« 聖路加国際病院 | トップページ | 分子構造のCG »

「超音波」本 出版決定

「超音波」に関する本を執筆していることは、何度か書きました。実は原稿の締め切りが9月の末でした。まだ書き上げていません。

編集者の方にはお詫びを入れて、図表の整理できたところから順次送っていました。原稿が全部出来上がってから、最終的な審査があって出版の可否を決めるのだろうと思っていました。

本日編集者の方と話をしたところによると、もうすでに本にするための作業に入っているそうです。本屋の店頭に並ぶ日も決まっているとのこと。えーっ!本当ですか?

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

11月28日だそうです。こちらのシリーズのひとつになります。緊張しますね。

このシリーズには、このブログにコメントを寄せてくれるKADOTAさんの著書が3冊あります。

絵とき機械要素基礎のきそ

絵とき「ねじ」基礎のきそ

絵とき「ロボット工学」基礎のきそ

編集者の方によると、どれも売れ行きは順調だそうです。「基礎のきそ」自体が、人気のあるシリーズなのだそうです。

この執筆の機会を作ってくれたのが、実はKADOTAさんです。KADOTAさんとは、インターネットがなければ知り合っていませんでした。TVでは、ネットで知り合って殺人をしたとか、ネットの暗黒面をクローズアップしていますが、ネット自体がどうこうよりも、人と人との出会いは色々、ということだと思います。

えっ?こんなこと書いていないで、早く仕上げろって、はいそうですね。

3日間の出張で、体は疲れていますが、目はパソコンから離れていたので回復しました。3連休になりますから、頑張ります。

|

« 聖路加国際病院 | トップページ | 分子構造のCG »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

コメント

執筆作業、お疲れ様です!
私も本をかけるくらいの技術と知識がみにつけられたらなぁ…と思います。

遅いコメント、申し訳ございません!
発売、楽しみにしております

投稿: たけひろ | 2007年10月 6日 (土) 14時40分

たけひろくん こんばんは

独学で勉強しているときには、「これを人に教えられるぐらいのレベルになりたい」・・・教えるようになってからは、「広く世間に通用するものでありたい」と思ってやってきました。だから、いつか本を出したいとは思っていました。
自分の軸足をしっかり持つことと、少なくとも自分が専門とするところでは、たとえ効率が悪くても適当にごまかさない、ということが肝心かなと思います。
私の場合は、応援してくれたりアドバイスをしてくれる人がいてラッキーでした。
君なら出来ると思いますよ。よく勉強をしていると感心しています。

投稿: SUBAL | 2007年10月 6日 (土) 21時32分

こんにちは。お忙しいところご紹介いただき恐縮です。私のロボット本もいつの間にか発行日が発表されていて焦りましたが、何とか間に合いました。少々強引な感じもしましたが、ラストはそのくらい追い込まれないと進まないのかもしれません。頑張ってください!

投稿: KADOTA | 2007年10月 6日 (土) 22時28分

KADOTA さん こんばんは
原稿が遅れてKADOTAさんに迷惑をかけてしまったかもしれないと心配をしていました。
IさんとYさんにお目にかかってきました。原稿の評価は悪くないようで、安心しました。
背中の薪に火をつけられちゃった感じです。頑張ります。

投稿: SUBAL | 2007年10月 7日 (日) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16671108

この記事へのトラックバック一覧です: 「超音波」本 出版決定:

« 聖路加国際病院 | トップページ | 分子構造のCG »