« 今年のベストショット | トップページ | ベストCG »

「かたちのココロ」ベスト 連載記事

昨日に続き、ベストシリーズ記事、ということで・・。

ひとつのテーマを何回に分けて書いていたり、続きものとして書いている記事があります。今年の主な連載記事のタイトルと概要です。

(1)Wiiリモコンと加速度

正月にニンテンドーWiiで遊んだことで始まったシリーズです。Wiiリモコンに搭載されている加速度センサの値がパソコンに取り込めることがわかり、シャルピー衝撃試験機に取り付けてデータを取ったりして遊びました。平田さんという強力な助っ人の力を借りて、WiiAccというソフトを作りました。自由落下の無重量状態をWiiAccを使って観察しました(動画)。

(2)超音波リモコンはなぜ消えた

テレビのチャンネルは昔ダイヤルを回していました。リモコンでテレビチャンネルを変える仕組みが登場したとき、リモコンとテレビ本体との通信には超音波が使われていました。しかし現在は赤外線が使われています。いつ?なぜ?を追ったシリーズです。

(3)エキスポランドジェットコースター事故

5月6日に起きたジェットコースターの事故。金属疲労らしいということで関心を持ってニュースを追いました。センセーショナルに報道されるわりには、どこが破断したのか本当に一口に疲労破壊といってもどのようなものだったのか、さっぱりわかりません。非破壊検査がクローズアップされましたが、方法も実施する資格者の要件も疑問だらけでした。エキスポランドの風神雷神をに良く乗ったという方、このジェットコースターのメーカーだった元トーゴの社員、鉄道車軸の疲労破壊に関して世界的に著名な有識者である方、など多くの方が関心を持ってコメントしてくれました。わたしもいつものブログを書く姿勢とは一線を画して、襟を正して緊張をしながら書いていました。

(4)夜の花

夜帰宅したときに庭に咲いているチューリップをデジカメで撮ったら面白かったので、何件か撮ってみました。昨日の記事にしたものです。中には番外編でミス日本の萩美香さんなんてのもありました。始めたころは、連日エキスポランド事故関連の記事を書いていて、少し気がめいっていた、という背景もありました。

(5)つまようじブリッジファイナル

今年で最後となった「つまようじブリッジコンテスト」についてもシリーズで書いてきました。大会を終わらせる理由NHKの取材の過程や、300キロの新記録が出た大会の様子も公開しました。

(6)「超音波」本執筆

3月から執筆を開始して11月27日に発刊された「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」の執筆の過程、本には書けないことなどをシリーズで書いてきました。これを改めてみると、あの時苦しかったよな、このときもう少し頑張っていれば後が楽だったのに、などという想いが沸いてきます。

(7)アルキメデスの原理

超音波本を書きながら疑問に思ったことを、エピソードとして書くつもりでした。ところが、ガリレオの話が出てきて、俄然面白くなりました。飛び飛びになるかもしれませんが、もう少し続けようと思っています。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

関心があるのはどれですか?

ブログで連載記事を書いていると、当初の構想とは違って、多くの場合いただたコメントによって、流れが変ってゆくことがよくあります。

そこが面白いところかもしれません。必ずしも明瞭な「結論」は出ない場合が多いようですが、私自身は多くのことを学べているという感想を持っています。本の執筆や論文とは違って、流水のような趣があるように思います。

それでも、ただ流すのではなく、まとまりと区切りをつけれるものについてはつけてゆきたいと考えています。

|

« 今年のベストショット | トップページ | ベストCG »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですねWiiAcc。楽しいプログラミングでした。もうちょっといじってみたいような気がします。

投稿: 平田敦 | 2007年12月29日 (土) 20時33分

平田さん こんばんは
その節は大変お世話になりました。その後本の執筆に集中するためにWiiAccは棚上げしていました。

>もうちょっといじってみたいような気がします。

そうですね、利用者からリクエストできていたのは、「リモコンのボタンを押すと記録がスタートするという機能を搭載してほしい」というのでした。

わたしとしては、利用例・実験例を示してみたいですね。呼び水のような実験例を示せば、あちこちから面白い展開がいくつも出てくるような気がするのです。

そこでは、中学高校の教科書物理の範囲では説明がつかないことも起こりそうで、悪ガキであった少年時代のわたしなら確実に物理好きになるだろとの予感があるのです。教科書に書いてあることを(色々な条件を整えておいて)「見せる」だけの実験にはあくびしか出ませんでした。

某大学の学生さんが卒業研究の手段としてWiiAccを使ってくれていますので、その成果も楽しみです。

投稿: SUBAL | 2007年12月29日 (土) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/17508800

この記事へのトラックバック一覧です: 「かたちのココロ」ベスト 連載記事:

« 今年のベストショット | トップページ | ベストCG »