« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

今日の朝日新聞朝刊1面に

11月29日付朝日新聞朝刊の1面に「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」の広告が掲載されました。

Cimg2081 朝日新聞といえば、公称800万部だそうです。多少の水増しがあったとしてもすごい数ですね。

政務次官逮捕の日は、私にとって印象深い日になりました。

Cimg2082朝日に限らず新聞1面に下にはこの短冊形の書籍広告がよく掲載されます。

少なくても私が10代のころから、このかたちの書籍広告は見てました。

そこに自分の本が載っているなんて・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "今日の朝日新聞朝刊1面に"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

超音波本発売2日目

「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」発売2日目です。

ネット書店でも、販売が開始されたようです。7&Yでも、画像が出るようになりました。

楽天では「売り切れました」との表示でしたが、夜になって「在庫あり」になりました。

アマゾンでも「在庫2冊」と出ています。

bk1では、独自の内容解説をつけてくれています。

トーハンのe-honにも。

e-netのランキングでは、総合で22位になっています。

国際ロボット展にも出ているかな、と期待していましたが、KADOTAさんからの連絡では、書籍の梱包はずいぶん前に行われていて、今回は陳列されていないとのことでした。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "超音波本発売2日目"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガリレオのThe Little Balanceの目盛り

アルキメデスの原理の話は、3回程度で終わる予定でしたが、ガリレオが登場して俄然面白くなりました。

板倉聖宣さんの「ぼくらはガリレオ」の中に間違いがあることを書きました。その後調べてみると、ガリレオの初めての論文「The Little Balance」の訳本を示した、こんなページがありました。それによると間違いはガリレオの論文の中にある、と読めます。

でも、私は疑問です。訳が違っているのではないのか、と推測しています。その推測を書いてみようと思います。

3_2板倉さんの本で違っているのは51ページの「たとえばXZの長さがXYの長さの1/3であれば、その王冠の1/3は銀だということになるのである。」という文だけです。

上で紹介したページにあるガリレオの論文(の訳)では、「すなわち、もしfgがgeの2倍であるならば、上に述べた混合物は金2と銀1から成り立っているだろう。」という部分です。

長さの比がそのまま金と銀との重量比になるとしてしまうと間違いになります。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "ガリレオのThe Little Balanceの目盛り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超音波技術 基礎のきそ」本日発売+超音波ソフトウエア更新

Ultrasonic 「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」(日刊工業新聞社刊)が本日発売になりました。

多分全国の書店に並ぶはずです。毎日たくさんの書籍が発刊されているようです。ということは、ほぼ同じだけの書籍が本屋さんから消えていっているということでもあります。これからサバイバルです。皆さんよろしく応援お願いします。

この本のために、3本のソフトウエアを用意しました。そのうち、AモードとBモードの仕組みを示したソフトについては公開していませんでしたが、先ほどファイルをアップしました。

「超音波ビーム」のソフトも更新をして、先ほどアップしました。

ソフトウエアのダウンロードはそれぞれ以下のページからどうぞ。

(1)「AモードとBモード」 ←ダウンロードページへ

Uab

 

 

(2)「Ultrasonic Beam」ダウンロードページへ

                                 Ubeam

 

 

(3)「パルス波と周波数帯域」ダウンロードページへ

Ubb

 

 

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "「超音波技術 基礎のきそ」本日発売+超音波ソフトウエア更新"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アルキメデスの原理を使って比重を測定する方法

アルキメデスと非破壊検査アルキメデスの原理とガリレオ の記事に、さおばかりを使って比重を測定する方法について書きました。その中でさおに刻む比重目盛りが等間隔にはならないことについても書いておきました。

271828さんから、詳しく述べてほしいとのリクエストがありましたので、補足で書いておきます。

Photo まずは、左の図(クリックすると大きくなります)で変数について了解してください。

xとρの関係は、x=L2/ρになります。この証明については、ブログに数式を書くと大変見づらくなりますので、Word文書にしました。

「specific_gravity.doc」をダウンロード

比重と移動距離(x)の関係を表したグラフは続きで・・・・

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "アルキメデスの原理を使って比重を測定する方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルキメデスの原理を学んだ金塊詐欺集団

