« 天王洲ふれあい橋 その2 torque shear bolt | トップページ | JR西日本の事故調査妨害とNDIの教育記録偽造 »

超音波探傷試験 実技テキスト デジタル編 発刊

Desital_ut 日本非破壊検査協会(JSNDI)から「超音波探傷試験 実技参考書 『デジタル超音波探傷器』編」が発刊になり、見本本が送られてきました。私も編集委員の一人として分担執筆をしています。
来年春の資格試験からJSNDIは超音波の2次試験はデジタル探傷器を使うとアナウンスされています。それに伴い、この秋の講習会から、デジタル探傷器が使われます。この本はそのための実習用テキストです。

アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

アナログからデジタルになっても超音波探傷の基本が変わるわけではありません。ですが、探傷器のオペレーションは、コンピュータを搭載していることから、パソコンのアプリケーションを使うようなセンスが必要になります。メーカーによって、機種によってメニューのツリー構造が違っていて、初めての機種ではずいぶん戸惑います。このあたりは、アナログ機ではあまりないことでした。
もちろんデジタルになって便利になったことはたくさんあります。
デジタル時代になって超音波探傷教育も様変わりしてゆくことになります。今回の参考書は、たたき台としてその第一歩になるでしょう。
私にとってJSNDIが発行する書籍としては「超音波探傷入門」に次ぐ2冊目になります。

|

« 天王洲ふれあい橋 その2 torque shear bolt | トップページ | JR西日本の事故調査妨害とNDIの教育記録偽造 »

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

執筆大変ご苦労さまでした。
他の執筆者の皆さんも知る自分としては、
「お疲れさまでした。ありがとうございました」と伝えたいです。
皆さんの作り上げてくれた基盤を大切に、そしてたくさんもらいます!
早速来週にはこの新版テキストに沿って、講習会も始まります。
基礎は同じ超音波ですが、少し新しくなった教育を広めて行きたいと思います。がんばります。

投稿: murakami | 2009年10月15日 (木) 12時26分

murakami さんに協力いただいてイラスト化したところもあります。有難うございました。
デジタル時代の教育には、便利になった機能を有効に活用するという面と、便利になった裏側で技術がブラックボックス化することをどのように補うかという面の両面がありそうです。
お互い知恵を出し合いながらがんばっていきましょう。

投稿: SUBAL | 2009年10月15日 (木) 23時13分

こんばんは。お世話になります。
超音波探傷検査のテキストですが、購入先はどこで購入すればよろしいでしょうか?

投稿: | 2011年11月 1日 (火) 22時22分

このテキストは一般の本屋には並んでいません。JSNDIに注文すると買えます。下記のURLのサイトへ行って、「書籍・試験片・頒布品」のページに行くと、注文書(Fax用)がありますので、それに必要事項を書き込んで注文してください。
http://www.jsndi.jp/

投稿: SUBAL | 2011年11月 2日 (水) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/46487447

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波探傷試験 実技テキスト デジタル編 発刊:

« 天王洲ふれあい橋 その2 torque shear bolt | トップページ | JR西日本の事故調査妨害とNDIの教育記録偽造 »