« 『応力集中の考え方』 | トップページ | 『応力集中と引張強さクイズ』解答編 »

12ポイント・ボルトのCG

先日紹介した「ねじのひみつ」(サイエンス新書:ソフトバンク クリエイティブ)の中に航空機用のボルトとして12ポイント・ボルトが紹介されています。写真ではなくてCGになっていて、表紙にも大きく掲載されています。

Cimg3117_2 12ポイント・ボルト、私の手許に現物があります。

12pointbolt この現物をモデルにしてCGを作ってみました。現物のボルトには使用感がありますが、CGでは新品のようになります(使用感を出すこともできるのですが、それには表面材質の設定に相当凝らなければなりません)。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

現在私のところの若者で、ジェットエンジンのCGを作っているのがいます。私が作ったエンジンのCGをみて触発されているようです。

あの中年おやじにできるのなら自分たちにできないはずがない、と思うようです。CGの授業なんてもちろんありませんが、わたしが習得している範囲の技術指導はしています。

Turbofanengines_1_1 金属質回転体のCGの基本として、ボルトのCGを練習課題にするのも良いかな、と思いたちました。ブログ記事のシリーズものとして「Shadeで作ろう CG ボルトからジェットエンジン」を企画しても良いかもしれません。いくつかの仕事を抱えていますし、もともと気まぐれブログですからいつのことになるか分かりませんが、楽しんでやれるテーマになるような気がします。CGの基本テクニックと同時にジェットエンジンの仕組みも分かってくる・・・かな?

CGは本物のように見せるフォトリアルを求める以外に、写真では表現できない仮想現実を映像化することもできます。工夫次第でものの説明や、教育に活かせる場面も多くなるような気がしています。

|

« 『応力集中の考え方』 | トップページ | 『応力集中と引張強さクイズ』解答編 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。さすがですね。
うちもメタセコイヤを少し紹介すると、すぐに覚えてすばらしいレポートを書いてくる生徒がいます。ちなみにこちらのボルトの元の写真は下記の航空機ねじを扱っている会社からの資料提供です。
http://www.spsunbrako.co.jp/

投稿: KADOTA | 2009年7月 4日 (土) 09時33分

KADOTA さん こんばんは

CGを作る時は時間を忘れています。10代後半に出会っていたらこの道を選んだかもしれません。
うちの学生も、ちょっと教えたらすごいのを作ってくるのがいます。負けていられませんから、がんばってしまいます(笑)。
航空機の世界では、締結は基本技術の中で重要な位置を占めているようです。

投稿: SUBAL | 2009年7月 5日 (日) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/45530420

この記事へのトラックバック一覧です: 12ポイント・ボルトのCG:

« 『応力集中の考え方』 | トップページ | 『応力集中と引張強さクイズ』解答編 »