« 盆灯篭とガスタービンエンジン | トップページ | 10年前の夏 »

病室の窓から見える風景

義父が手術入院をして秋田から親戚が見舞いに来ました。「苫小牧はいい街だね、病室からの風景がすばらしい」と言われました。そうかなぁと思って、改めて病室の窓から外を眺めてみると、確かに悪くないです。
Cimg3303 こちらは、王子製紙の工場方向(西方向)です。王子の工場の煙突、グランドホテルニュー王子、王子病院などが見えます。
Cimg3304 東側には、火力発電所の煙突、製油所など東港を中心とした工場地帯が見えます。
苫小牧市立病院は新築になって、たとえばレントゲンはフイルムではなくて撮影したデジタルデータがオンラインで医師のパソコンに送られるようになっている、というように機能面で新しくなっています。
さらに立地条件というか、病室の窓から見える風景が心和むように配慮したのかどうかは知りませんが、結構重要な要素かもしれないと思いました。

アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援。

|

« 盆灯篭とガスタービンエンジン | トップページ | 10年前の夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/45949963

この記事へのトラックバック一覧です: 病室の窓から見える風景:

« 盆灯篭とガスタービンエンジン | トップページ | 10年前の夏 »