« 超音波仲間 | トップページ | タービンブレードとクリスマス »

8月の終わり

今日は、この夏一番の暑さでした。

Cimg27113日間の超音波探傷講習会が無事終わりました。

14年前支笏湖丸駒温泉で開かれた超音波分科会に乗り込んで、「超音波探傷教育を開始したい。ご協力をお願いします」とほとんど知っている人のいない中で挨拶したことから始まりました。

超音波探傷をはじめとした非破壊検査教育は、多くの方々の協力で、ある水準まで達することができました。

Cimg2717 すでに、卒業生で超音波探傷を仕事としているのも相当な数になります。最新航空機からジェットエンジン・・・対象物はいろいろですが、皆地道な分野でがんばっているようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ブログランキング参加中、ポチッと応援よろしく。

3日間、あわただしく過ぎてゆきましたが、いろいろな情報交換もできました。また明日から平常業務です。

この講習会では、ステンレスの縦波斜角探触子を使った探傷、アルミの斜角探傷、斜角探触子のシューの張替え、ボルトの探傷など、ほかではやっていない実践的な項目も議論の末に盛り込まれています。

Cimg2715 今回の講師陣は、もう長年付き合ってきた超音波仲間。お疲れ様でした。本当にみんな疲れていたのか、はたまた暑さでカメラがいかれたのか、記念撮影の写真はピンボケでした。まぁ、良いか。

私の現在の目標は、探傷技術に習熟しているだけではなく、設計者や研究者とも堂々と渡り合って、協力関係を築き上げていけるような探傷技術者を育て上げること。それはたぶん、探傷技術を身につけて、それからさらに・・・という段階論的な教育ではなくて、初歩の教育からそこを目指したものがDNAとして組み込まれている必要があるのだろう、と考えています。それが、どういう場で何をどのようにすれば可能なのか、枯れかけた頭を振り絞って考え模索しているところです。

|

« 超音波仲間 | トップページ | タービンブレードとクリスマス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

この週末はお世話になりました。
自分の作業服の汚さが目立つな・・・ピンボケでも。

個人的には講習会の他に、浸透の実習をして頂きありがとうございました。百聞は一見にしかずです。

涼しい北海道が恋しい!

投稿: murakami | 2008年9月 1日 (月) 12時40分

murakami さん こんばんは

講習ご苦労様でした。
せっかくの美形がピンボケ写真で台無しでごめんなさい。
まぁ、それもなぞめいてよいかもしれません。
落ち着いた堂々たる指導振りでした。

投稿: SUBAL | 2008年9月 2日 (火) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/42342155

この記事へのトラックバック一覧です: 8月の終わり:

« 超音波仲間 | トップページ | タービンブレードとクリスマス »