« コロージョン | トップページ | つまようじブリッジ ファイナル スタート »

てっ平のカツ (その2)

久しぶりに家族で「てっ平」に行ってカツを食べてきました。以前にも書きましたが、ここのカツは天下一品。四半世紀前の開店当時の味がまったく落ちていないのがうれしいですね。もしかしたら、当時より美味しくなっているのかもしれません。

Cimg1992 実は、いつだったか忘れましたが、娘が「お父さんが本書き終わったら『てっ平』に行こう」と言い出しました。カツを食べに行く時間と金がないわけではありませんが、娘の私に対する応援の気持ちかな、と受け取っていました。

そうなのです、「超音波」の本、書き上げました。まだ厳密には最終章の図にキャプションをつけなければならないとか、ちょっとした作業は残っていますが、とりあえず最終章に句読点を打ちました。「あとがき」も残っていますが、数日置いてから書かせてもらいます。

待ち時間に原稿をチェックしようと持っていっていましたので、ごめんなさい軽く記念撮影を・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

娘は、美味しそうにいつものおそらく2倍のペースで食べていました。いつのころからでしょう、自分の子供に限らず、若い人が元気よく美味しそうに食事をしている姿を見ているだけで幸せな気分になります。

食事中に店主の藤倉さんが出てこられて「お久しぶりです・・」と。奥さんとは毎回あっていましたが、旦那はいつも調理場です。やんちゃ坊主顔が抜けない元気そうな顔。食事中だったので写真を撮るのを忘れていました。

苦しかった時代に受けた人情と親切と、そして「カツの味」は忘れられません。

|

« コロージョン | トップページ | つまようじブリッジ ファイナル スタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

コメント

SUBALさん こんばんは

執筆の完了おめでとうございます。ことのほか美味しかったでしょうね。

投稿: 271828 | 2007年10月14日 (日) 21時55分

ありがとうございます。間違いなく美味しかったのですがね、疲れているのでしょうか全部は食べられませんでした。すかさずつれあい殿は、お持ち帰りパックを頼んで詰めていました。息子は明日は朝からてっ平のカツだと喜んで、自分のところに来ることを勝手に決めていました。

投稿: SUBAL | 2007年10月14日 (日) 22時12分

校了,おめでとうございます。お疲れ様でした。
出版が楽しみです。

投稿: niwatadumi | 2007年10月15日 (月) 22時57分

niwatadumi さん
ありがとうございます。まだ作業は続くのですが、ま、一区切りというところです。マラソンを完走できた、というところでしょうか。

投稿: SUBAL | 2007年10月16日 (火) 03時26分

執筆終了お疲れさまです。
私も出版された際には、本を手にすることを楽しみにしています。
・・・・
それと、次回はその写真と同じものを
私も味わえることを楽しみにします。
豪快に食べる姿はいくらでも披露できますし~
食べ物の記憶は忘れにくいですので(笑)

投稿: murakami | 2007年10月16日 (火) 12時38分

murakami さん こんばんは

大阪の講習会いかがでしたか?

本のほうですが、Phased Arrayのところでmurakami さんの写真を入れようかと大分迷ったのですが、話の脈絡の都合上別の写真にしました。N君のほうです。ごめんなさい。

こんどこっちに来たときは「てっ平」にいきましょう。食べっぷりを拝見しましょう(笑い)

投稿: SUBAL | 2007年10月16日 (火) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16760460

この記事へのトラックバック一覧です: てっ平のカツ (その2):

« コロージョン | トップページ | つまようじブリッジ ファイナル スタート »