« 新千歳空港国際線ターミナル | トップページ | 四ツ谷駅近くのソメイヨシノ »

本で伝えること

働きながらアフター5の時間を使って本を書くのは、なかなか大変なものです。それでもがんばって書くのは、伝えたい事があるからです。これまでにない本を作ろうと意図するわけですが、どの様に受け止められるかは分かりません。本として印刷されて店頭に出てからは、子供を社会に旅立たせたようなもので、世間様に通用するのかどのように受け止められるのか、祈るような気持ちで成り行きを見守るしかありません。
幸い、私が書いた超音波本破壊工学本もAmazonの書評では、好意的なものが掲載されていてほっとしています。悪評が出る事や、こちらの意図が伝わらない事もある程度覚悟はします。
最近見つけたブログでの書評。こういう読み方をしてもらいたくて書いたのだよな、というものでした。米国の大学院博士課程で材料工学関係の研究をしている方のようです。筆者冥利に尽きるという感じです。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

|

« 新千歳空港国際線ターミナル | トップページ | 四ツ谷駅近くのソメイヨシノ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

本文中で参照していただいている大学院生です。先生の本、非常に参考になりました。このような入門書があるとないとでは、理解のスピードが大違いです。特に自分の場合は、まずイメージありきなので、イメージできない物事は中々理解が進みません。

ちなみに私現在はアメリカにおりますが、籍は日本の大学です。一時的に研究に来ており、もうすぐ帰国するという感じです。と、どうでもいい話でしたね。

このサイトのトピックスも面白いものばかりで、楽しく拝見させていただきました。これからも拝見させていただきます。

投稿: K.Y. | 2010年1月28日 (木) 14時08分

K.Y.さん 有難うございます。

ネットの世界の醍醐味ですね。一生懸命本を書いて良かったと思います。

>まずイメージありきなので、イメージできない物事は中々理解が進みません。

ここは私も同じ、本のあとがきにも書きましたが、破壊に関して学んでいて、個々のことはとりあえず理解できても全体像が見えなくて足踏みをしていたときがありました。少し見えてきたので、編集者の方の誘いに乗って本にしました。

これからも、私が楽しいと思った事を書いていきますので、気が向いたらコメントしてください。

投稿: SUBAL | 2010年1月28日 (木) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47399874

この記事へのトラックバック一覧です: 本で伝えること:

« 新千歳空港国際線ターミナル | トップページ | 四ツ谷駅近くのソメイヨシノ »