« 横浜港のトラス橋 | トップページ | 草刈機ジョイント部の金属疲労 »

地震計測とWiiリモコン

今日未明の岩手地震、私のところ(苫小牧市)でも結構揺れました。

ブログを書き終えて、そろそろ寝ようかなと思っていたところでした。

はじめ突き上げるような縦揺れを感じましたので、これは大きいかもしれないと少し身構えました。やがて横揺れが来ましたが、震度4くらいかな、たいしたことにはなりそうもないということはわかりました。

揺れは長かったですね。この地域の地盤では長周期振動が起きるのですが、それらしいユラ~とした揺れも感じました。

このくらいの揺れならば、WiiリモコンとWiiAccで揺れを観測できそうだ、との感触を得ました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

ただ、ネックはいつ地震が来るかわからないことです。ずっと電源を入れておかなければなりません。それと、Wiiリモコンは何かに固定しておく必要がありそうです。記録は2分間ぐらい必要かな?

地震実験装置に乗せてどの程度計測できるのかを試してみたいですね。

どこかにないかなぁ。息子が通っている高専の土木科ではなくて環境都市工学科にはあるはずですね。今度機会があったらお願いしてみましょうか。のりのよい先生はいますかね?

参考 地震の揺れと加速度

|

« 横浜港のトラス橋 | トップページ | 草刈機ジョイント部の金属疲労 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SUBALさんお久しぶりです。
震源地の県に住んでいるのですが、日頃の行いが良いせいか(そんなことはないですが)地震の日には2回とも出張に出ていました。今回は、つくばにいてホテルで昼に測定したデータの整理をしていましたがそれなりに大きな地震と感じました。
今、私どもが研究している範囲では同じ加速度センサを使用していることから考えますとWiiのリモコンでの揺れの観測は2分間で十分です。ただし、長周期震動も問題とすると7分位は必要になると思いますが。
あと、常に電源を入れている必要があるのですが、工夫をすると電池で長時間駆動させることも可能です。(Wiiのリモコンを使って測定をしているのではありませんのであくまでも類推ですが)
私どもでは、センサが小さいので実験時は再使用も考えて、少し特殊な粘着テープで止めています。別にボルト等で固定しなくても接着剤での固定でも問題ありません。

投稿: Ikegaya | 2008年7月26日 (土) 02時08分

Ikegaya さん こんにちは

岩手地震、大きな被害がなかったとのこと、何よりです。
Ikegayaさんの話を聞いていると、Wiiリモコンを地震計として活用するのは現実味がありそうと思えてきます。
とめ方はそう難しくなさそうですね。電源も交流を使えるところであれば、DCに変換してやればよいだけでしょう。電気は中学技術の時間の体験が虎馬になっている私としては、誰かの確認を受けて考えることにしましょう。
ありがとうございました。

投稿: SUBAL | 2008年7月26日 (土) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/41961849

この記事へのトラックバック一覧です: 地震計測とWiiリモコン:

« 横浜港のトラス橋 | トップページ | 草刈機ジョイント部の金属疲労 »