« ウルトラとスーパー(Ultra vs Super) | トップページ | 超の意味(Ultra vs Super + Hyper) »

ゴールドライセンス

今日は発明の日、そして私の誕生日です。

先日自動車の運転免許の更新に行ってきました。ここ3回続けて優良ドライバー、ゴールドライセンスで、30分講習でおしまいでした。

講師の口調は、ほとんど講師ロボットのよう。始まりも終わりも秒単位でぴったりでした。

それでも、その中で印象に残った話もありました。北海道の年間交通事故死者数は、おおよそ500人と思っていました。北海道民500万人として、およそ1万人に1人1年間に交通事故で死んでゆく(事故死者は必ずしも北海道民とは限らないとかいった細かい話は抜きにして)ことになるのだ、と認識していました。

年間500人死んでいたのは、平成12年ごろまでで、年々減少をしていて平成18年・19年は300人を切っているとのことでした。4割も減っているのですから相当なものです。

北海道で死者が出る事故の形態は・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ 誕生祝にポチッと応援よろしく。

正面衝突事故(25.7%)だそうです。

北海道の道路事情からすればさもありなんというところです。

郊外に出ると、車の通りが少ない長く単調な道が続きます。多くの道路が中央分離帯がない。高速道路ですら中央分離帯がないところもあるのです。(深川-旭川間)これは恐ろしいですよ。なにせ対向車がはみ出して向かってきたら逃げ場がないですから。私は、旭川に車で行くときには、深川で降りて一般道を行くようにしていました。(今は、片側2車線、中央分離帯つきになっているのかな?)

交通事故死が減っている原因は、ドライバーの意識が向上したから、なんてところには多分ないのでしょうね。道路の整備や取締りの強化などが効いているのでしょう。

この講習を受けながら、今の社会は、北海道では年間300人の人が交通事故で亡くなるのは、やむを得ないというのが暗黙の合意になっていると考えられます。そういう道路であり、そういう交通ルールである・・・と。State of the artの観点で考えると、この辺はどうなるのかな、などと考えているうちに30分は過ぎてゆきました。

|

« ウルトラとスーパー(Ultra vs Super) | トップページ | 超の意味(Ultra vs Super + Hyper) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/40918900

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドライセンス:

« ウルトラとスーパー(Ultra vs Super) | トップページ | 超の意味(Ultra vs Super + Hyper) »