« 『応力集中と引張強さクイズ』途中経過と薔薇一輪 | トップページ | 『応力集中の考え方』 »

現代版パラパラマンガと棒人間

少しずつずれたマンガを描いてパラパラとめくると動きのあるアニメーションになる。つまんない授業をする教師の目を盗んで授業中に教科書のページの隅にパラパラマンガを描いて遊んだ人は多いと思います。私もずいぶんやりました。

ニンテンドーDSで「ウゴメモ」というパラパラマンガを作るソフトがあります。パラパラマンガを作るソフトはパソコン用としてずいぶん昔からありました。ただ、パソコンではマウスで絵を描くので不自由感がありました。DSでは、タッチペンでいたずら書きの手軽さで作れます。この現代のパラパラマンガが教科書の隅のいたずら書きと違うことは、音が付けられることと専用サイトに投稿して「作品」として公開できることです。授業の休み時間に数名の悪がきに公開するのとは桁違いの人に見せることができます。

そのサイトを覗くと、いろいろなアイデアがありますが、人気があるジャンルに丸と線だけで人間を表す古典的な棒人間というのがあります。その中で伝説にすらなりつつある「対決ボウニンゲンシリーズ」の作者「たぁくみ」さんは、現在小学校5年生だそうです。

なんともいえない勢いのあるナンセンスギャグマンガの趣だと思いませんか?

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

その延長といえるかもしれませんがひたすら走っているなんて言う作品も・・・。

勉強も忘れて夢中になってパラパラマンガを描いている子供がいるんだろうなぁ・・・sign02

|

« 『応力集中と引張強さクイズ』途中経過と薔薇一輪 | トップページ | 『応力集中の考え方』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/45502413

この記事へのトラックバック一覧です: 現代版パラパラマンガと棒人間:

« 『応力集中と引張強さクイズ』途中経過と薔薇一輪 | トップページ | 『応力集中の考え方』 »