« 2009年「かたちのココロ」その1 ネ20に関する情報 | トップページ | 2009年「かたちのココロ」その3 公開したフリーソフトウエア »

2009年「かたちのココロ」その2 ねじ部の非破壊検査

気まぐれに思いつきを書いているブログですが、まじめにしつこく書いていることがあります。2007年5月に起きたエキスポランドのジェットコースター車軸事故に関する件です。
本当の原因究明がされぬまま(公表されないだけかもしれませんが)、責任者追求の裁判とエキスポランドの廃園で終わろうとしています。
およそ3年間、私の考えている事を折に触れて書き続けてきました。
今年は、5月に日本溶接協会傘下のCIW検査事業者協議会技術委員会がその機関誌に「ジェットコースターの車軸に関して効果的な検査方法を検証した結果を公表」とい情報が入ってきました。
この件に関しては、ブログ記事にするだけではなく、外への働きかけもしました。今年の「かたちのココロ」の大真面目な部分です。

アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

5月にCIW検査事業者協議会技術委員会の見解が出たとの報道に接して書いた記事です。

記事:ジェットコースター車軸の検査方法

その内容を知って、CIW検査事業者協議会技術委員会に意見書を提出しました。

記事:CIWに意見書を提出

東京大学生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センターのサイトに、エキスポランドのジェットコースター事故に関連した車軸の検査に関する記事があるのを見つけて、磁粉探傷についての誤解と混乱について改めて記事にしました。

記事:ボルトの磁粉探傷

ボルトの疲労亀裂進展について概要を知るためのソフトウエアを作って、記事にしました。

記事:ボルトの疲労亀裂進展

ボルトのCGを作る遊びも・・・。

記事:12ポイント・ボルトのCG

ハンドマグナを使ったボルトの磁粉探傷について検討をして、本格的な実験は行っていませんが予備試験ではいけるのではないかと判断した方法を公表しました。

記事:ハンドマグナによるボルトの磁粉探傷

CIW検査事業者協議会技術委員会が意見書に対する見解を機関誌に公表しました。誠実に検討してくれた事には感謝しつつも、内容的にはいくつもの疑問がありましたので、私の考えを記事にしました。

記事:CIW検査事業者協議会から回答

記事:CIW見解について その1 超音波探傷の可否

記事:CIW見解について その2 検出すべききずの位置

記事:CIW見解について その3 ねじ部の探傷

エキスポランド事故について科学技術振興機構の「失敗知識データベース」に事例として記載されているのを見つけましたが、これがとんでもない、こういうのはおかしいでしょうという記事にしました。

記事:テーパーとねじの組み合わせ???

記事:軸の破断したがわにはテーパ部はなかった

その後は磁粉探傷について問題点についていくつか記事にしました。

記事:ねじ部の磁粉探傷

記事:ボルトの磁気特性と磁粉探傷

記事:工程管理方式

われながらしつこいと思います(笑)。時に考えている事を記事にしていますから、認識の違いや記述の揺れもあるのですが、考えとしては一貫しているつもりです。
このブログを読んでくれている関係者も増えてきているという話も聞きます。議論のきっかけになってくれれば、それが私の目的です。



|

« 2009年「かたちのココロ」その1 ネ20に関する情報 | トップページ | 2009年「かたちのココロ」その3 公開したフリーソフトウエア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47151635

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年「かたちのココロ」その2 ねじ部の非破壊検査:

« 2009年「かたちのココロ」その1 ネ20に関する情報 | トップページ | 2009年「かたちのココロ」その3 公開したフリーソフトウエア »