« 流水のオブジェ | トップページ | 清水の舞台と古い釘 »

閑散期の京都

京都のお寺で両親の法事を執り行ってきました。この時期京都観光は閑散期と聞いていたのですが、ホテルはどこも満杯。なかなか部屋が取れませんでした。京都でタクシーの運転手さんに聞くと商工会議所青年部の全国大会が開かれていたのだそうです。

タクシーに乗ってお寺の名前を言うと、「今日は工事中で拝観できませんよ」と教えてくれましたが、「拝観ではなくて法事ですから事務所に着けてください」といいました。タクシーの運転手さんも、拝観ができないことを知っているんだと、その情報量に改めて感心しました。

Cimg2788 何回も行っているお寺ですが、今回ほど人のいない境内ははじめてです。

Cimg2781 さて、突然京都クイズです。黄門様こと水戸光圀が寄進した「吾只足るを知る」と記されたこの蹲(つくばい)のあるこのお寺さんはいったいどこでしょう。正解は続きで・・・。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

Cimg2776 光圀の蹲よりは、石庭のほうが有名なこのお寺の名は、龍安寺です。石庭がある方丈の屋根の葺き替えと、床板の張替え工事が現在行われていてます。

Cimg2782 そのために、石庭の一般の拝観はできなくなっているのです。

Cimg2789 本堂での法要は、滞りなく済んだのですが、石畳のお堂はジンジンと冷え込みます。法要の後、境内にある湯豆腐屋さんでいただいたお豆腐の美味しかったこと。

このあと行ったお寺も、工事中でした。閑散期に工事を行うのでしょうね。

|

« 流水のオブジェ | トップページ | 清水の舞台と古い釘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>「拝観ではなくて法事ですから事務所に着けてください」
京都の仏閣はこの時期メンテナンスもありますが、植物保護などの問題で冬季は拝観を許可しないことがおおいのです。
また市内のタクシーのかなりの需要に時間借りの「観光タクシー」がありますからタクシー会社は情報把握をしてますし、定期観光バスの運休などもありますから知っていておかしくはない。個人タクシーでも組合が情報配信をするんだと聞いています。
・・・・といいましたが、これは京都や奈良・金沢では通用するんですが、横浜や東京・大阪では通用しませんね。観光地が多いところでも、観光にタクシーを使うノウハウを経営者が持ってないところではないですな。今気がつきました。

投稿: デハボ1000 | 2009年1月26日 (月) 02時21分

デハボ1000 さん こんばんは

>といいましたが、これは京都や奈良・金沢では通用するんですが

東京でTAXIの運転手さんに話しかけると、愉快な話にはなりませんね。リストラ・首切り・食っていけない・自殺・・・こんな話になってしまうんです。
京都では、TAXIの運転手さんがちゃんと情報を仕入れていますし勉強もしているという感じがします。
20年ぐらい前には、TAXIに乗ると、10分間でどれくらいの話を引き出せるか、なんていう遊びをやっていましたが、世情を知るのには良いけれどめったに面白い話にはならないので、止めています。
京都では、いつも思はぬ方向に話が行くので、ちょいとやってみました。今回も大文字焼きのちょっとした薀蓄、JCの金持ち2代目3代目の所業の話は、面白かったですね。

投稿: SUBAL | 2009年1月26日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/43857156

この記事へのトラックバック一覧です: 閑散期の京都:

« 流水のオブジェ | トップページ | 清水の舞台と古い釘 »