« 科学の祭典終了 | トップページ | JSNDI2次試験開始 »

肥後名産 高瀬飴

熊本県の飴屋さんから「高瀬飴」を取り寄せました。

Cimg0387 この飴、麦芽水飴です。しつこくないほんのりとした甘み、砂糖の甘みとはちょっと違う、素朴な味でとても美味しい。10本入って200円です。

現在執筆中の本の中でいくつかの「ミニ実験コーナー」を作るのですが、そのネタの写真を撮るために取り寄せました。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

Takaseame 実は、数年前のJSNDIの委員会の会議で隣に座った某大学の先生が、「今日はお土産を持ってきました。休み時間にでも・・・」といって、休憩時間にミニ実験を見せてくれました。その実験がとても面白かったのです。

かばんからこの飴を出すこの先生もうれしそう。この実験を見た私も、もちろんオー!となりました。こういう実験を面白いと目を輝かせる人は、少々マニアック、あまり多いとは思えません。少なくても私のまわりにはいない(??でしょう)。

で、これでは中身がさっぱりわからんではないか、というお叱りの声が聞こえてきそうですが、それはもうしばらくお待ちください。

高瀬飴の製造工程の動画などがこちらにあります。

Cimg0386 この飴、肥後では昔から机の角にぶつけて細かく割って食べるものだそうです。

本当は一袋あればよいのですが、2000円分購入しました。ただ驚いたのはこれでも送料のほうが高かったことです。

しょうがないですかね。

P.S. 私の本「絵とき 破壊工学 基礎のきそ」(日刊工業新聞社)の中のコラムで、延性破壊と脆性(ぜいせい)破壊を手軽に体験できるミニ実験として高瀬飴を紹介しています。

|

« 科学の祭典終了 | トップページ | JSNDI2次試験開始 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/43086288

この記事へのトラックバック一覧です: 肥後名産 高瀬飴:

« 科学の祭典終了 | トップページ | JSNDI2次試験開始 »