« 全部門レベル3復活? | トップページ | 手に持たなくても良いブラックライト »

ウトナイ湖にそそぐ美々川の源流

苫小牧市には白鳥など多くの渡り鳥が飛来するウトナイ湖(バードサンクチャリー)があります。そのウトナイ湖に流れる美々川の源流に久しぶりに行ってみました。
Cimg3280 山の中を流れる美々川です。

Cimg3285 その源流はこんな山の中にあります。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

苫小牧というと、工業都市・流れ者の街という印象で、空気や水というものには期待できないように思っていました。これが住んでみると違うのですね。樽前山や支笏湖(噴火の跡のカルデラ湖)を作った火山の噴火による火山灰上に成長した巨大な山林を市の背後に持っているのです。そのほとんどが国有林で、ここしばらくは開発の手が伸びそうもありません。この巨大な火山灰という天然のフィルターを通った水が大量にあるのです。苫小牧市は水の美味しい町です。
Cimg3281 これが美々川源流のひとつです。森の中に滾々と湧き出しています。春に来るとクレソンなどの山菜を採ることができます。

子供時代をすごした釧路市には背後にラムサール条約に登録された釧路湿原があります。私たちの子供時代の認識は何も役に立たない不毛の湿地というものでした。そのものの価値というものは、あるだけでは価値にならず、価値観によって認めることが不可欠だと思います。
工業都市だと稼ぐための街ですが、水の良い街なら永住してもよいかなという気がします。

|

« 全部門レベル3復活? | トップページ | 手に持たなくても良いブラックライト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/45818293

この記事へのトラックバック一覧です: ウトナイ湖にそそぐ美々川の源流:

« 全部門レベル3復活? | トップページ | 手に持たなくても良いブラックライト »