« ブログ読者 | トップページ | ラッキーデイ »

数字のマジック

娘から教わった数字を使ったマジックです。

Binarymagiccard1から15までの数のうちひとつを思い浮かべてもらって、それを当てるマジックです。

用意するもの。左の画像(クリックすると大きくなります)をプリントアウトして、4枚のカードを作ります。

やり方

① 相手に1から15までの数のうちひとつを思い浮かべてもらいます。

② 用意した4枚のカードを、順番に見せてその中に思い浮かべた数があるかないかを答えてもらいます。

③ カードを伏せて念力を送ります。

④ 相手が思い浮かべた数を言い当てます。

このマジックの種は、続きで・・・

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中、ポチッと応援よろしく。

もしかしたら、これ多くの人が知っているのかもしれませんが、2進数の性質を利用したマジックです。2進数は、0と1で表す数です。1→1、2→10、3→11、4→100・・・というやつですね。

このマジックの種は、相手が思い浮かべた数字があると答えたカードの左上の数字「1、2、4、8」を足すだけでよいのです。たとえば、「青とピンクのカードにある」と答えたならば「1+8=9」で、相手が思い浮かべた数は9です。

Binarymagic

4枚のカードは、それぞれ2進数の1桁目が1になるグループ(青)、2桁目が1になるグループ(緑)、3桁目が1になるグループ(黄)、4桁目が1になるグループ(ピンク)が書いてあります。

それぞれのカードの左上の数字は、それぞれの桁の位を示す数が書かれています。だから単純な足し算でよいことになります。

|

« ブログ読者 | トップページ | ラッキーデイ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この手の単純なマジック、私は結構好きですね~。

投稿: yoshi | 2008年9月10日 (水) 00時50分

yoshi さん こんばんは

私もです。中2の娘は、これで2進数から10進数・16進数の変換の原理がわかったといっています。娘のマジック好きは、幼稚園の園長先生のマジックを見て以来です。

投稿: SUBAL | 2008年9月10日 (水) 03時02分

以前このマジックをしてもらって、なかなか答えがわからなかったので、解りやすい説明でよかったです。
気になった点があったのですが、2桁目のグループは(黄)ではなく、(緑)のグループではありませんか?

投稿: | 2010年8月29日 (日) 12時02分

あらら、本当だ。色を塗り間違えていましたね。これまで気がつきませんでした。ご指摘ありがとうございました。早速訂正しておきました。

投稿: SUBAL | 2010年8月29日 (日) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/42401788

この記事へのトラックバック一覧です: 数字のマジック:

« ブログ読者 | トップページ | ラッキーデイ »