アルキメデスが、混ぜ物をした金王冠を王冠を壊すことなく見破った、という話題を何回か続けてきました。巷間言われている「あふれた水の量でわかる」という説は、どうも怪しいと私は思います。このシリーズ、ミニ実験を行う予定なのですが、ちょっとすぐには出来ませんので、後で行うこととして次に進みます。

比重がが倍近く違う金と銀でも、体積の違いをあふれた水の量で測るのは困難です。天秤ばかりまたはさおばかりを使うとうまくいきそうです。

それでも比重が大きい物質では、含有率の測定の精度は粗くなります。

Gw 金に近い比重をもつ物質を使えば、アルキメデスもガリレオもお手上げになります。そんな物質があるのです。タングステン。金の比重が19.3に対してタングステンは19.2。ほとんど同じです。

タングステンを使った詐欺集団が1980年代に現れました。タングステンを饅頭のあんこのようにして外側を金でくるんだのです。これでは蛍光X線分析でも金と判定されてしまいます。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "アルキメデスの原理を学んだ金塊詐欺集団"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

超音波本 届きました

「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」(日刊工業新聞社刊)が製本されて送られてきました。

この本、私としては売れてほしいので、宣伝をさせてください。ということでこの記事をしばらくの間トップ記事とします。最新の記事はこの次からです。

Ultrasonic ついにここまで来たという感じです。これまで共著はありましたが、単独で1冊書いたのは初めてです。11月27日には全国の書店に並ぶそうです。

表紙のデザインもいいですね。細かいことを言えば、超音波ビームの広がり方がちょっと違うところもありますが、イメージとしては単刀直入でよいと思います。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "超音波本 届きました"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

アルキメデスの原理とガリレオ

アルキメデスの原理についてシリーズで取り上げています。第1回のときに271828 さんから教えてもらった板倉聖宣著「僕らはガリレオ」(岩波科学の本)が今日届きました。

Bokug 第1話が「すりかえられた黄金はどれだけか-アルキメデスとガリレオ-」でした。早速読みました。とても面白い。浮力をここまでわかりやすく説明したものを私は知りません。

混ぜ物をされた王冠を見破る話。ここを読んで正直にんまりです。

Cimg2075 この前の記事で書いた、さおばかりを使うと銀の含有率までわかるではないか、ということが書いてあるではないですか。しかも、ガリレオの考察だそうです。

ガリレオさん、またがぜん好きになりましたね。アルキメデスならそう考えたであろう、というのです。超音波本の中にもガリレオさんは登場します。(ちょっとだけですが・・・)

ガリレオのすごいところは、このことを書いた論文のタイトルが「小さなはかり」となっているところです。私はまだ実験を行っていませんが、さおばかりのさおの長さは少なくても1mは必要だろうと考えていました。場合によってはもっと長く。それでも金と銀が浮力によって重さが減る割合をさおの長さに換算すると、短いごくわずかな範囲になります。ガリレオはそのことを考慮して、長さを精密に測る工夫も示しているというのです。ここには書きませんが、ほーなるほどというものです。これから行う実験に即採用ですね、このアイデア。

ただ板倉さんの本を読んでいて、ひとつ間違いに気づきました。(多分・・・)

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "アルキメデスの原理とガリレオ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルキメデスと非破壊検査

アルキメデスが命じられた「王冠を壊さずに混ぜ物がしてあるかどうか調べる」というのは、非破壊検査ですね。

非破壊検査は、壊さずにということが大前提ですから、何らかの間接的な情報から判断します。既知のものとの比較が多くの場合判断基準です。たとえば、位置大きさ形状がわかっているきずからの信号と試験体から得られる信号との比較。

水をあふれさせるにしても、天秤で吊り合わせたまま水に沈めるにしても本物の金と比較する、という手法はまさに非破壊検査そのものです。

目的とする現象(この場合あふれる水の量とか天秤の傾き)が別の要因で左右されることが大きいと、非破壊検査方法としては成立しないことになります。S/N比(シグナルとノイズの比)が小さいということになるからです。そこから見て、あふれる水の量をシグナルとするという方法は前の記事で触れましたが、難しいだろうと思います。

仕事として考えた場合にいちいち同じ重さの金を用意しなければならないのはいかにも面倒です。(貧乏人の発想かな?)

