« 黄金比とウィキペディアの中立性 | トップページ | なぜか磁粉探傷 »

中山雅史と新庄剛志

ジュビロ磐田の中山雅史が、コンサドーレ札幌に移籍する事が発表になりました。

その事で思い出すのは、日本ハムで活躍した新庄剛志です。日本ハムが札幌に本拠地を移すと聞いて、「パリーグのあまり強くないチームが来てもね」という意見があって、私もそう思っていました。しかし、いま日本ハムは完全に北海道に定着をして主婦層にまで根強い人気があります。色々な努力があったのでしょうが明らかに起爆剤になったのが新庄効果でした。

アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

新庄剛志という選手も、日ハムに来たときは選手としての盛りを過ぎていたときでしょう。眼の衰えなどの故障を抱えていたとも聞きます。中山雅史選手が、いまいちぱっとしないコンサドーレの起爆剤になってくれればと一道民として期待しています。
新庄剛志が日ハムで活躍していた同じころ、野球不毛の地といわれた北海道から駒沢苫小牧が2.9連覇をするという奇跡が起きたのですから・・・。

|

« 黄金比とウィキペディアの中立性 | トップページ | なぜか磁粉探傷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47118581

この記事へのトラックバック一覧です: 中山雅史と新庄剛志:

« 黄金比とウィキペディアの中立性 | トップページ | なぜか磁粉探傷 »