« 中山雅史と新庄剛志 | トップページ | ココログ白書 2009 »

なぜか磁粉探傷

ブログサイドに「人気記事ランキング」を掲載しています。これは過去30日間でアクセス数の多かった記事を10位まで表示するものです。
投稿直後の記事にはアクセスが集中しますから、1ヶ月以内の記事がランクアップされてきます。それ以前の記事でここにアップされてくるというのは根強い人気があるということになります。
私の記事の中では、
共振と固有振動数のソフトウエア
対数グラフ用紙を作るソフト
Wiiリモコンで加速度計測
の3本。いずれも昨年の記事で、このブログの中で公開しているフリーソフトに関連したものです。超音波や疲労破壊に関するソフトも公開しているのですが、やはり一般性のあるものにアクセスが多いというのは納得のいくところです。
このところの異変は、なぜか昨年書いた磁粉探傷に関するこの記事が、アクセスランキングトップなのです。
磁粉探傷試験の原理
「磁粉探傷試験 原理」でググルと確かにトップには出てきますが、分母は5610しかありません。不可解です。

アイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

こうしてみると生き残っているのはいずれも2008年に書いた記事。今年に入って、「かたちのココロ」パワーは落ちてきているのかなぁ。
かろうじて今年の記事がランクインしていました。
応力集中と引張強さ

|

« 中山雅史と新庄剛志 | トップページ | ココログ白書 2009 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47127312

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか磁粉探傷:

« 中山雅史と新庄剛志 | トップページ | ココログ白書 2009 »