« 応力拡大係数のKは誰のK? | トップページ | ジェットエンジン タービンブレードルート部の疲労割れ »

超音波探傷資格試験2次試験間近

今週の金曜日から、JSNDIの秋の2次試験第2弾、超音波探傷試験が始まります。今回は、およそ40人近くがレベル1とレベル2の実技試験を受けます。

超音波探傷を教育に取り入れて13年。試行錯誤の連続でしたが、ノウハウの蓄積も実績もできて、忙しいけれど仕事としては安定してきたかなと思います。私があまり口や手を出さなくても、H先生の指導の下で順調にことは進んでゆきます。

今日は33個の荷物が東京のJSNDIから届き、実習場を試験モードに模様替えをしました。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

Cimg0430 ギリギリにならないとエンジンがかからないのはいつものこととはいえ、今日あたりは暗くなっても順番待ちをして練習をしていました。

真剣に取り組めば、きっとよいことがありますよ。

でもおじさんはここ3週間休みなし。季節の変わり目で、少々つらい。

おっと、出版社の編集者の方からメールが入っています。「原稿の進行状況はいかがでしょうか。」ムムム・・・・的確に鞭を入れてきますねcoldsweats01。「来年3月発売の目玉商品となっておりますので・・・」えっsign01ほんと。非常に上手いプレッシャーのかけ方なのかな、妙に感心してしまいました。ギリギリになってあせるなんてことは(たぶん)しませんcoldsweats02。気合を入れてやりますよannoy

|

« 応力拡大係数のKは誰のK? | トップページ | ジェットエンジン タービンブレードルート部の疲労割れ »

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/43165405

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波探傷資格試験2次試験間近:

« 応力拡大係数のKは誰のK? | トップページ | ジェットエンジン タービンブレードルート部の疲労割れ »