このページにあるようなさおばかりを使えば、純金かどうかの非破壊検査は可能だと思います。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "アルキメデスと非破壊検査"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アルキメデスがまがい物王冠を見破った方法

アルキメデスの原理は、浮力の原理です。この原理をアルキメデスは、まがい物の王冠を見破る方法を考えて思いついたとされています。

以下Wikipediaからの引用

シラクサの僭主ヒエロンが金細工師に金を渡し、純金の王冠を作らせた。ところが、金細工師は金に混ぜ物をし、王から預かった金の一部を盗んだ、といううわさが広まった。そこでヒエロンはアルキメデスに、王冠を壊さずに混ぜ物がしてあるかどうか調べるように命じた。アルキメデスは困り果てたが、ある日、風呂に入ったところ、水が湯船からあふれるのを見て、その瞬間、アルキメデスの原理のヒントを発見したと言われる。このとき浴場から飛び出たアルキメデスは「ヘウレーカ(ΕΥΡΗΚΑ)、ヘウレーカ」(分かったぞ)と叫びながら裸で走っていったという伝説も残っている。(もっとも、この時代のギリシアでは奴隷が裸で労働していたため、男性が裸でいるのは別に珍しくなかった。)

アルキメデスは金細工師に渡したのと同じ重量の金塊を用意し、金塊と王冠のそれぞれを、ぎりぎりまで水を張った容器に入れた。すると、王冠を入れると、金塊を入れたときよりも多くの水があふれ、金細工師の不正が明らかになった。金細工師の名は知られていないが、その後死刑になったと伝えられる。

この説なんかおかしい。ちょっと突っ込みを入れてみます。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "アルキメデスがまがい物王冠を見破った方法"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「アルキメデスの原理」はいつ教わる?

今日編集者の方からメールが届いて、「無事編集作業を終了し、本の完成を待つばかりです。」とのことです。超音波本、発売日まであと11日です。

ところで、その本の中の原稿にこんな一文がありました。

アルキメデスが、混ぜ物をした金の王冠を壊すことなく見破った逸話は、中学の理科の時間にアルキメデスの原理とともに教わります。

校正時に、念のため中3になる息子に「アルキメデスの原理は何年のときに教わった?」と聞くと「なにそれ」という反応。えっと驚いて調べてみると、中学では教えていないようです。高校の教科書には出てくるのです。高校の物理は選択科目のようですから、若い人の中にはアルキメデスの原理を聞いたことすらない人がたくさんいると言うことになります。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "「アルキメデスの原理」はいつ教わる?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

友あり遠方より来る

ドイツからわざわざ訪ねてきてくれました。Peter Rentzelさん。彼も友と呼んでくれますので、私も友として再会を喜びました。友情という言葉は若いころなんだかこそばゆくて使いたくなかった言葉です。でも最近は、これが友情だよな、と素直に思える付き合いが増えてきました。Peter Rentzelさんもその一人です。

Cimg2064 超音波をめぐるいくつかの交流をしてきました。クラウトクレーマー研究所にいたかたです。私が超音波探傷の技術者になるきっかけを作ってくれたのは、日本クラウトクレーマーが実施したドイツ仕込の講習会でした。そのことを伝え聞いたPeterは、私と最初に会ったときに、超音波探傷技術者にとってはバイブルとも言える通称「Red Book」(J&H.Krautkramer、Ultrasonic Testing of Material)をお土産にくれました。

Cimg2065勉強になります。超音波ビームのソフトを作るときにも参照しました。 私はそのお返しに、「超音波探傷入門」を差し上げました。等価交換には程遠いですが、取引ではなく友情ならばありうることだとの思いがありました。

私が、超音波に関する本を執筆していて、水晶振動子の特性を確かめたいという話を聞いて・・・・

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "友あり遠方より来る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

始めたころのブリッジコンテスト

つまようじブリッジコンテストは、今回が最終回でした。11年間続けてきて、最後はついに300キロの記録に到達しました。

その間、おそらく400に近い作品をひたすら壊してきたわけです。ここまで来るとは想像だにしていませんでした。つまようじブリッジコンテストのサイトも、2001年に開設して以来アクセス数がすでに22万を超えています。英語のサイトも作っていますが、最近では海外からのアクセスが2/3を締めるまでになっています。

