« ほんとうにあるのか つまようじブリッジのかたちの橋 | トップページ | はね瀧橋の構造 その2 曲げモーメントを小さく »

はね瀧橋の構造 その1 かたち

昨日紹介した群馬県みどり市大間々町高津戸峡にあるはね瀧橋(はねたき橋)。つまようじブリッジのかたちによく似ていて、とても面白いです。

Hanetakibr Shadeを使ってその形を再現してみました。こにタンさんからお借りした写真だけではなく、net上にあったいくつかの写真を参照しました。1 2

Cimg2058b よく見ると、大きな三角形の頂点から橋の中央部をワイヤー(?)で吊っているようです。つまようじブリッジの力のかけ方と同じです。この構造を、考えてみたいと思います。アーチとトラスそして桁橋のやさしい解説になると思います。今日はここまで。(久々の連載です)

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

|

« ほんとうにあるのか つまようじブリッジのかたちの橋 | トップページ | はね瀧橋の構造 その2 曲げモーメントを小さく »

ブリッジコンテスト」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

SUBALさん おはよう

このネタ元を知っていたので前の投稿にはコメントしませんでした。
今週末、こにタンさんと旧暦にあわせて「春の七草」を採取する約束になっています。ここからこの橋までは遠くないので撮影に行きたいと思っています。
「ここを撮って欲しい」というご希望はありますか?
天候にもよりますので確約は出来ませんが。

投稿: 271828 | 2008年2月 6日 (水) 04時44分

271828 さん
こにタンさんのブログにたどり着いたら271828 さんのコメントがあってびっくりしました。世間は狭いなぁ。

>「ここを撮って欲しい」というご希望はありますか?

おおよそ構造の概況はつかめるのですが、もし出来れば・・・

(1)中央部のワイヤー(?)
(2)斜め部材の根元、岩盤にどのようにつけられているか
(3)銘盤:支間、架設年月日、設計者などが書いてある

その辺の写真があると面白いなと思います。

投稿: SUBAL | 2008年2月 7日 (木) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/17960105

この記事へのトラックバック一覧です: はね瀧橋の構造 その1 かたち:

« ほんとうにあるのか つまようじブリッジのかたちの橋 | トップページ | はね瀧橋の構造 その2 曲げモーメントを小さく »