« デジタル超音波探傷器と講習会 | トップページ | 揚力と翼の曲げ »

特許と超音波探傷技術の現在

 民主党政権になって独立行政法人の問題がクローズアップされてきています。まぁ、いろいろあるのですね。

 「独立行政法人工業所有権総合情報館」というのがあるらしく、ここが「『企業が新規事業創出時の技術導入・技術移転を図る上で指標となりえる国内特許の動向を分析』した『特許流通支援チャート』」というのを作っているようで、その中に「超音波探傷技術」というのがあるのを見つけました。こちら(pdf)。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

 この技術にかかわっているものとしては、特許というフィールドで超音波探傷技術がどのあたりが問題になっていて、どのような動向になっているのかが概観できて、それなりに面白いです。

 ただ、特許というのは技術開発の成果として実用的な技術の所有権を確定させる目的だけではなく、いわゆる防衛特許というものもあるわけで、出願と登録の件数とその内容からストレートにその技術の「現在」がわかるわけではありません。

 そこでということなのか、この文書には「技術の概要」というのがつけられていて、超音波探傷技術の現在を概観しています。ここの内容は私にとっておおむね既知のことです(間違いも散見されますが)。おそらく特許を出願しようとする人たちや、活用しようとする人たちにとっても同じでしょう。

蓮舫さんの口調を真似させてもらえば「誰にとって必要な情報ですか?」「既存のテキストがあるのにあえてこれが必要な理由は何ですか?」ということになるでしょうか。

いろいろな技術を扱わなければならない特許庁の役人と弁理士さんがさっと概要を知るには良いのかもしれません。

まぁでも、せっかく税金を使ってまとめられた文章ですから邪険に扱わずに、そこから少し考えてみることにします。

|

« デジタル超音波探傷器と講習会 | トップページ | 揚力と翼の曲げ »

科学技術」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47250283

この記事へのトラックバック一覧です: 特許と超音波探傷技術の現在:

« デジタル超音波探傷器と講習会 | トップページ | 揚力と翼の曲げ »