« 疲労 | トップページ | JR千歳線でレール継ぎ目板が破断 »

燃焼器タービンメカニズムモデル

学生が進めているプロジェクトのひとつ「燃焼器タービンメカニズム展示モデル製作」が大詰めに来ています。Westinghouse社製のJ34ターボジェットエンジンを使っています。

Cimg0464 今日は、燃焼器側の位置決めとノズルの組みつけでした。半分だけ静翼(ノズル)つけて燃焼器内を覗けるようにしたのですが、この組付けが意外に難しい。パズルのようでもあり、ドミノゲームのような緊張感もあり、いろいろな方法を試行錯誤でやっていました。最後はI君の発案の方法で見事組み付きました。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

Cimg0462 このプロジェクト別名「ピカピカプロジェクト」といい、ともかくひたすら磨いていました。ただ磨くといっても金属の種類や酸化物の状態によって手順方法を工夫しなければなりません。

副産物として、燃焼器の熱疲労割れも見つけました。

Cimg0466 今回組み付けた静翼にも、エロージョンコロージョンで荒れた肌の中に割れが見つかりました。

完成すれば綺麗なものができるはずです。

|

« 疲労 | トップページ | JR千歳線でレール継ぎ目板が破断 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/43247705

この記事へのトラックバック一覧です: 燃焼器タービンメカニズムモデル:

« 疲労 | トップページ | JR千歳線でレール継ぎ目板が破断 »