« 鮮やかな秋 | トップページ | 札幌工業高校が参戦 »

超音波本 ネット予約開始

ネットで検索をしていたら、アララ妙なものが引っかかってくるぞ、とのぞいてみたら、超音波本のネット予約のページでした。

トーハンが管理するサイトでした。こちら。どのような基準で順番が付いているのかは知りませんが、2番目ですね。

7&Yの予約ページにも掲載されていました。こちらは、医学・薬学・看護のジャンルですね。その分野も書いていますが・・・ね・・・。

本のタイトルは「絵とき 「超音波技術」 基礎のきそ」

本の内容として

「超音波技術の基礎と応用について、図表や写真を豊富に使いやさしく解説する。超音波の利用面の紹介に重きが置かれている他の初学者向け書籍と異なり、超音波の本質や基礎が理解できる内容が特色。」

と紹介されています。多分出版社がつけたコメントでしょう。ちょっと面映い。でも書き始めるときから、超音波利用技術の羅列的紹介にだけはしない、と考えてきました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

絵とき 基礎のきそ」シリーズは、いくつかのカテゴリーに分かれていまして、超音波はどこにはいるのですか、と先日編集者の方から問い合わせがありました。

正直言って、私もよくわかりません。いくらかのやり取りを経て、メカトロニクス(Mechatronics)に落ち着きました。文字色は緑色になるようです。メカトロニクス自体ファジーな領域だから、あえて入れるとしたらここかな思います。

ISBNの番号(978-4-526-05962-9)も付いて後には引けないところまで来てしまいましたね。「毀誉褒貶は彼にあり、奮闘努力は我にあり」と開き直ることにしましょう。

|

« 鮮やかな秋 | トップページ | 札幌工業高校が参戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いよいよですね。確かにジャンルは出版社、書店ともに悩むかみしれません。メカトロニクスにはいるとは思いませんでしたが。工学だけでなく、医療や理学のコーナーにも並ぶかもしれませんね。境界領域ということもあるので、幅広く、意外な方面で売れることも期待できるかもしれません。楽しみにしています。

投稿: KADOTA | 2007年10月27日 (土) 20時43分

おかげさまでここまで来ました。仮に明日私がぽっくり逝っても、本は出せるところまで来たといえるでしょう。
本屋さんへ行ったときに、どこの棚に並ぶのだろうと考えてみましたが、よくわかりません。「超音波」と名の付く類書もありますが、置く場所は書店によってまちまちですね。
うまくいけば、色々なジャンルの人に読んでもらえる。下手すると、なんだかわからないうちに霧散してしまう。
まぁ、ここまできたら心配をしても仕方がありませんから、流れに任せることにします。

投稿: SUBAL | 2007年10月27日 (土) 21時02分

>仮に明日私がぽっくり逝っても、本は出せるところまで来たといえるでしょう。
また、弱気なことを(笑)
但しですね、超音波というのは確かに医療(エコー)に使うという側面で特に女性にはあまねく知られていますが、7&11の分野わけは狭すぎるように感じます。洗浄とか、カルマン渦の計測とか、液面の工業測定、一般品質管理にひろーく使われてるものなんですが、(まあカイジョーさんのように魚群探査というのもありかと)本当は幅広いものなんですけどね。
逆をいいますと、幅広い層に認知してもらえるトリガーにこの本がなるという見方も出来ますしそこを訴求したいなと思っています。

投稿: デハボ1000 | 2007年10月27日 (土) 21時33分

一般の人にとっては、(書店の人も含めて)超音波といえば、やはりエコー診断となるのでしょう。まぁ、その仕組みについても書いていますからね。出版社の狙いとしても、超音波は医療分野でよく知られている、ということもあるのでしょう。そこが取っ掛かりになって、超音波技術の広がりと可能性に目を向けてもらう、となればよいのではないかと思います。
カイジョーさんの超音波部門は、カイジョーソニックとして独立移転をしました。(単純に親会社ということではなさそうな事情がありそうです。日本無線とアロカも複雑かな?技術的な話とは離れてしまいますが)皆さん親切でした。
カイジョーソニックさんの3次元風速計と海象計について触れていますが、これは面白かったですね。風速計の温度補正の方法は、へーなるほどというものですし、計測限界が60m/Sである理由なんてね。

投稿: SUBAL | 2007年10月27日 (土) 22時14分

SUBALさん おはよう

ネット予約も良いけれど、やはり書店の書架で手にとって購入したいと思っています。楽しみです。

投稿: 271828 | 2007年10月30日 (火) 08時22分

こんばんは
地方都市にいてほとんど不便なことはありませんが、本屋の貧弱さは痛感しますね。私の居住地では、工業都市といわれながらも理工系の書架のある本屋は1軒だけ。それもほんのわずか。だから、多分私の本も地元では本屋に並ばないかもしれません。札幌まで出かけて写真を撮ってくるしかないかもしれません。
発売されたら、「この本屋に並んでいたぞ」情報を皆さんにお願いしようかな。
ところでトーハンの予約期間って、何で発売日の2週間前までなのでしょうね。

投稿: SUBAL | 2007年10月30日 (火) 21時09分

>カイジョーさんの超音波部門は、カイジョーソニックとして独立移転をしました。

このあたり複数の部門からの裏話を少し知ってるので、書きにくいです。(というか今度講演の材料に使うんで・・・)

投稿: デハボ1000 | 2007年10月31日 (水) 11時46分

>裏話を少し知ってるので

技術以外のところでなにかありそうで、私としては「よくわからん」でよいところでしょう。
ちょうど私が訪問したときが引越しの最中で、当初の話では引越しで忙しいから対応は無理、ということでした。でも、話が変って、専務さんまで出てこられて丁寧な対応をしていただきました。
羽村市から瑞穂に移転したのですね。もともとは三鷹?

投稿: SUBAL | 2007年10月31日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/16890952

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波本 ネット予約開始:

« 鮮やかな秋 | トップページ | 札幌工業高校が参戦 »