« ジェットエンジンと機械の日 | トップページ | 5冊目の本 »

花火の撮影

昨日は苫小牧市の港祭、恒例の花火大会です。

つれあい殿の実家があるマンションは絶好の花火見学スポット。じいさんばあさんは孫を見てうれしそうですが、私はスイカを食べて、デジカメによる花火撮影チャレンジ。昨年はあまり上手く行きませんでした。

Cimg2610 今年はどうでしょう。花火モードにしましたが、シャッタースピードが遅いので手振れをしないようにするのが大変でした。

Cimg2611 それでも、昨年よりはまあまあかな。

Cimg2614 シャッターを切るタイミングが難しいです。

花火といえばAIKOのこの歌、言葉の飛び方と独特の抑揚が心地よいです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ポチッと応援よろしく。

マンションの部屋にある柱には、息子と娘の身長を測った記録が書き込まれています。息子は、一番背が高くなりました。娘もばあさんにもう少しで追いつく。

その分大人たちは歳をとってきています。

息子も娘も、自分のじいさんばあさんだけでなく年寄りに自然に優しく接することのできるようになっているのは、良かったなと思います。少々親ばか。

|

« ジェットエンジンと機械の日 | トップページ | 5冊目の本 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/42117086

この記事へのトラックバック一覧です: 花火の撮影:

« ジェットエンジンと機械の日 | トップページ | 5冊目の本 »