« Newman-Raju の解にパリス則 | トップページ | エキスポランドコースター事故原因を推測する(その1)締め付けの緩み »

あのエキスポランドが破産

昨年5月にジェットコースター事故が起きたエキスポランドが、会社更生法の適用を申請したようです。こちらの記事

この会社の破産自体には関心はないのですが、かの事故について1年半になるのに事故原因の報告がどこからも出てこないのには、失望を通り越して、いったいどうなっているのかという感じがします。

結局、現場の直接の当事者を業務上過失致死罪で立件して終わりなのですかね。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

昨年、5月6日に事故が起きて1ヶ月が経過した後に大阪府警は破断した軸の写真を公開しました。事故原因調査は、破断面の調査が重要なポイントになりますが、この写真公開後、某調査機関に依頼をしたらしいという噂は聞いています。1ヵ月後はいかにも遅いという感じがしましたが、それでも数ヶ月以内に報告書が出てくるものと思っていました。

でも出てこない。なぜなのでしょう。不思議です。ちょっと怖いですね。

昨年、このブログでもこの事故については何回か取り上げてきました。いろいろな人から情報が寄せられて、私も自分の考えや推測を修正しながら、事の真相を見極めたいと思っていました。

この間も、情報が限られている中、折に触れて関心と知識経験のある人と会うと、この問題の情報交換をしてきました。

結論から言うとよくわからないというところに行き着くのですが、この間考えてきたことをここらで吐き出しておこうかと思います。

材料力学の本で、この事故を取り上げたものがありましたので、それを取っ掛かりとして何回かに分けて書いてゆこうと思います。

|

« Newman-Raju の解にパリス則 | トップページ | エキスポランドコースター事故原因を推測する(その1)締め付けの緩み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/42948453

この記事へのトラックバック一覧です: あのエキスポランドが破産:

« Newman-Raju の解にパリス則 | トップページ | エキスポランドコースター事故原因を推測する(その1)締め付けの緩み »