« β型スターリングエンジン | トップページ | ほんとうにあるのか つまようじブリッジのかたちの橋 »

つまようじブリッジ 300キロ越えの挑戦

耐荷重300キロで2007年の大会で優勝したチームが、この記録を塗り替える挑戦をしました。

200キロを超える作品は、たいてい座屈で壊れていました。ることから、座屈荷重を上げるために部材の断面形状を工夫すること。サポートからの反力の受け方、この2つが探求の中心課題だったようです。何本もの柱を作って座屈試験を行って、それを元に冬休み期間中に2作品を作って1月18日に最初の挑戦をしました。

1月18日の結果を受けて、10日後の1月28日、再度挑戦しました。結果はYouTubeに動画をUPしましたのでご覧ください。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

300キロの壁は大きいようです。クラスメイトの応援も受けて、学生生活最後の挑戦も終わりました。

後は卒業式を経て社会人としての歩みを開始するだけになりました。

|

« β型スターリングエンジン | トップページ | ほんとうにあるのか つまようじブリッジのかたちの橋 »

ブリッジコンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/17935765

この記事へのトラックバック一覧です: つまようじブリッジ 300キロ越えの挑戦:

« β型スターリングエンジン | トップページ | ほんとうにあるのか つまようじブリッジのかたちの橋 »