当初は、こんなに続くとは思っていませんでしたので、古い記録がちゃんと残っていません。写真も数少ないのです。少し整理をしていたら古い写真が出てきましたので、少し紹介します。

1st1 第1回大会の貴重な写真です。机を並べて500mmのスパンを作り、20リッターのポリ容器に水を入れて錘にしていました。5キロに耐えた、10キロを超えた、と会場が沸き立っていました。

2nd61 第2回大会のときに、角パイプを使って競技台を作りました。正確に500mmのスパンを作るためにスタットボルトを使っています。

3rd1 10秒のカウントは、人がストップウォッチを使って測っていました。スチール製のバケツに鉄板を入れて錘にしていました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "始めたころのブリッジコンテスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画 ブリッジコンテスト 300キロの新記録

NHKに貸していたビデオが戻ってきましたので、早速第11回つまようじブリッジコンテストのハイライトビデオをYOUTUBEにアップしました。

まだすべて詳細に見てはいませんが、脚の部分で壊れるパターンは少なくなりました。

座屈しているものが多いようです。210キロに耐えて、240キロに挑戦して壊れた2位の作品は、綺麗に座屈しています。

以前は、VAIOについてきたビデオ編集ソフトで編集していましたが、今のには付いていません。やむなくMSの「Windows ムービーメーカー」を使いましたが、勝手がわからず右往左往。何回かやり直していて出来た、とアップしてから曜日が間違っていることに気がつきました。

まぁ、良いか。笑って許してください。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チョコ in カシス

超音波本が出版社(日刊工業新聞)の新刊予定のページに掲載されました。

これを執筆していたとき、休みの日には1日中パソコンに向かっていましたが、最近の液晶が明るすぎるのか、目が痛くなることがありました。これには参った。目を休めるしかありませんでした。

Cimg2027 で、最後の追い込みのときに食べてみたのが「チョコ in カシス」。ローソンでの限定発売だったようです。ちょっとすっぱくて美味しいですね。気のせいかもしれないけれど、目が痛くなくなっている。

そのことを告げると、わがつれあい殿、あちこちのローソンを回って、買い占めてきてくれました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "チョコ in カシス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまようじブリッジコンテストを終わらせる理由

今回の大会でつまようじブリッジコンテストを終わらせるとアナウンスをしてから、「なぜ終わらせるのか」という質問を何度も受けました。

今回新記録が出たこともあり「復活も考えていますか?」という質問も報道機関から受けました。復活はありません。

なぜ終わらせるのか、色々な角度から述べることが出来るのですが、改めて考えてみると、はじめるときに考えたこと、そしてこのコンテストが面白く発展してきた原動力になってきたことこそが、今回終わらせる一番の理由です。

それは、

Br200128「なるべくシンプルなルールにする」ということです。主催者が作らせたい形や、教え込みたい形に「導く」ために、様々な禁止事項を設けるやり方はとりたくなかったのです。結論ははじめから見えていて、それを確認する実験を繰り返して何らかのことを教えているような雰囲気をかもし出すことはしない。

方向性を与えるだけのシンプルなルールを定めて、その範囲であればすべてを許容する、そんなコンテストにしたかったのです。生まれ出るアイデアは、ルールの項目数に反比例する・・・そんなことを開始当時スタッフの間で確認しあっていました。

だから丸太棒でもOK。ただしもちろん強度が低ければ評価も低い。実際には丸太が強いのに「丸太はダメ、トラスにしなさい」といルールは作りたくなかったわけです。

橋に限らず現在の構造物の多くは鋼という材料の特性を生かしたカタチに(多くの事故事例を教訓に)なっています。つまようじと木工用ボンドで500mmのスパンに架けて中央部に集中荷重をかける、それに強い形はどんなんだろう、シンプルなルールはこのことを問うていました。

当初は「橋」のネーミングにこだわっていましたから、このルールがシンプルに問うているところに気づくまでに時間がかかりました。ただ、この間に様々なアーチ橋が考えられ工夫されてきたのは、とても面白かったのです。

