« 自分のメルアドが発信元になっている迷惑メール | トップページ | 応力拡大係数の翻訳命名者 »

高専ロボコン北海道地区大会

今日、高専ロボコン北海道地区大会の様子がNHKで放映されていました。会場は釧路。懐かしい釧路川の映像が流れていました。

昼間は仕事でしたから、先ほど家族でビデオを見ました。

今年から、地元高専のロボコン部に入っている息子の解説付きで楽しく鑑賞しました。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

今年のテーマは、「生命大進化」多足歩行と二足歩行を組み合わせて、ゴールするタイムを競う競技だったようです。

息子いわく、「第一課題を確実にクリヤできれば地区大会は突破できるじゃん」

大会としては、ゴールできたのは釧路Aチームだけ。ま、そんな感じでした。

若い人がゼロからものを作るという機会は少ないのではないかと思いますね。アイデアがあって図面化して部品を作って組み立てたら動くと思っている。私のところでも事前に口をすっぱくなるほど言っても、なかなか抜け切れません。

でも、必死に作って調整をしてテストランでは動いたのに本番ではだめだった、そういう体験の中で学び身に着けてゆくものなのでしょうね。

何事でも、必死に夢中になって自らやる、本当の学びはそこにあると思います。用意されたプログラムにしたがって受動的に学ぶだけではとても得られないものがあるはずです。

ロボコンのテレビ放映を見ていて、動かなかったロボットを抱えて退場する若者の肩を叩いてやりたくなる、そんな感じでした。ただ、教員としてそこにいたら「お粗末だな。問題点を洗い出しておけ」と一言いって立ち去るでしょう。

|

« 自分のメルアドが発信元になっている迷惑メール | トップページ | 応力拡大係数の翻訳命名者 »

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/43137519

この記事へのトラックバック一覧です: 高専ロボコン北海道地区大会:

« 自分のメルアドが発信元になっている迷惑メール | トップページ | 応力拡大係数の翻訳命名者 »