« 本のページ数 | トップページ | 校正作業中(初校) »

V2500ターボファンエンジンモデル完成

何回か途中経過を書いてきたターボファンエンジンV2500のモデルが完成しました。

Cimg2815 V2500は2軸構造になっていて、ファン+低圧コンプレッサ-低圧タービン、高圧コンプレッサ-高圧タービンの組み合わせで回りますが、このモデルも2軸構造が再現されていてそれぞれが独立して回ります。

IHI昭島事務所にV2500のモデルがあり、ローターが回転します。IHIにあるモデルはローターは一体化されており2軸にはなっていません。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。ポチッと応援よろしく。

(1)見た目の軸ブレがないこと

(2)空気流路がわかりやすいこと

(3)動翼と静翼の位置関係が不自然ではないこと

Cimg2817 昨年のモデルの問題点を越えることを目標に作り始めました。スプールは、木製ですが、旋盤で仕上げてあり、ベアリングも組み込まれています。ブレードが埋め込まれていない状態のスプールはあたかもこけし人形のようでした。

コンプレッサとタービンの動翼の数も本物とほとんど同じになっています。これを埋め込む作業では「血の小便が出るほどの思いだった」とは製作者の弁。製作に当たったM君、T君、A君ご苦労さんでした。

|

« 本のページ数 | トップページ | 校正作業中(初校) »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

コメント

すばらしい! このようなモックアップを作っておられる方を知り、
うれしい限りです。
遅れましたが、小生、昨年(2010)3月定年退職し、それまでIHIでV25の回転部品(DISK,SHAFT等4000台以上)の設計を合計20年担当していた者です。
DISK,SHAFTの断面も見れるとHAPPYです。以上

投稿: 鈴木 正 | 2011年1月29日 (土) 22時24分

鈴木さん コメントありがとうございます。

本職の方からほめていただき光栄です。IHIの方からV2500の図面を提供していただき、作りました。このようなモックアップを作る過程ででは、本で学ぶことの数十倍の学びがあります。当時の学生の熱意は、私から見ても感心しました。
ディスクやシャフトにこめられた技術の粋などを教えていただければ嬉しいです。

投稿: SUBAL | 2011年1月29日 (土) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/43908538

この記事へのトラックバック一覧です: V2500ターボファンエンジンモデル完成:

« 本のページ数 | トップページ | 校正作業中(初校) »