« 公園のブランコにフェイルセーフ構造? | トップページ | 秋刀魚の季節 »

超音波探傷 実技参考書 デジタル篇

日本非破壊検査協会(JSNDI)が発行するテキストに「超音波探傷試験 実技参考書」というのがあります。実習用のテキストです。

この改訂作業に携わっています。9月30日が一次原稿の締め切りでしたので、昨日最後の原稿を送りました。分担執筆ですから、単行本の執筆に比べると気が楽です。

今回の改訂は、超音波探傷器のデジタル化に伴うものですので、大幅な改定になります。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中、ポチッと応援よろしく。

探傷器がデジタル化されても探傷の本体そのものは変わりませんが、探傷器の操作手順やディスプレーに現れる情報の読み取り方などは様変わりしています。

何を標準にすべきかというところでは、いろいろな意見が出てくるところもあります。この実技参考書がもちろん完成形ではありませんから、議論になってゆくことになるでしょう。

JDNDIのテキストでは、「超音波探傷入門」以来の2冊目です。

|

« 公園のブランコにフェイルセーフ構造? | トップページ | 秋刀魚の季節 »

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/42656155

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波探傷 実技参考書 デジタル篇:

« 公園のブランコにフェイルセーフ構造? | トップページ | 秋刀魚の季節 »