« 寒い! | トップページ | ABSと1秒のタイムラグ »

LCDオシロスコープ

息子が欲しいといっていたLCDオシロスコープを、しばらく品切れだったのですが、手に入れることができました。

Cimg3709

息子が所属しているロボコン部の部室にもオシロスコープはあるのだけれど、年代もので大きくて重いまではまだ良いのだけれど、誤作動が激しくなっていて使えないのだそうです(オトットット)。テスターではチェックできない信号を気軽にチェックするには良いのではないか、とのことでした。

にほんブログ村 科学ブログへアイコンをクリックすると、ブログランキングの応援になります。

親ばか親父としては、息子が電気電子の勉強をするために自分で選んで学校に行き始めたときから、しかるべきときにちゃんとしたオシロスコープをプレゼントしようと思っていました。無論今回ので済まそうとは思っていません。
何事もシンプルなものから入るほうが良いと思いますし、限定された機能を使いこなす中から上位機種を選択する目も養われるのだろうと思います。
ちなみに今回は2セット購入しました。1セットは私が遊ぶ分。半田付けは息子がやってくれる約束です。
私は中学校技術の時間に半田付けが上手く行かず、クラスでたった一人蛍光灯スタンドが点かなかったとき以来、苦手意識がぬぐえません。購入する時からの約束なのですが、実物を見て「こりゃとても無理」と思いました。細かすぎる、腕以前に目がついていかないweep
私は、通常全波整流している超音波探傷器の交流波形を見る目的で、オシロスコープを少し勉強した事があるだけです。当時勉強をしたテキストの一つです。

Elelife

今回のLCDオシロスコープでは、それは無理そうですが、いたずらしながら少し電気信号について勉強をするのも面白いかなと思っています。
電磁気の理論については、まだかろうじて息子に教える事ができますが、もうそろそろ逆に教わるようになるのでしょう。

|

« 寒い! | トップページ | ABSと1秒のタイムラグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

お父さん楽しそうですね!

私は高専研究室時代、PC98の増設ボードとして販売されていた「ロジアナ98」を担当教官が入手してくれて、大変助かりました。
オシロでも良いのですが、ワンボードマイコン(当時はワンチップマイコンではなくて・・・)の各部の信号をチェックするのにはロジアナが便利だったのです。
ロボコンならば、ワンチップマイコンを多用する時代。この度購入されたオシロで基本をつかんでおけば、やがて使うことになるロジアナを、深く使えるようになるでしょう。そのキット、とってもいいと思いますよ!おそらく、最低2入力、もしかしたら4入力ぐらい付いて居るんでは・・・?なら、簡易ロジアナとして使えますよ。

よかったですね。ロボコン少年には、必須ツールになります!

投稿: 平田敦 | 2010年2月 6日 (土) 14時08分

あれ、これ、1入力なんですね・・・。
なら、ふたっつ買えば2入力!
タイミングの確認には、最低2入力です。

あ、お父さんの財布が・・・

投稿: 平田敦 | 2010年2月 6日 (土) 14時13分

そうですか。なるほどロジアナなんですね。
息子が入力一つでは役に立たん、といい始めたら「どうしてなんだ、一つでも工夫のしようがあるだろう。知恵が足らんのではないか」と言って、少し意地悪をする事にしましょう。それで、分かりやすく明快に私に説明してきたら、そのときには考えましょう。
父さん、小遣いを節約するしかありません。

投稿: SUBAL | 2010年2月 6日 (土) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/47490927

この記事へのトラックバック一覧です: LCDオシロスコープ:

« 寒い! | トップページ | ABSと1秒のタイムラグ »