« 友あり遠方より来る | トップページ | アルキメデスがまがい物王冠を見破った方法 »

「アルキメデスの原理」はいつ教わる?

今日編集者の方からメールが届いて、「無事編集作業を終了し、本の完成を待つばかりです。」とのことです。超音波本、発売日まであと11日です。

ところで、その本の中の原稿にこんな一文がありました。

アルキメデスが、混ぜ物をした金の王冠を壊すことなく見破った逸話は、中学の理科の時間にアルキメデスの原理とともに教わります。

校正時に、念のため中3になる息子に「アルキメデスの原理は何年のときに教わった?」と聞くと「なにそれ」という反応。えっと驚いて調べてみると、中学では教えていないようです。高校の教科書には出てくるのです。高校の物理は選択科目のようですから、若い人の中にはアルキメデスの原理を聞いたことすらない人がたくさんいると言うことになります。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

先の文章は修正しておきました。でも、なんだかしっくりしませんね。

毛細管現象は、高校でも中学でも教わらないようです。このどちらも、現象を確認して、「なぜだろう」「これを使って何か出来ないか」いろいろと考えたことを思い出します。

面白かったですよ。これを教わらないなんてねぇ。つまんないよな。

|

« 友あり遠方より来る | トップページ | アルキメデスがまがい物王冠を見破った方法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

SUBALさん おはよう

アルキメデスのこの逸話は大変有名ですが、元ネタはウィトルウィウスの『建築書』です。しかし比重19.3の金と比重10.4の銀が混ざった冠(ステパノス)の体積を「あふれた水」から正確に測定することは可能でしょうか?水には表面張力もあり、水は容器を濡らし、正確な重さを測ることは難しいのではないでしょうか?
ガリレオは「小さな秤」という論文で水中の物体の重さを秤で測定する方法を述べています。これがアルキメデスの方法だろうと言うのです。私がこれを知ったのは板倉聖宣さんの『ぼくらはガリレオ』です。
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/4/1151940.html

投稿: 271828 | 2007年11月17日 (土) 04時49分

こんにちは。アルキメデスの原理は意外と教えられていないようです。

本校では高校1年生の流体実験で水に物が浮かぶかどうかの浮力実験をして、課題として「鉄の塊は沈むのになぜ船は浮かぶのか」を考えさせます。ついでに熱実験で熱気球をしたときにも同じようなことを考えさせます。2年生では正式に数式を用いて説明しています。

投稿: KADOTA | 2007年11月17日 (土) 07時53分

271828 さん
これ、本の中の小さなコラムなのですが、書きながら色々な疑問が湧き出てきました。

>体積を「あふれた水」から正確に測定することは可能でしょうか?

というのが、まず第一でしたね。それに、これが「浮力」?というのも。
ついでに、以前に黄金比のときに議論になったアルキメデスのクレーン・・・・巷間「アルキメデスの実験」といわれているものは怪しいなと思ったわけです。

>元ネタはウィトルウィウスの『建築書』

なるほど、ここにもウィトルウィウスが登場するわけですか。面白くなってきたぞ。

実は、アルキメデスの原理について、数回のシリーズにするつもりでこれが第1弾、序章なのです。
もしかしたら、板倉さんの本にすでに書いてあることなのかな?

投稿: SUBAL | 2007年11月17日 (土) 09時53分

KADOTA さん
さすがに科学技術高校ですね。
まだちゃんと調べているわけではありませんが、高校2年のときに出てきそうだ、というところまではつかんでいました。それが「浮力」のところで出てくるのか「密度」のところなのか、それとも別のところ?計算問題のところで紹介されているのかな?という認識でいます。
公式を暗記するところの横で教えられても私なら面白くない。
鉄の船が浮かぶのは不思議だよね・・・・ここからだと私は思うのです。

投稿: SUBAL | 2007年11月17日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/17094370

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルキメデスの原理」はいつ教わる?:

« 友あり遠方より来る | トップページ | アルキメデスがまがい物王冠を見破った方法 »