空宇宙事業本部田無工場の正門前にあった生協には、「IHIせんべい」を売っていました。お土産にいただいたこともあります。三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所の売店にも、ありましたね。

JAL饅頭も全日空せんべいも聞いたことがありませんが、Air Doにはオリジナルブランドの「オニオンスープ」があります。トヨタ自動車には「トヨタ団子」のようなものはあるのでしょうか。

Cimg1873 このお菓子には、「スバルの歩み」というタイトルのリーフレットが入っています。私はスバルの車を所有したことはありませんが、「スバル360」なぞは懐かしいですね。

このリーフレットは、保存ものです。

ところで私のハンドルネーム「SUBAL]の由来は、

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "スバル最中"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワッシャーが無いと抜けるボルト???

中華航空機の炎上事故は、トンデモ事故の様相を呈しています。

NHKのニュースでは、ボーイング737の1998年以降に製造された機体では、スラットアームのボルトのサイズが変更されて、ワッシャーが無いとボルトが抜け落ちる構造になっていたというのです。

NHKのニュースのレベルは低くなっていますから、報道ミスかもしれないという疑いの目は必要でしょうが、驚きです。

ヒューマンエラーとかフェイルセーフとかが語られていましたが、それ以前でしょう。この報道が本当だとすると、「トンデモ設計」じゃぁありませんかね。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »