« 材料試験法開発の歴史 | トップページ | 失敗プロジェクトの効用 »

体重減少の効果

今月はじめに実施した健康診断の結果が届きました。

この過去5年間では、最もよい結果です。検査結果で基準値に入らなかったのは一つだけ。HDLコレステロールが基準値40.0~80.0mg/dlのところ39.0mg/dl。他の数値も、ほとんどの項目で、改善傾向です。血圧も108/80mmgHg。

4年前はぼろぼろで、精密検査を2つ受けました。今年はまっさら、20年前の検診結果のようです。今回体重が、昨年比およそ4kg減少していました。4年前には67.2kgで、あわてていろいろやって次の年にはおよそ5kg落としましたが、その後そのレベルをキープ、今年18年ぶりに60kgを切ったのです。私の身長からするとほぼベスト体重。今年から始まった「メタボ診断」メタボリックシンドロームリスクは2という判定です。

5年間のデータが見れる報告書になっていますが、動いている項目は体重との相関がありそうです。

悪くなっていたのは視力。これは仕方がありません。昨年は、目が痛くなるのをこらえてパソコンに向かっていました。

引っかかったHDLコレステロールってなんだろうと調べてみると、

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ ブログランキング参加中、ポチッと応援よろしく。

「余分なコレステロールを全身の組織から肝臓へ回収する」善玉コレステロールということで、過剰だと動脈硬化を起こす悪玉コレステロールLDLとのバランスが問題になるようです。ちなみにLDLコレステロールは、85mg/dl(基準値70~140)で少なめ。バランス的にはそう悪くはないのでは、と自己診断しています。

このあたりのバランスの崩れは心臓病のリスクを高めるということで、気をつけなければなりません。

|

« 材料試験法開発の歴史 | トップページ | 失敗プロジェクトの効用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/42209514

この記事へのトラックバック一覧です: 体重減少の効果:

« 材料試験法開発の歴史 | トップページ | 失敗プロジェクトの効用 »