« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

フライト実習(2)

昨日に続いて、学生提供によるフライト実習の写真から。

P1000644_2 内浦湾です。遠くに見えるのは駒ヶ岳でしょう。

P1000634 こちらは羊蹄山。

P1000639 手前が昭和新山で、奥が有珠山です。有珠山の噴火のときは、白老滑空場がヘリコプタの前線基地として活用されました。

P1000625 滑空場管制塔から無線交信をするS君。

   

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フライト実習

私の勤務先での授業にフライト実習があります。

P1000654 白老町にある滑空場から、モーターグライダーで飛び上がります。学生からフライト実習のときの写真を提供してもらいましたので、紹介します。右は、多分虎杖浜、登別方向から白老に向けた海岸だと思います。

P1000649 室蘭の白鳥大橋です。

P1000651 反転して、新日鉄のヤードでしょう。

P1000637 来年サミットが開かれる洞爺湖です。天気が良いと良い眺めになります。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "フライト実習"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌工業高校が参戦

11月2日に開催される第11回つまようじブリッジコンテスト(最終回)に、札幌工業高校の生徒さん4名の参戦が決まりました。

これまでとは違って、会場に来て競技に参加します。実際に自分たちで作品に載荷します。これまでは、遠方ということでやむを得なかったところもあるのですが、これが本当の参加だと思います。

高校生に負けるわけにはいかないと、日本航空専門学校航空技術工学科の学生たちも、ブリッジ製作に励んでいます。もうそろそろ中盤から終盤というところでしょうか。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "札幌工業高校が参戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波本 ネット予約開始

ネットで検索をしていたら、アララ妙なものが引っかかってくるぞ、とのぞいてみたら、超音波本のネット予約のページでした。

トーハンが管理するサイトでした。こちら。どのような基準で順番が付いているのかは知りませんが、2番目ですね。

7&Yの予約ページにも掲載されていました。こちらは、医学・薬学・看護のジャンルですね。その分野も書いていますが・・・ね・・・。

本のタイトルは「絵とき 「超音波技術」 基礎のきそ」

本の内容として

「超音波技術の基礎と応用について、図表や写真を豊富に使いやさしく解説する。超音波の利用面の紹介に重きが置かれている他の初学者向け書籍と異なり、超音波の本質や基礎が理解できる内容が特色。」

と紹介されています。多分出版社がつけたコメントでしょう。ちょっと面映い。でも書き始めるときから、超音波利用技術の羅列的紹介にだけはしない、と考えてきました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "超音波本 ネット予約開始"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鮮やかな秋

通勤途上の山は、日一日と秋色を深めています。

Cimg2015例年ですと11月3~4日に少し積もるぐらいの雪が降り、そのときの雪の重さで木々はほとんどの葉を落とします。来るべき冬、厳しい寒さに備えます。

Cimg2017 執筆のほうは、初校が終わり、引用図表の承諾もすべてクリヤーになりました。もう一度著者校正があるようですが、こんどは初校のような作業量はないと思います。

この土日は、少しのんびり体を休めることが出来そうです。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "鮮やかな秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーチのオブジェ

17日水曜日、札幌駅北口で撮影しました。

Cimg1994無 機質なパイプを使ったオブジェです。アーチでおまけにトラスで組んであります。もうこれは写真を撮るしかありません。

でも、なんとなくカテナリーではなく単純な円弧のように見えます。この時点ですでにずぶぬれ、落ち着いて確認をする余裕はありませんでした。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "アーチのオブジェ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超音波」本 初校

この休みこそ、少しのんびり出来るかなと思っていましたら、編集者の方から第1章~第4章まで144ページ分の初校が宅配便で届いていました。月曜日には発送してほしいとのことです。

日本非破壊検査協会のテキストを執筆したときは、原稿を送ってから数ヵ月後に校正稿が届いて、数週間後に編集委員会の会議。つぎに見るのは1ヵ月後・・・というペースでした。

Cimg2013協会ののんびりもペースが合わないけれど、今回のは、またすごいペースですね。

しかも作業は、単純な誤字脱字のチェックだけではありません。図表のレイアウトから、策引用の用語チェック、さらに章ページ扉に掲載する概要原稿、ページレイアウト上空きが出てしまうところへの、豆知識もしくはイラスト案の作成等々。結構な作業量です。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "「超音波」本 初校"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麻婆豆腐で元気回復

18日19日に札幌で開かれた日本非破壊検査協会の秋季講演大会(@札幌)に参加していきました。実行委員の一人として第一会場(超音波のセッション)の係りでした。

Cimg1993 写真は札幌駅前。この間疲れが蓄積していたので、札幌に泊まることにしました。17日の夜に札幌入り、昼間はあちこちに車で動き回る仕事、最後は頭はガンガン痛むし、目はかすむし、末期的症状でした。気合で仕事はしてきましたが・・・。

ダメ押し的に、札幌駅からホテルまで歩いている途中に雨に降られてずぶぬれ、寒気で震えも来ていました。これでは風邪をぶり返してしまうなぁ・・・まずいなぁ・・・。

外へ食事に行く元気がなかったので、ホテルの内部ですますことにしました。中華料理屋の前に季節限定の美味しそうなメニューがあったので入りました。そうしたら、それはランチメニューだと。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "麻婆豆腐で元気回復"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

