« Vistaの運命 | トップページ | 技術士機械部門一次試験問題から »

ズズメバチ駆除

昨日、我が家にスズメバチが巣を作っていることが分かり駆除しました。
Cimg3158 2階の窓から見える屋根のひさしに電力の引込み線が入っているのですが、その穴の隙間を埋めるブッシングが外れていて、そこからスズメバチが出入りしているのを見つけたのです。
駆除業者に来てもらって、駆除してもらいました。バンに道具を乗せて一人で我が家にやってきて、状況把握から駆除終了までおよそ30分。
そこで聞いた話を箇条書きにしてみました。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

  1. この時期(7月初旬~中旬)は巣を作り始めてまもなく、ハチの数も少ない。通常は気がつかない。
  2. 巣作りの当初は、女王蜂も外に出ることがある。働き蜂がたくさん生まれてからは、女王蜂は常に巣の中にいる。
  3. 女王蜂が死ねば、働き蜂が何匹いようとその巣は終わる。
  4. この時期のスズメバチは、人間が攻撃を加えない限り人を襲うことはまずない。人間にかまっている暇はない。
  5. スズメバチがいらだって、攻撃しているわけでもない人に襲い掛かるようになるのは9月以降。
  6. 本日の駆除で女王蜂が死んでいればこの巣は終わりだが、運が悪く外に出ていればまた舞い戻ることもある。10日ぐらい観察して、蜂が出入りするようならまた連絡して。

駆除の方法は、長い棒にスプレー缶を取り付けてハチが出入りしていた穴にノズルを突っ込み数分間屋根空間に駆除剤を散布するだけでした。
ちなみに料金は7350円。
スズメバチにしてみれば、本能に従って淡々と営みを続けていただけなのに、突然毒薬を撒かれたということでしょう。かわいそうな気もしますが、共存することは難しい。

|

« Vistaの運命 | トップページ | 技術士機械部門一次試験問題から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/45607688

この記事へのトラックバック一覧です: ズズメバチ駆除:

« Vistaの運命 | トップページ | 技術士機械部門一次試験問題から »