« 航空工場検査員国家試験結果発表 | トップページ | 上京 »

重い雪

大寒だというのに、気温が高いですね。一昨日は雨でした。この時期の雨はげんなりするのです。アイスバーンの上に水ですから、滑ってくださいてなもんです。通勤はボブスレーでもやっているような感覚です。

今日は雪でしたが、この雪が重い。通勤途上の山道では、木の枝に降り積もった雪で枝が折れて、通行を邪魔しています。それをよけながらの運転です。慣れた道ですがね、ぐったりするほど疲れます。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

明日、勤務終了後飛行機で上京します。

超音波探傷レベル2技術講習会の講師と実習指導をやってきます。JSNDIの教育センターは葛飾区亀有にありましたが、昨年9月に江戸川区瑞江に引越しをしました。私は、今回はじめて行くことになります。

普段は学生を相手にしていますが、こうして社会人の教育をするのも勉強になります。この前の記事に、大阪の工場で非破壊検査担当になったという方からコメントをいただきましたが、社会人で非破壊検査を勉強しているひとには、周囲に教えてくれる人がいなくて苦労しながら独学をしている人って、多いような気がします。大手で、会社の中にベテラン講師がいてきちんとしたカリキュラムの元に講義・実習・通信教育による指導が組まれて・・・なんて環境のところもあるのですが、まぁ例外的ごく一部でしょう。

私自身もそうでした。地方都市で業界団体とのつながりもほとんどない会社でした。

私の非破壊検査員としての第一歩は、失業者として職安のカードケースからでした。第2次オイルショックのときで、有効求人倍率0.24でしたね。職なんて選んでいられる状況ではありませんでした。30歳を過ぎて資格もない人間には、愛知県に行って自動車工場の季節労働者になるしかないという状況で、かろうじて見習でも可というのは「クレーン運転手」と「非破壊検査員」だけでした。

会社に入ってから勉強をはじめましたが、わからないことだらけ。文系出身工学知識ゼロでした。職場には一応「先輩」はいたのですが、わからないことを質問してもまともに答えてもらった覚えはありません。「どうしてそんなことに疑問を持つのだ。試験に受かるためには覚えれば良いでしょう」という感じでした。しょうがないので本屋に行ってシグマの「チャート式高校物理」買ってきて勉強したのを覚えています。出張先で夕飯時に出る酒を2回に1回は断って(その酒を飲むとその後連れられて歓楽街に繰り出すことになる)、近くの喫茶店でコーヒー2杯で4時間粘り勉強しました。

今振り返ると、勉強する環境としては劣悪であったから、逆に一生懸命になって実になったともいえるかもしれません。

たまに出させてもらった講習会ではむさぼるように勉強したのを覚えています。それから20数年、今は、講習会の講師として前に立っています。当時の自分に向けて喋るつもりで講義をしてきます。

今回も、表の仕事とは別に何人かの人と会ってきます。毎日の職場での狭い人間関係から離れて、広い視野で今後のためになる前向きな話になればよいなぁ、と思っています。

|

« 航空工場検査員国家試験結果発表 | トップページ | 上京 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>社会人で非破壊検査を勉強しているひとには、周囲に教えてくれる人がいなくて苦労しながら独学をしている人って、多いような気がします。
大手企業での技術指導のうち技能的要素が薄いものはこのところ自力で勉強できるということを言い出すようになりました。インターネットでわかるものは教えないということのようです。そのため、機械設計者が幾何公差記号をしらないとか、意外な穴があることがあります。
カリキュラムを作る人もそれなりに困ってはいるようですが、意外とビジネススキルのほうが重視されているのです。バランスが取れてないですね。

投稿: デハボ1000 | 2009年1月21日 (水) 03時48分

コメントへのお返事有難うございます。私も文系出身で高校生時代は数学・物理はさっぱり。大学は法学部出身です。だからRT-2を取ったときはちんぷんかんぷん。指数対数なんて見たこともない数式でした。だから同じように高校の参考書を買って勉強しました。また、関数計算機なるものも触ったこともなかったのです。
今はネットで情報が流れ、参考書もいつでも検索でき、ネット注文できる時代ですので貴殿の自体のご苦労は大変なものであったと思います。最近、貴殿の著書である「絵解き・超音波技術 基礎のきそ」を読み始め、興味を覚え、資格取得へのモチベーションを高めつつあります。
「見たい・知りたい・やってみたい」が私の原動力。
いつまでもこの探求心と好奇心を持ち続け、いつかは会社の後輩に「師匠」と呼ばれる非破壊検査員になりたいと思います。

投稿: kei | 2009年1月21日 (水) 07時45分

こんにちは。
>当時の自分に向けて喋るつもりで講義
素晴らしい言葉です。

投稿: niwatadumi | 2009年1月21日 (水) 12時27分

デハボ1000 さん こんばんは

>バランスが取れてない

私なんかアンバランスの典型かもしれません(笑い)。企業が人を育てる余裕をなくしていることが、長期的に見て得なのか、どうなのでしょうね。

kei さん こんばんは

勉強をするときに、これをきちんと教えられるようになりたいと思ったのは私も同じでした。安易に流れがちな勉強を、どこかで支えてくれていましたね。

niwatadumi さんこんばんは

本当は、教える対象の知識・能力・意欲を分析して、教え方を考えるのが正当なんでしょうが・・・。私の教育のパトスは、あのころの自分に向かってしまいます。

投稿: SUBAL | 2009年1月21日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/43804799

この記事へのトラックバック一覧です: 重い雪:

« 航空工場検査員国家試験結果発表 | トップページ | 上京 »