« DLP方式のプロジェクター | トップページ | 危ない遊び »

お皿の脆性破壊

ものの壊れ方を肉眼で観察できる範囲で現象的に分けると、ぜい性(脆性)破壊と延性破壊に分けることができます。

「破壊工学」本で、脆性破壊の例として、お皿を割るのが良いだろうと思い、つれあい殿に相談をしました。そうすると「家に割っていいお皿なんてない」とのこと。

やむなく100円ショップに赴くことになりました。結構、いろいろなお皿を売っているのですね。一見染付け風のお皿を購入してきました。

これを軽く割ってやろうと思ったのですが、これがなかなか手強い。

にほんブログ村 科学ブログへブログランキング参加中。アイコンをクリックすると応援になります。

Photo 机に叩きつけたぐらいでは割れません。玄関に出て、コンクリートの土間に叩きつけましたが、それでも割れません。ハンマーで叩くことも考えたのですが、「破片を集めるともとの形になります」という説明の都合上、粉々に割れてしまっては、使いものになりません。力加減が難しそうです。

そこで、コンクリートの土間にお皿を伏せて、足で踏みつけることにしました。その結果が、先の写真です。3ピースぐらいに割れてくれると良かったのですが、そう都合よくは行ってくれませんでした。

ある基準で現象を分けてゆくことは、物事の認識過程では比較的最初に行われることでしょう。もの(この場合は破壊現象ですが)の見え方が違ってくる。

私は、破壊力学を理解していくうえでも、延性破壊と脆性破壊を区別することから始めることが有効だと考えました。延性破壊と脆性破壊を、弾性変形と塑性変形との絡みで頭の中で整理をしておくことが重要だと。そのあたりが上手く伝わるとよいのですが・・・。

100円ショップでは、もう少しモダンな柄のお皿とワイングラスを購入していたのですが、これらは、割らずにとってあります。

|

« DLP方式のプロジェクター | トップページ | 危ない遊び »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

SUBALさん、こんにちは

破壊工学的に考えれば、お皿は使ったり洗ったりしているうちに小さいひびがはいいたり、欠けたりして、初期き裂が発生しているので割れやすいけれど、新しいお皿はそれらがないので、脆性体と言えどなかなか割れない、ということなのでしょうかね?

それとも単にいわゆるマーフィーの法則でしょうか!?(割ろうと思うと割れない。割らない様にしようと思うと割れる。。。)

投稿: tsunodako | 2009年4月13日 (月) 00時48分

tsunodako さん こんばんは

私が、この皿を割りながら考えていたのは、100円ショップのお皿は大量生産の工業的に作られたものでしょうから、材料も焼成-冷却の温度管理もしっかりしていて、内部の欠陥が少ないのかなと言うあたりです。磁器のお皿ですから、ファインセラミックに近いのかと。(私が自分で作って焼いた陶器のコーヒーカップは職場に持ってゆくとあまり時間が経たないうちに割れてしまいますweep
脆性材料の破壊は、私の本の第1章に書いてある最弱リンク説でよく説明できますので、100円ショップ侮るべからず、と言うところでしょうか。
また、脆性材料はどう壊れるかを予想し難いところがあります。このあたりを利用してお皿の割れ方で吉凶を占うなんてことをやっていることもありますね。延性破壊は力の入れ方で、破壊の仕方は予想できるというか、ある程度再現性がありますので、占いにはなりませんでしょう。このあたりの話を書くと、破壊に関するお話本としては面白かったかもしれません。

投稿: SUBAL | 2009年4月13日 (月) 01時25分

割れるという事を想定しないのはまだいいのですが、想定できないという事をいう若年者に慄然とする事があります。割れる事を考えない人でも、日ごろからオルファカッターを扱ってるんですが、気が遣いない人にはそれと意識がくっつかないんですよね。
割れる器だと、キセロゲルなんですかな焼結温度が高い磁器はむずかしいいでしょうね。私はかわらけ割りのかわらけを思い出しましたが、素焼きの器が安くていいかも知れません。

投稿: デハボ1000 | 2009年4月13日 (月) 04時12分

デハボ1000 さん こんばんは

私の周りでは、そこまでの若者に出会っていませんが、都会のいわゆる優秀層にいるのですかね。
ただ、私の子供などを見ていると、遊びが「安全すぎる」という感じはします。「子供の遊びに内在する危険性が遊びの価値のひとつ」という観点は、後景に追いやられているように思えます。

投稿: SUBAL | 2009年4月13日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/44642213

この記事へのトラックバック一覧です: お皿の脆性破壊:

« DLP方式のプロジェクター | トップページ | 危ない遊び »