5thsc11 「わかってしまったこと」から試行錯誤の過程をなで切るのは、簡単なことです。結果を解釈しているに過ぎませんから、いわば答えを見てから計算問題を解くようなものです。そうではなくてわかってゆく過程を楽しみたいと、考えたのです。ものを作ってゆく過程は、計算問題を解くことに比べるとずっと複雑でしかもダイナミックです。

最初は接着剤でコーティングすれば強いのではないか、と接着剤を塗りまくるのもありました。でも酢酸ビニル樹脂の接着剤と弱いとはいえ白樺材のつまようじではその強度は桁違いですから、コーティングは何の意味もないばかりかマイナスです。こんなことも、実際にやってみると一目瞭然にわかってきます。そういうひとつひとつの確認の積み重ねが伝統として引き継がれ、次第に進歩していったのです。

そうして、10年かかってほぼ答えに行き着いたのです。つまようじと木工用ボンドで作った構造物で500ミリのスパンの中央に力をかけても、300キロに耐えるものが出来る、これがひとつの答えです。わかってしまえばシンプルです。だから終わるのです。終わらせるべきだと考えました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "つまようじブリッジコンテストを終わらせる理由"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK「ほくほくテレビ」+「超音波本」校了

超音波本、ようやく校了です。著者校正は2回ということで、2回目の校正稿を郵送しました。これで、いつ私がどうなっても本は出ることになるでしょう。

「第11回つまようじブリッジコンテスト」について地元新聞が報道してくれました。千歳民報。校名間違ってますけどね。正しくは「日本航空専門学校」

NHKが報道してくれます。「ほくほくテレビ」の中です。編集は出来ました、とディレクターの方から連絡がありました。ただ、放送日が5日(月)になるか6日(火)になるかわからないそうです。政局のニュースがらみなのかなぁ。(追記:NHKから連絡があって放送日は6日(火)の5:10から「ほくほくテレビ」の中だそうです)

Cimg2041 取材中の永井キャスターです。このビデオカメラでハイビジョン業務用映像が十分撮れるのだそうです。時代が変りましたね。ビデオカメラでは、SONYはまだ一応良いのかな?

Cimg2036元気の良い方ですね。飛行機に乗って、ウキウキです。

取材は2日(金)でしたけれど、朝から学校にやってきて、午後ブリッジコンテストの様子を見て、札幌のスタジオに飛んで帰って、生本番をこなしていました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリッジコンテスト表示ソフト

つまようじブリッジコンテストが終わりましたので、表示用のソフトも必要がなくなりました。コンテストでは、プロジェクタでスクリーンに映し出していました。

Bcdis 公開をします。300キロの新記録誕生の様子を楽しんでください。(だれも必要ないかな?笑い)

この程度のものですが、ソースファイルがほしい方がいれば、メールで連絡してください。

Visual Basic 6.0で作っています。

「BCDIS.zip」をダウンロード

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つまようじブリッジ ファイナル 速報

つまようじブリッジコンテストが先ほど終わりました。つまようじと木工用ボンドを使い、総重量100グラム以内、500mmの間に架けるブリッジを作り強さを競います。

Cimg2057 32チームが出場しましたが、最後に登場したチームが300キロの新記録を出しました。優勝者は、日本航空専門学校航空技術工学科3年 磯崎 友也 十良澤 翔 神藤 広樹 のチームです。

高校生のチーム札幌工業高校建築科のチームも高校タイ記録となる130キロの記録を出しました。

会場の様子は続きで・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "つまようじブリッジ ファイナル 速報"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

つまようじブリッジ ファイナル 前夜

明日つまようじブリッジが、いよいよファイナルを迎えます。1977年に始めて11年です。

今日は、午前中NHKのディレクターの方が来校して取材をしていきました。明日は「ほくほくテレビ」の永井キャスターも来校します。

Cimg2023 楽しかったですね。色々な情景が思い浮かびます。少々寂しさはありますが、潮時ですね。

学生たちは、今日も最後の調整を遅くまでやっていました。徹夜組も出ているようです。

最後は、断面の形状とその制作方法、横倒れ防止策と精度、です。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "つまようじブリッジ ファイナル 前夜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »