« ダイヤモンドダスト | トップページ | 暖かい東京で超音波探傷と本田美奈子 »

衣がえ

このところめっきり冷え込んでいます。連日マイナス15℃を下回っています。

子供のころはよくあったマイナス20℃の気温をここ何年か体験していなかったので、これも温暖化の影響かと思っていましたが、今年の寒さを見るとそう単純ではなさそうです。

このブログの背景、雪の結晶にしていましたが、なんか本当に寒いのでブログだけでも暖色系に変えてみました。記事タイトルの前に現れるアイコンがオウムガイというのも気に入りました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」が、図書館に入っているのがWEBを検索するとわかります。もう多分50は超えているのではないかと思います。

図書館に入っているデータベースの中で、本の概要を説明してる文章があります。これが、7&Yなど多くのネット書店で表示されているものではなく、bk1でおそらく独自でつけたと思われるこちらの文章になっています。

「超音波を理解するうえで必要な基礎知識を、音波から解説し、超音波の利用例を紹介。超音波とは何なのかを図によってわかりやすく解説し、その特性を音速・周波数・波長の3つをキーワードにして、媒質ごとにひもとく。」

これ以外の紹介はないのです。通常は、出版社がつけたと思われる

「超音波技術の基礎と応用について、図表や写真を豊富に使いやさしく解説する。超音波の利用面の紹介に重きが置かれている、他の初学者向け書籍と異なり、超音波の本質や基礎が理解できる内容が特色。 」

が多いのですが、図書館ではこの紹介文は私が見た限りゼロです。

bk1のサイトをのぞいてみたら、会社名が「株式会社図書館流通センター」なのですね。全国の図書館はこの会社を通して書籍を購入しているのかな?という雰囲気なのですが、実際はどうなのでしょう。

e-hohが書籍流通の大手東販のサイトで、本が発売される一月前からサイトに掲載されて「予約受付」が開始されているのですが、編集者の方に聞いたところでは、東販に全国の書店からどのくらい予約注文が入るかによって、店頭に並ぶ数ひいては売り上げ数に響いてくるのだそうです。

書籍のネット販売ではamazonが大きなシェアを持っているとのことですが、それぞれ得意分野があるあるのですね。

明日上京して、明後日から「超音波探傷レベル2」の講習会です。しゃべり口調を学生モードから社会人モードに変えなければなりません。東京は暖かいのかな?


|

« ダイヤモンドダスト | トップページ | 暖かい東京で超音波探傷と本田美奈子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。よい背景がありましたね。上の大きな貝が途切れているのがやや残念です。

本の紹介文はだいたい共通ですね。そうでなければ、目次を適当に抜粋など。

東京もずいぶん寒くなってきました。だいたい気温は一桁です。講習会頑張ってください。

投稿: KADOTA | 2008年1月19日 (土) 23時06分

KADOTA さん こんばんは

背景はたくさん用意されているのですが、どれもいまいちで迷っていましたが、これは気に入りました。アイコンや背景イラストなど自分のオリジナリティーを出せるオプションがあってもよいような気がしますが、niftyにはなさそうです。知らないだけかな?

一桁でもプラス気温ですと多分暖かく感じることでしょう。7月にもあるのですが、そのころよりは私にとってはすごしやすいです。

投稿: SUBAL | 2008年1月19日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/17752930

この記事へのトラックバック一覧です: 衣がえ:

« ダイヤモンドダスト | トップページ | 暖かい東京で超音波探傷と本田美奈子 »