« J34エンジンのカットモデル アクセサリー | トップページ | メカトンボを飛ばしてみる »

つまようじブリッジ 340キロの新記録

つまようじブリッジコンテストは一昨年に終わりましたが、「つまようじブリッジチャレンジ」として新記録への挑戦が続けられています。昨日2009年12月8日、340キロの新記録が達成されました。ビデオをアップはまだできませんが、とりあえず速報です。

次のYouTube動画は、昨年310キロの記録が生まれたときの映像です。

アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

作った作品は当初4グラムの重量オーバーで、前夜深夜まで減量に励んでいたようです。
300キロを超える世界は、破壊の仕方も200キロ台とはちょっと違っていました。

追記:新記録の動画を公開しました。こちら

|

« J34エンジンのカットモデル アクセサリー | トップページ | メカトンボを飛ばしてみる »

ブリッジコンテスト」カテゴリの記事

コメント

SUBALさん おはよう

壊れる瞬間をハイスピードで撮影したい!

投稿: 271828 | 2009年12月 9日 (水) 05時14分

>壊れる瞬間をハイスピードで撮影したい!

実はそう思ったのは私自身でした。200キロ台の壊れ方と300キロ台の壊れ方の違いは、1秒30コマの通常のビデオで破壊過程が観察できるかできないかなのです。1/30秒では「変形なし」→「ばらばら」という映像しかえられないのです。
今日になって判ったのは、ある学生が携帯電話で撮影した動画の一こまに、破壊する寸前の様子が1枚あったのです。それは、長い間やってきましたが初めて見た現象でした。
ハイスピードビデオカメラが欲しいsign03

投稿: SUBAL | 2009年12月 9日 (水) 22時41分

こんにちは。100円ショップで買った爪楊枝をポキポキ折りながらこの記事を読みました。記録は破られるものですが,爪楊枝の材質によってはまだまだ支持重量は伸びるのでしょうね。
ハイスピードカメラは僕の欲しいものリストに入っています(→ http://niwatadumi.at.webry.info/200901/article_8.html MyブログのCMになってしまい失礼しました)。

投稿: niwatadumi | 2009年12月10日 (木) 08時20分

記録は破られるためにあるとはいえ、300キロを超える世界は、一つ雲の層を突き抜けた感じです。
つまようじの材料は白樺に決まっているのですが、材料の品質管理とか精度管理が聞いてくる世界のようです。

投稿: SUBAL | 2009年12月11日 (金) 01時25分

自由研究でトラス構造について研究している中学生です。
研究の過程で、圧縮材と引張材の関係が重要だとわかりそれが目で見えるような装置を考えています。
いいアイデアはないでしょうか??

投稿: | 2011年8月24日 (水) 23時39分

 中学生でトラスの研究ですか。頑張ってくださいね。
 でもね。あえて言わせてもらえれば、こういうのは自分で考えるのが楽しいのじゃぁないのかなぁ。こういうところに質問するときは、「自分はこう工夫したけどどうですか?」とか「こうやったけれど、こんな風にうまくいきません」とか、頭と手足を動かした上で人に聞くものですよ。
 と言いながら、教えてしまうかな。
名前のSUBALのところにリンクを張っておいたからクリックしてごらん。

投稿: SUBAL | 2011年8月25日 (木) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/46974881

この記事へのトラックバック一覧です: つまようじブリッジ 340キロの新記録:

« J34エンジンのカットモデル アクセサリー | トップページ | メカトンボを飛ばしてみる »