« 「ふたつのスピカ」のランニング | トップページ | フェイズドアレイの音場 »

Wiiリモコンのプログラミング

Wiiリモコンのデータをパソコンに取り込む方法を解説した本が出たようです。「WiiRemoteプログラミング」。さっそく注文しました。このところ書籍購入費がかさんできていますdollarが、これも欲しい本です。
Wiiリモコンの加速度センサのデータをパソコンに取り込むソフト「WiiAcc」を作ってこのブログ内でフリーソフトとして公開しています。私が作ったソフトの中では、パソコンの外の世界とつながっていろいろと発展性が期待できるものです。たとえば自由落下の観測大学生の研究ツール。改良をしたり、新しい用途のアプリケーションを作りたいのですが、いろいろ抱え込んでしまって後回しにしています。解決策に行き詰まっている問題もあるし、やりたいことはいっぱい。その私の遊び心をくすぐるタイトルの本です。
CもしくはC++対応のようですが、私もそろそろVB6から抜け出したい。WiiAccの改造で、C言語を習得するきっかけとすることができるか。それにしても読まなければならない本が溜まってきています。どれも片手間では読めないし・・・。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

|

« 「ふたつのスピカ」のランニング | トップページ | フェイズドアレイの音場 »

プログラミング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

でましたね!
目次を見ると、かなり広範囲です。
私が知りたい内容も載っているのだろうか。
そもそも、最近コードをいじっていないと言うことが問題なのですが・・・。
SUBALさん、VB6といっても、WiiAccのキモはC(WinAPI)の知識なので、言語こそちがえども、結局キモのところまでおりていくと、同じなんですよ。
私は、そのキモのところのドキュメントが読みこなせなくてくじけています。
本書がその悩みに答えてくれるなら、3千円弱は安い!
立ち読みしに行ってみます!

投稿: 平田敦 | 2009年8月 6日 (木) 15時55分

平田さん
お久しぶりです。
本は来週はじめには届くはずです。 
WinAPIはこれまでもいくつかのアプリケーションで使っています。でもあまり内容は分からず、使える部分だけをコピーして、組み込んだだけです。ただ、WinAPIを使っているとCの世界を少し覗いているのかなという感覚はありました。
VBを使って少しソフトを作れるようになると、別の言語を覚えるときに「VBならすぐできるのに」という気になって、億劫になります。
なにかきっかけがないと新しい言語を覚えられないと思いますので、これはチャンスかもしれません。
WiiAccのプロジェクト、第2弾が始まれば面白いですね。

投稿: SUBAL | 2009年8月 6日 (木) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/45850611

この記事へのトラックバック一覧です: Wiiリモコンのプログラミング:

« 「ふたつのスピカ」のランニング | トップページ | フェイズドアレイの音場 »