つまようじブリッジ ファイナル スタート

つまようじブリッジコンテストは、今年で最終回となります。

今日、授業で「つまようじブリッジの到達点と現在」についてやってきました。昨年までの破壊時のビデオを見ながら、今何がホットなのか、ということです。断面2次モーメント・座屈・端末条件・製作精度・品質管理・トレードオフというあたりです。3時間中最後の1時間は検討の時間にしましたが、わいわいがやがややっていました。

製作は、来週からです。限られた材料、制限された重量、短い製作日数の中でいかに丈夫なものを作るか、その勝負になります。

つまようじブリッジファイナルの競技会は、11月2日(金)@日本航空専門学校体育館です。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てっ平のカツ (その2)

久しぶりに家族で「てっ平」に行ってカツを食べてきました。以前にも書きましたが、ここのカツは天下一品。四半世紀前の開店当時の味がまったく落ちていないのがうれしいですね。もしかしたら、当時より美味しくなっているのかもしれません。

Cimg1992 実は、いつだったか忘れましたが、娘が「お父さんが本書き終わったら『てっ平』に行こう」と言い出しました。カツを食べに行く時間と金がないわけではありませんが、娘の私に対する応援の気持ちかな、と受け取っていました。

そうなのです、「超音波」の本、書き上げました。まだ厳密には最終章の図にキャプションをつけなければならないとか、ちょっとした作業は残っていますが、とりあえず最終章に句読点を打ちました。「あとがき」も残っていますが、数日置いてから書かせてもらいます。

待ち時間に原稿をチェックしようと持っていっていましたので、ごめんなさい軽く記念撮影を・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "てっ平のカツ (その2)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コロージョン

配管内側のコロージョンです。

Erocor 外観は何の異変もなくても、内側はぼろぼろになっていることがあるのです。美浜原子力発電所の事故が記憶に新しいところです。

こういうものの検査は超音波が得意とするところです。肉厚測定といいます。板の厚さのことを肉厚というのです。だから、「減肉を測定する超音波肉厚測定器」ということになります。別に牛肉の厚さを測るわけでも、ダイエットのための器具でもありません。

最初に現場で聞いたときは違和感がありましたけれど、慣れてしまうと普通に言葉になって出てきます。こんな言い方を、一般向けの書き物に注釈抜きで書くわけにはいきません。大丈夫かなぁ、わたしの「ことば」

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "コロージョン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

医療用超音波 Bモードの仕組み

現在執筆中の「超音波」本(日刊工業新聞社刊「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」)のために、いくつかのソフトウエアを作っています。

Brightness_mode 医療用の超音波検査診断装置では、超音波の振幅と距離を表す一次情報であるAモード(Ampiltude Mode)から輝度変換を行ってBモード(Brightness Mode)表示を行うのが通常です。

その仕組みを動きを見ながら理解するソフトウエアです。

このURLでフリーソフトとして公開します。ソフトのダウンロードは続きで・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "医療用超音波 Bモードの仕組み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分子構造のCG

執筆最後の追い込みにかかっています。マラソンで言うと38km付近でしょうか。

今度の執筆では、いくつかのミニソフトウエアを作っています。そして、Shadeを使ってCGを作って挿絵にしています。

Sio4 今日は水晶の分子構造を構成するSiO4の四面体をCGにしてみました。こういうのも面白いです。Shadeでレンダリングをしたときには色が付いているのですが、あえてモノトーンにしてみました。

今までばらばらにやってきたことが、執筆の中に生きてきていて、トータルとしてうまくいっているかはまだわかりませんが、ここ12年間ぐらいのまとめにはなっているかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「超音波」本 出版決定

「超音波」に関する本を執筆していることは、何度か書きました。実は原稿の締め切りが9月の末でした。まだ書き上げていません。

編集者の方にはお詫びを入れて、図表の整理できたところから順次送っていました。原稿が全部出来上がってから、最終的な審査があって出版の可否を決めるのだろうと思っていました。

本日編集者の方と話をしたところによると、もうすでに本にするための作業に入っているそうです。本屋の店頭に並ぶ日も決まっているとのこと。えーっ!本当ですか?

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "「超音波」本 出版決定"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聖路加国際病院

今朝(正確には昨日の朝)学生の具合が悪くなり、救急車を呼びました。搬送先は聖路加国際病院。

肺気胸ということで、肺から空気が漏れ出しているとのこと・・・。レントゲン写真を見ましたが、2箇所空気のたまりが見えました。心臓を圧迫している状態だという説明でした。

当の本人痛みを訴えて青い顔をしながら、処置室で何とか当日の航空工場検査員国家試験受験をしたいと医師に訴えていたようです。1年に1度しかない、1年棒に振ることになる・・・・と。

何を無茶なこと言ってんだ、命あってのものだねだろう、と思いましたが、医者は何とかしよう、ということでした。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "聖路加国際病院"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

国家試験受験

毎年恒例、航空工場検査員国家試験受験引率で上京しています。

東京タワーの足元にいます。

ホテルをM重工航空宇宙に勤めているY君が尋ねてくれました。先ほどまで話をしていました。

M重工名古屋のさまざまな部署の品証部には、私のところの卒業生がたくさん配属されていて、ひとつの流れができているそうです。うれしいですね。地味な仕事だし、一般的に脚光を浴びる部署でもありませんがね。若者が、自らの仕事として選んでいるのです。

Y君も、仕事も大変そうだけれど、自腹を切って受験に来ています。カプセルホテルに泊まっているそうです。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "国家試験受験"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »