« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

いまさら聞けないコンピュータとネットの勉強

3つのHPのサイトを持っているのですが、パソコンのハードディスクがいかれたり、パスワードがわからなくなったりで、更新が難しくなってきています。その中にあるコンテンツを少しずつ移動しておきます。

Vfit 最初はパソコンとネットについてのお勉強ツールです。「情報機器と情報社会のしくみ素材集」という膨大な量の静止画と動画が公開されています。これは文部科学省が実施した「教育用コンテンツ開発事業」として作られて公開されているものです。「素材集」なので使い方はそれぞれ考えて、ということになっています。ばらばらの静止画・動画を整理して閲覧するためのソフトViewer for 「情報機器と情報社会のしくみ素材集」を作りました。

パソコンの各部の名称とその働きから、ハードディスクやCDなどの記憶と読み込みの仕組み、OSとアプリケーションソフトの役割、インタネットやメールの仕組み、パソコンとネット社会の概要はほぼわかる内容になっています。

ダウンロードは続きで・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "いまさら聞けないコンピュータとネットの勉強"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産ジェット旅客機機(MRJ)本格始動か

三菱重工業が、国産ジェット旅客機(MRJ)の事業化と、全日空(ANA)から25機受注したことを発表しました。こちら

YS11が引退して以来国産の旅客機は姿を消したことになり、いくつかの問題はありつつもMRJの本格始動が待ち望まれていました。

日本では航空機を作っていないとの誤解があるのですが、実はボーイングでもエアバスでもその機体の30~40%は日本で作っているのです。「どうせ下請けで作ってんだろう」などという人もいるのですが、たとえばボーイング787の主翼は三菱重工の責任設計・製造なのです。その素材は、東レの炭素繊維を使ったCFRP(炭素繊維複合材)です。世界の航空機製造産業は、日本の技術抜きには成立しない、といっても過言ではない状況なのです。それでも、旅客機をトータルとして責任を持ってつくり世界の市場で勝っていくことは、ハードルも高いでしょうしそこを超える意味も大きいと思います。

今月はじめに三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所の方と話をする機会がありました。MRJの事業が動き始めるとその素材の中心はCFRPになるので、品質保証の手段たる非破壊検査は超音波がますます重要になる、というお話でした。「いいところに目をつけたよね」と、誉めていただきました。ボーイング787でも非破壊検査は超音波が主流なのです。15年ぐらい前から、こつこつと準備をして教育の充実をはかってきましたから、お世辞分を差し引いても嬉しかったですね。すでに、MHIの品証部の中核には教え子たちが大勢います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "国産ジェット旅客機機(MRJ)本格始動か"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(升添ではなく)舛添大臣からの手紙 年金記録がない

「ねんきん特別便」が届きました。

Nenkin あけてみて驚きました。私は16年前から務めている現在の勤め先で私学共済年金に加入しているのですが、年金の記録として確認できているのはこの私学共済の分だけ189ヶ月と書いてあります。

その前の20数年分がすっかり抜け落ちているのです。私の年代は、学生には年金加入の義務はなかったはずですが、父親が経理事務屋で労務関係にも明るかったので「年金は加入年数が効いてくる」という判断で二十歳になった時点で国民年金に加入していてくれたのです。その後の会社勤めの分も含めて「ない」ということなのです。

書類をよく読むと、共済年金の記録はそれぞれの共済組合の記録だから、そちらに問い合わせてほしい旨が書かれています。

ということは、社会保険庁は社会保険庁の記録の中には現在私の記録は確認できていない、といっているわけです。ちょっとひどいですよね。いくらなんでも。社会保険庁は保険料を徴収して記録を管理することが仕事でしょう。金は取ったけれど、記録は残していない、わからないhappy02

明日電話しますけれど・・・ここまでとは思いませんでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "(升添ではなく)舛添大臣からの手紙 年金記録がない"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本田美奈子の歌声

先ほどNHKでやっていた「本田美奈子・最期のボイスレター」見ていました。

Minako_honda 良いですね。伴奏のない歌声。しみるものがあります。今年1月亀有のつたやで、本田美奈子のCDを買いました。そのCD、真っ白なんですよ。最初印刷ミスかと思いました。淵に小さな白い文字が浮き彫りにされています。

本田美奈子の歌声が私の体の中に響いてきたのは、2005年11月10日の朝でした。実はこの日、NTV系列のズームインSuperの生中継がありました。11月5日の第9回つまようじブリッジコンテストで250キロの記録が出て、学校から全国に放送されることになったのです。

ズームインSuperは、朝6時ころから飛び飛びで何度か中継がありました。この中継中に、優勝者の一人が100グラムの作品にぶら下がることになっていました。一度壊れたブリッジを徹夜で修復して、朝を迎えました。撮影スタッフは朝4時に学校へと到着です。あわただしく撮影準備が進みました。

生中継中に作品が壊れるなんてこともありえたのです。そうなったらそのときだと開き直っていたころでした。7時半過ぎでしたかね、本田美奈子の訃報が中継現場のモニターにニュースで流れました。そこで聴いたのが「アメイジング・グレイス」でした。あわただしい中でしたが、えっと思いました。

だから何だと言われれば、それまでなんですがね。歌とも出会いがあると思うのです。

もっと歌ってほしかったですね。歌声が美しすぎたのかもしれない。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "本田美奈子の歌声"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

WiiAcc 加速度の校正

ニンテンドーWiiリモコンに搭載されている加速度センサの値をパソコンで取得するソフト「WiiAcc」を公開しています。現在のバージョンでは時間軸を校正する機能を搭載しています。加速度はgで表示されていますが、この値は設定されている初期値のままで測定するようになっています。

Cimg0902 加速度も校正したほうが良かろうということで、その作業にかかっています。オー!キャリブレーション機能を搭載して、いよいよ測定システムらしくなってきます。キャリブレーションをするには「基準」が必要ですが、どこにでもある重力加速度を使うのが順当なところでしょう。Wiiリモコンの3軸加速度の方向はわかっていますから、それに沿って静かに回すことで、1gと-1gを採ることができます。

Wiiリモコンからは、およそ±4gの範囲の加速度が0から256の数値としてBlueToothを介してパソコン側に送られてきます。この値の中で1gと-1gの値を取得してキャリブレーションをしようとしています。直線性は確保されているものとする(しかありません)。

Wii UI(User Interface)はまだ作っていませんが、1gと-1gの値を検出するプロシージャーは作りました。それで我が家にある3台のWiiリモコン(A・B・C)で確認をしてみました。左の図がその結果です。やはりばらつきが出てきますね。1gはおよそ27分割されていることはわかります。同じリモコンでもX・Y・Zの方向でも相違が出てきています。

使い勝手の良い校正機能にするために、もう少し知恵を絞ります。

ところで、これを試しているうちにあることに気づきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "WiiAcc 加速度の校正"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ミーハー気分

今日ひずみ測定レベル3の試験を受けてきました。札幌の試験会場は、いつもの大きな講堂も一杯で、レベル3は2階の別会場でした。最近非破壊検査資格の受験者が増えているとは聞いていましたが、この20年ぐらいで一番多かったかもしれません。

でもひずみ測定のレベル3再認証試験を受験したのは札幌では私一人。まぁ、マイナーな資格ですね。私の前の席も斜め前の席も良く知っている人。超音波のレベル3の再認証試験を受けていたようです。試験官も事務局の方も良く知っている人。元気でやっていますという挨拶のようなものかもしれません。

Cimg2198 帰りに札幌では大きな本屋として有名なコーチャンフォーへ寄って来ました。超音波本あるかな、と見てみると、ありました。「基礎のきそ」シリーズがずらっと並んだ中に。

もうミーハー気分で、写真を撮りました。しぐさが怪しかったのか、警備員さんが横に来てジロッて見てゆきました。写真は撮ったけれど、本はとっていませんって。執筆で苦しかったときには、本屋の棚に並んでいる光景を脳裏に浮かべて、頑張りましたからね・・・笑って許してください。

Yahookids もうひとつミーハー気分で画像を。つまようじブリッジコンテストのホームページは、英語版ページへの外国からのアクセスが多いのですが、日本国内からは「Yahoo きっず」からのアクセスが群を抜いています。Yahoo きっずをのぞいてみたら、Yahoo!きっずトップ > 科学 > 実験、活動のジャンルで3位に位置していました。1位がサイエンスチャンネル、2位が米村でんじろうサイエンスプロダクションでした。へーそれじゃあぁ、有名人と一緒に写真を一枚、というわけです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "ミーハー気分"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

WiiAccの研究への活用

今日は休日出勤の代休で、明日の「ひずみ測定レベル3」の試験に向けて勉強する・・・予定なのですが、午前中の勉強はまだゼロsad

ブログのコメントを書いたり、ニンテンドーWiiリモコンの加速度をパソコンに取り込むソフトWiiAccに加速度の校正モードを搭載するための確認をしたりしていました。WiiAccの動画。

WiiAccで検索をしてみたら、大学の卒業研究でWiiAccを使った、もしくは参考にした事例が公開されていました。

拓殖大学の山川みづきさん 

「動きのデザインー動きを脚色するのに用いられるコトバとそれにもとづく変化ー」PDF

千葉工業大学の山口 幹雄さん 

「ジェスチャーインタフェースの可能性と動画編集への応用」PDF

函館未来大学の杉本紳一郎さん

「ニョキィー 全身のアクションで生やすディジタル植物」PDF

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "WiiAccの研究への活用"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安直な解釈

昨日磁粉探傷の原理について書き、その誤った解釈について書きました

Bluebacks 誤った解釈は、講談社のBLUE BACKSの一冊伊藤泰郎著「見えないものを見る技術」に載っていたものです。

「表面探傷の中で最も代表的なのが磁粉探傷である。試験体を電磁石によって磁化し、その表面に鉄粉を散布する。傷があると鉄粉は付着しないので、鉄粉の付着した模様によって欠陥の存在する分布がわかる。試験体でなく、鉄粉を磁化して散布しても同様である。」(P92)

非破壊検査技術者にとっては、何言ってんだ、というトンデモ文章です。下線を引いたところが核心ですが、“表面探傷の中で最も代表的なのが磁粉探傷”というのも何を根拠にしているかわかりません。

これだけでしたらこうして取り上げることはしませんが、実はこの本、私がわかる範囲でもこのほかにこうした筆者の誤った憶測でしかない記述が、いくつかあるのです。私も本を出しているので、人の本のあら捜しのようなことはしたくないのですが、正直この本はダメです。誤植や勘違いのレベルではないのです。(誤植は私の本にもたくさんあります・・・汗dash

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "安直な解釈"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

磁粉探傷試験の原理

磁粉探傷探傷試験は、強磁性体材料の表面に発生するきずを検出するのに優れた試験方法です。

強磁性体材料というのは、簡単に言うと磁石に付く材料のことで、ほとんどの鉄鋼材料が強磁性体です。

磁粉探傷探傷試験の原理は、磁石に砂鉄がつくのと同じです。磁石に砂鉄がつくといっても、磁石のどこにでも砂鉄がつくわけではありません。磁極周辺に砂鉄がつきます。磁極にNとSがあるのは小学校で教わるでしょう。

鉄鋼材料に砂鉄を撒いても、普通はつきません。磁化という操作をして鉄鋼材料が持っている磁石の性質を引き出してやると、砂鉄がつくようになります。

Mtp 鉄鋼材料を磁化しても磁極ができたところにしか砂鉄は付きません。棒磁石を半分に切ると切ったそれぞれに磁極が出来ます。鉄鋼材料にきずがあると、そこに小さな磁極が出来るのです。小さな磁極の近くに、細かく砕いた砂鉄の粉を近づけてやると、きずの部分だけにこの粉が付きます。

Mtj この粉にあらかじめ蛍光物質をつけておくと、紫外線照射灯で照射することできずの部分が明るく輝いて、きずのありかがわかるようになります。

これが磁粉探傷探傷試験の原理です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

続きを読む "磁粉探傷試験の原理"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひずみ測定レベル3

今週末、資格試験を受験します。ひずみ測定レベル3の移行試験と再認証試験です。

平成15年にスタートしたJIS Z 2305(ISO9712準拠)のライセンサーへの移行試験を受けて、その後再認証試験を受けることになります。これに受かると5年間有効の資格登録が出来ます。

非破壊検査の資格は、日本では6部門あります。そのひとつがひずみ測定です。きずを見つける他の5部門(超音波・磁粉・浸透・電磁誘導・放射線透過)とは違って、力が加わることによる変形(率)を測定する技術で、この部門があるのは世界中で日本だけです。ただ、ひずみ測定を行うことに何の法的な縛りもありませんから、この資格がなくてもひずみ測定自体は大学や企業の研究室で日常的に行われています。

レベル1からレベル3まであります。レベル1とレベル2は、主に電気抵抗ひずみゲージによるひずみ測定を扱いますが、レベル3では応力塗料や光弾性あるいはモアレなども出てきます。材料力学的な知識もより深く問われます。

昨年9月も受験可能だったのですが、超音波本の締め切りと重なっていたので受験申請はしませんでした。

この歳になって資格試験を受験するのは正直つらいものがあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ 中年おじさんの受験に、ポチッと応援よろしく。

続きを読む "ひずみ測定レベル3"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

金属材料技術用語辞典を出版元からゲット

金属材料技術用語辞典が絶版になって手に入らないという記事を書きましたが、それを読んだKADOTAさんから今日連絡をいただきました。

出版社(正確には 日刊工業サービスセンター 書籍販売部)がおそらく在庫一掃のためと思われるセールを行っているというのです。早速問い合わせてみたところ、新入生の数には足りないもののこちらの在庫等で調整すると何とかなることがわかりましたので、注文を入れました。

1冊\7,875のところ \5,500で手に入れることが出来ました。書籍が市場から消えてゆく瞬間でしたね。

日刊工業新聞社は「絵とき 超音波技術 基礎のきそ」の発行元でもあります。

売りに出ていた書名の一部だけを紹介しておきましょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ブログランキング応援用のバナーを変えました。「科学ブログ人気ランキング」ではなく「技術・工学」のランキングページに飛びます。応援よろしくお願いします。

続きを読む "金属材料技術用語辞典を出版元からゲット"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金属材料技術用語辞典が絶版

金属材料技術研究所編「図解 金属材料技術用語辞典」(日刊工業新聞社)が絶版になっていました。

Metal 私のところの学科の学生には毎年買わせていました。ちょっと値段が張りますが、長く使えるものでこれくらいは手許にもっておくべきだ、と考えたからです。

来年度新入生用に事務局が手配をしたら、絶版だというのです。

私の手許にあるのは第1版(1988年)ですが、2000年に第2版が出ています。出版社も慈善事業ではないのでやむを得ないのかもしれませんが、こういう本は絶版にしてほしくないなぁ。第3版を準備しているということなのでしょうか?

Amazonでは、古本に14000円の値がついています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ブログランキング応援用のバナーを変えました。「科学ブログ人気ランキング」ではなく「技術・工学」のランキングページに飛びます。応援よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

破断する寸前の肉厚

3月7日に北海道機械工業会検査部会鉄骨部会共催の検査技術研究会が札幌で開催されました。私も発表をする予定でしたが、やむを得ざる事情で「ドタキャン」をしてしまいました。関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけいたしました。ごめんなさい。

Utd ここには、うちの学生も発表することになっていました。私が出席できないことを聞いて、「えっ!マジですか?」。私がついていることで発表できることにいなっていたので驚くのも無理はありません。

関係者のご理解をいただいて、学生の発表はさせていただけることになりました。

タイトルは「超音波肉厚計測における測定下限とその現象」、発表者は長野塁 福本准也 宮田昌明の3名です。

学校の温水配管で内面腐食をしていたため交換した6インチの鋼管を題材に、データを取って発表をしました。この腐食した温水管の写真は、私の本の149ページにも掲載しています。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "破断する寸前の肉厚"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Wiiリモコンが高校物理教育に・・・

WiiAccの利用と資料の配布に関して、栃木県総合教育センター研修部の方からメールをいただきました。了承をいただきましたのでメールの一部を公開します。

////////////////////////////////////////////////

当センターでは、日頃、栃木県の公立学校の教員を対象として、各種研修を行ったり、様々な資料を作成して学校に配布したりしております。
私は主に、高校の物理分野を担当しておりますが、この度、高校での授業で役立ててもらうため、「速度・加速度の測定実験」に関する資料を作成して栃木県内の高等学校に配布することになりました。

御存じのことと思いますが、高校物理の授業で力学台車等の加速度を測定するときは、直接の測定が難しいため、ほとんどの場合、紙テープ式の記録タイマーやストロボ写真を用いて、一定時間間隔毎の移動距離を測定し、その時間変化から間接的に加速度を求める方法がとられます。
これは、データの処理に手間と時間がかかる上、それほど精度の良い結果も得られないことが多いという問題があります。

Wiiacctochigi そこで、加速度の測定に関して何か良い方法や実験装置はないかと、ネット等で探している中で、SUBAL(管理者注:本名の部分をペンネームに変えました。いまさらばればれだろうって?そうなんですけれどね一応)様が作成された「WiiAcc」を知りました。
早速、Wiiリモコンを購入し、力学台車に搭載して加速度を測定してみると、理論値に非常に近い値が簡単に得られましたので、今回作成する資料の材料として最適だと考えました。

つきましては、「WiiAcc」を用いた実験の例を資料に掲載させていただき、県内の先生方に紹介することによって、各学校の授業で活用させていただければと思い、ご連絡いたしました。

//////////////////////////////////////////////

WiiAccは、ニンテンドーWiiリモコンに搭載されている加速度センサの値をBlueToothを通してパソコンに取り込み保存するためのソフトです。こちらの動画をご覧ください。学校の物理教育などの場で使ってもらえればよいなぁ、と開発当初から考えていました。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

続きを読む "Wiiリモコンが高校物理教育に・・・"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

発熱でダウン

38度9分の熱が出てダウンです。腹痛・胸の痛み・全身のだるさを伴っています。先ほど蟹雑炊を無理やり腹に入れました。

この週末やらねばならないことを抱えていたのですが、体力温存で今日は寝ていました。生姜湯と葛根湯を飲んで、暖かくして寝る。これに限るわけです。

でも夜になってもダメですね。

4~5年に一度、39度近い発熱をします。若いころと違ってきついですね。若いころは38度の熱なら仕事で汗をかけば治る、なんて無茶なこともしていましたが、もう無理です。

先ほどちょっと嬉しいメールが入っていましたが、内容は後日紹介できると思います。

にほんブログ村 科学ブログへ←このアイコンをクリックして「科学ブログ村」のページが出てくるとこのブログへの応援1票になります。1日1回よろしく。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »